yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

オバマ大統領広島訪問の日程や理由を考えてみた!


スポンサーリンク

阿倍総理大臣とともに
オバマ大統領が27日に広島を訪れます。

そのオバマ大統領広島訪問の日程や
またその理由について考えてみました。

オバマ大統領広島日程


原爆を投下した唯一の国である
そのアメリカの大統領が
被爆地広島を訪問されるということで
世界的にも注目されまた歴史的な
瞬間となりそうな5月27日です。

オバマ大統領は当日は
三重県の賢島にて伊勢志摩
サミットにご出席された後

アメリカからすでに到着している
ヘリにより現地に到着される見込み
です。

その日程などはやや流動的ですが
当日の夕方5時前後の到着の
見通しのようです。

そして広島平和記念公園などを
視察される見込みになり

また短い時間ではありますが
世界的に核廃絶に向けた
演説などもあるようです。

かねてから言われるように
謝罪などのスピーチは
されることはないと言うことですし
もちろん日本もそれを願っている
わけではありません。


なおオバマ大統領は約2時間ほど
広島に滞在する見込みのようです。


また今回の広島訪問についての
日程はご覧のようにやや流動的な
所もあり また警備上の問題により
詳細を明らかにすることが出来ない
という事情があると思います。

そういった中当日には広島へ
多くの学生が修学旅行で訪問する
ことになっているようで

その影響が早くも出ているようです。

引率する先生方や各学校の
関係者の方々の気持ちを
察すると

「何とかならないものかな」と
私も悩んでしまうところです。


訪問理由は核廃絶


オバマ大統領の広島への
訪問の理由は言うまでも
ありません。

オバマ大統領は米大統領就任以来
世界平和の安全保障を追及する
上で世界的な核兵器廃絶
かかげてこられました。

世界で唯一核兵器を使った
国であることから道議的責任
を果たすことができるのは

『わが国だけ』であることを
確信し邁進していくと
強く決意されておりました。

また当然ながら
核兵器のない世界が
もし訪ずれたとしても
それは遠い未来であり

氏が生きている時代に
訪れるものでもないことは
百も承知の上で行動されているのです。

最近では国際的なテロが
多く発生していることも
懸念されるところです。

もしもこの核兵器が
テロに使用されるような事
になれば『世界平和』どころ
ではなく人類の滅亡にも
繋がっていくかも知れません。

また核兵器が無くなったとしても
争いのない世界が存在する訳でも
ありません。

がしかしオバマ大統領のように
主要各国の首相が核廃絶に向けて
ひとつになって取り組めば

少しでも穏やかな世界を
取り戻すことも
可能になるのではと思います。

まとめ


オバマ氏は広島を訪問され
そして被爆地広島の歴史を
肌で感じることになられます。


大統領はその時のその感情を


どのような言葉を持って
私たちにメッセージ
として残されていくのでしょうか ・・・


関連記事はこちら

伊勢志摩サミットの交通規制一般道や時間どうなる

伊勢志摩サミットの交通規制 電車とシャトルバスどうなった?!