読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

豊洲市場の青果棟 施工業者は鹿島JV!地下の現在の状況は大丈夫?


スポンサーリンク

現在、砕石がむき出しになっている
豊洲新市場の青果棟の地下ですが

その施工業者はどこなのか
また今後のその地下は
どうなるのか心配されるところです。

青果棟 施工業者は



この青果棟や青果棟仲卸棟の
建設工事の場所は「5街区」
という場所になります。

豊洲新市場青果棟ほか建設工事(その2)
というのが正式な工事名です。

その工事を請け負った施工業者ですが
調べてみますと鹿島JVで

鹿島建設・西松建設・東急建設・
TSUCHIYA・岩田地崎建設・
京急建設・新日本工業JVなどが
共同企業体としてこの工事を
施工しています。

その受注額は247億円とも
言われております。

青果棟の地下


豊洲新市場の建物の地下にある
空洞問題が日々大きくなって
きています。

東京都民のみならず
私など地方の人間でも
注目する問題になっています。

私は今年3月に初めて
築地を訪問しましたが
歴史や文化を感じるこの市場に
素晴らしさを覚えたところです。

その築地に関する移転問題が
ここまで大きくなろうとは
思ってもみなかったのですが ・・・

で現在問題となっている
盛り土がなく空洞になっている
五つの建物ですが

面積にすると 約13万4400
平方メートル このうち青果棟
は約3万5000平方メートル
を占めています。

その青果棟の地下は
盛り土工事もさることながら
何故かコンクリート床もされて
おらず むき出しの状態になって
いるようです。

図面を確認した分けでは
ないのではっきりとした
事はいえませんが

青果棟だけがコンクリート
床がないっていうのは
どういう事なのでしょうか?

テレビ朝日の羽鳥の
モーニングショーによると
共産の方が青果棟の下を
見せて欲しいと願ったら

酸欠になる可能性があって
危険な所なので連れて行けません
と断られたと言います。

ということは施工業者も
入ることができないほど
危険なところだったので

床にコンクリートを
打たなかったのでは
ないでしょうか?

というか打てなかったのかな?



<スポンサーリンク> 


まとめ


現在大きな問題と
なっている豊洲市場の地下空洞問題。

また こうなる前にすでに
この工事は なにがしかの波乱を
含んでいると睨んでおられた方も
いたのではと思います。

そしてそんな中でのこの
現在の状況ですからね・・・

文句も言いたくなるものです。

そうなるとやはり
そもそもの考えがおかしかったのでは
というところにも行きつきます。

この豊洲の東京ガスの工場跡地に
築地市場を移転させようと言う
考え自体がおかしかったのでは

と考えたたくもなるところです。

今更誰が悪いの 誰の責任だの ?

それよりも何よりも
その豊洲移転の発想自体に
問題があったのではと思います。

また過去の日本の経済の悪歴史を
振り返りますと

民間企業が環境基準を守らない
また手抜き工事を強制したなど
そのような事は多々あったと
思いますが。

今回は地方行政の東京都自らが
このような事態を引き起こした
のです。

都はこの事態を非常に
重く受け止めなくてはなりません!


こちらの記事も読まれています

浜渦武生副知事が東京ガスから豊洲を買い取る!江東区長も関係していた!

豊洲市場でゼネコンが談合した!大成建設も否定する東京都の腐敗とは!

猪瀬直樹が豊洲盛り土問題でワイドスクランブルに出演し黒幕の存在を明かした!

豊洲汚染土の行方はどこへいくのか羽鳥モーニングをおさらいしてみました!

石原慎太郎氏の豊洲スキャンダルの真実の行方は小池都知事が暴く!

石原慎太郎氏が豊洲の責任は自分ではないと言いきったのか?!