読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

日本海の海水浴場でアントンクラゲに刺されたその対処法は!


スポンサーリンク

楽しい海水浴が一転してしまう
夏のエピソードのひとつとして

『クラゲに刺された』

というものがあります。

日本海の海水浴場において
当然ながら年中クラゲが
発生していますが


大抵はアントンクラゲによる
ところが多いようです。

その対処法も含めて
紹介したいと思います。

日本海の海水浴場

日本全国どこにでもある
施設 『海水浴場』ですが
調べてみますと

1128もの数にのぼるようです。


それだけに
その施設を利用する方も多い
という事実があると思います。

その数多いその場所において
悩まされるひとつの
出来事に『クラゲに刺された』という
ものがあります。

海水浴場でアントンクラゲ


日本近海において生息する
クラゲは相当種の類があるようですね。

主にはミズクラゲやアントンクラゲ
カギノテクラゲ アカクラゲ 
カツオノエボシなどがいる
ようですが


人に被害をもたらすのは
主にアントンクラゲか
カツオノエボシのようです。


本州付近や四国、九州に
多くいるのがアントンクラゲで
8月から10月にかけて
海水浴場でよく見られています。


またカツオノエボシは台風
などにより沿岸に流されて
くることが多いようです。

また見ても分るように
クラゲは自身の力で移動する能力が
非常に弱いために


潮の流れや波に身を任せ
ながら移動することが
ほとんどのようです。

したがって天敵から身を
守る上では非常に弱い生態を持って
いると言わざるを得ません


そのような事から
アントンクラゲなどは
人が近付いてきた場合
自分の身を守るために刺すという
行動をとっているようです。


またもちろんこの刺すという行動は
餌の確保の場合においても
同様の動きをとっているようです。


また日本海側を中心に
お盆すぎにクラゲが
多く発生すると言われておりますが
調べてみますと

基本的には年から年中
海に生息しているようです。

ただし水温が高くなるこの
8月から10月にかけて
ポプリ期と呼ばれる子供の時期を
終えて大人に成長するようです。

したがってクラゲが
多く発生するようです。

また太平洋側と比べると
幾分その発生の時期は早い
ようですね。



<スポンサーリンク> 




アントンクラゲとは

ハチクラゲ綱アンドンクラゲ科の腔腸動物。
本州でイラ,北海道でタコテレレンと呼ばれる
。熱帯太平洋から北上し,8~9月に日本各地に
出現する。かさは高さ3~3.5cm,幅2.5~3cmの
立方形で,寒天質は薄く,表面に多くの刺細胞
がある。4本の淡紅色の触手があり,6cm以上に
ものびる。触手の基部は葉状体になっている。
かさの縁よりやや上方によく発達している2個
の大きな中央眼と小さな2対の側眼とがある。
日中は強い日光を避けて深く潜っており,
曇り日や夕方から朝方までに表面近くを遊泳す
るが,夜間にカンテラくらいの光度にも眼に光を
感じて集まってくる
引用http://kotobank.jp/word

アントンクラゲの対処法

私も以前ですが
海でチクっと刺された
経験があります。

しかし特に症状もでなかったので
本当にクラゲに刺されたのか
は分りませんでした。

しかしクラゲに刺されると
場合によっては患部が
ミミズ腫れのようになったり
また頭痛や吐き気などをもよおす
場合がありますので本当に
油断は出来ません。

そういった場合は応急でこのように
対処してください


① クラゲの触手を取り除く 
  ※残った触手で再度刺される場合が
  あるためピンセットなどで抜くこと

② 消毒液をかける
③ 海水で洗う ※真水は逆効果
④ 患部を冷やす
⑤ ムヒアルファEXなど ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などが
  含まれるものを塗る

f:id:gx2nkxug426:20160818221002j:plain

まとめ

症状の回復が見られない場合は
その後早急に病院の皮膚科で
見てもらう事をおすすめします。


アントンクラゲなどの毒
クラゲの発生は水温とかなり
関係しているようです。

3年前にはそれが原因で
韓国の海水浴場においても
相当数の被害件数が
確認されておりました。

今年のように暑い夏ですと
日本の海においても注意が
かなり必要となっております。

くれぐれも気をつけて
頂きたいと思っております。