読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

海鮮丼の食べ方 醤油はかけてよしつけてもよし!


スポンサーリンク

海鮮丼を初めて食べる時迷うことがひと
つあります。目の前に出された豪華なそ
の丼ですが

その丼の上にちょこっと『わさび』がの
っかっています。ここで?と悩んでしま
います。

タレや醤油はテーブルなどに別に用意さ
れてはいます。

では それをそのまま丼の上に『じゃあ~
っ』とかけてしまってよいのか

それともやはり小皿に入れてその『わさ
び』でといて刺身のように食べるものな
のか ・・・


海鮮丼の食べ方


f:id:gx2nkxug426:20160824222408j:plain:w450


私は以前は海鮮丼自体ほとんど食べたこと
がなく興味も全くなかったのですが

金沢に旅行した際に観光先の近江市場で一
度食べてみたことがきっかけとなり
それ以来好きになっていきました。

また現在では自宅で自分で海鮮丼を作ったり
もするくらいになりました。

そしてここからその本題になりますが、その
近江市場のあるお店で海鮮丼を食べた時に疑
問に思ったのがその食べ方なのでした。

醤油は別に用意されてはいるのですが
『はて?』一体どう食べたらいいものなのか・・・

でその時このような考えになりました。

①醤油を丼に直接ぶっかけて食べるもの
 なのか

②それとも小皿にとって 山葵をといて
 刺身 のように 食べるものなのか

①の場合そうすると山葵を どのように
 する のか 疑問になりました。

②の場合それなら何も丼で 頼むことは
 なく 刺身定食でも 何ら変わりない
 ように思い ました。


で私はどうしたかと言いますと
タレを丼にぶっかけた後、口に入れる時
にネタとご飯の間に少量のわさびをはさ
んで食べるという寿司を食べるような感
じで食べたのでした。

その後は家に帰ったのちインターネット
で調べてみることになりましたが

特にどういう風に食べるのが
基本であるとか、またマナーだとか

そういったものは特にないようです
※お店の店主にこだわりがなければ

自分の好みの食べ方で、食べやすい方法で
食べる。それでいいようです。

タレと山葵をまぜてから丼にかけて食べる
もよし、刺身を食べるようにして食べるも
よしのようです。



<スポンサーリンク> 


海鮮丼のタレ


海鮮丼にしても、うな丼にしても、また
どのような丼でも

結局は味付けが、やはり肝になってくる
かと思います。

個々のお店で作られる秘伝のタレとかを
使っているお店も多々あると思います。

そのタレを使って美味しく召し上がる事が
できれば食べ方自体はあまり考えなくても
いいのではないでしょうか。

また、お店の店員さんなどに美味しい食べ
方などを訊ねてみるのも一つの方法なのか
なとも思います。

海鮮丼の歴史


1950年代ころから、今のような形態の
海鮮丼が世に登場したと言われています。

それ以前は江戸時代後期より江戸前鮨を丼
にして食べていたと言われております。

この50年代から続く今の形態の丼が発祥
したのは北海道や東北地方だったとされて
おります。

調べてみますと本当か嘘か?言ったもん勝ち
なのか

秋田県は男鹿市北浦入道崎が発祥の地になり

その地元にあるお店
「なまはげ御殿・ニュー畠兼」
その発祥の店であると言われています。

創業昭和31年実家が漁師だったことも関
係して海鮮料理やを経営されておられるよう
です。