yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

秋吉焼き鳥屋の持ち帰りや値段をレポートします!


スポンサーリンク

福井県が発祥の焼き鳥屋の
名門『秋吉』
私が知る限りではもう30年以上
前から地元の福井では有名でした。

その秋吉も現在では石川県や富山県
といった北陸地方は元より、東京都から
大阪府の主要都市まで

全国で112店舗を展開する大型の
フランチャイズ店になりました。

秋吉焼き鳥持ち帰り


f:id:gx2nkxug426:20160914223608j:plain:w300

その秋吉では焼き鳥の
お持ち帰りなども出来ますので

私どもも地域のイベント等の
打ち上げの懇親会などで非常に
重宝させてもらっています。

福井県は家庭の食卓に惣菜など
調理食品が並ぶことが多いと言われ
ています。

それは何故かというと福井県は
共働きの家庭が非常に多いことが
影響しているからなのです。

そのような事情があり、最寄りの
スーパーには数多くの惣菜が並んでおり

仕事帰りの主婦が、その惣菜を夕食の
おかずとして買っていく光景が日々あたり
前のようにあります。

ですので仕事帰りに、秋吉で焼き鳥を
買って帰る主婦の方もおられるのです。

ただこの焼き鳥ですが、やはり時間が
経過しすぎしますと当然ながら冷めて
しまい固くなってしまいます。

せっかくの焼き鳥が、そうなっては台無
しになりますので

そういった場合はレンジでもう一度温め
てから召し上がられることをおすすめ
致します。

秋吉の各種値段は


f:id:gx2nkxug426:20160914223734j:plain:w300

秋吉の焼き鳥は、某焼き鳥チェーン店
にみられるような大きな冷凍焼き鳥を使用
していません。

たいがいの冷凍専門の焼き鳥店
では1本あたりの肉は大きくて見栄えは
いいのですが、やはり味がイマイチのよ
うだと私は思います。

しかし秋吉では、海外から輸入するような
冷凍焼き鳥は使用せず国内の鶏肉のみを
使った焼き鳥になります。

大きさとしては少々小ぶりになりますが
その方が火の通りもいいので本当に美味
しく食べられます。

でその秋吉の焼き鳥の値段はこちらになり
ます。また各焼き鳥の味付けも右側に表記
しておきます。

焼き鳥など値段

 

 純けい 5本 ・・・ 320円(塩)
 しろ  5本 ・・・ 295円(タレ)
 牛かぶり5本 ・・・ 340円(塩)
 ささみ 5本 ・・・ 310円(塩)
 あか  5本 ・・・ 285円(タレ)
 しんぞう5本 ・・・ 290円(塩)
 タン  5本 ・・・ 335円(塩コショー)
 みの  5本 ・・・ 320円(みそ焼き)
 若どり 5本 ・・・ 295円(タレ)
 ねぎま 5本 ・・・ 315円(タレ)
 すなぎも5本 ・・・ 310円(塩コショー)
 若皮  5本 ・・・ 315円(塩コショー)

 豚ロース5本 ・・・ 310円(塩コショー)
 ピートロ5本 ・・・ 320円(みそ焼き)
 つくね 2本 ・・・ 260円(タレ)
 豚バラ 2本 ・・・ 260円(塩コショー)
 トン足 1個 ・・・ 300円(塩)
 若どりもも焼き 1個 430円(塩コショー)
 ネギ串焼き5本    305円(特性みそ)
 ししとう2本 ・・・ 275円(特性みそ)
 しいたけ2本 ・・・ 275円(特性タレ)
 ピーマン5本 ・・・ 305円(特性みそ)

 串かつ 5本 ・・・ 310円(特性タレ)
 ポテトフライ ・・・ 345円(塩)
 レンコン揚げ2本・・ 275円(特性ソース)
 キューり1本 ・・・  63円(塩)
 キャベツ   ・・・ 140円(塩、ソース、マヨネーズ)
 トマト    ・・・ 260円
 こんにゃくおでん5本 310円(特性みそ)
 漬物         220円
 玉葱フライ2本・・・ 255円(特性ソース)
 若どりフライ2本・・ 300円(特性ソース)
 うずら玉子揚げ2本・ 275円(特性ソース)
 なんこつ揚げ2本・・ 285円
 オイキムチ      280円
 キムチ        280円
 大根漬け       280円
 ごはん        200円
 やきとり重      500円
 赤だし        185円

飲み物の値段


 酎ハイ        340円
 ワイン (秋吉ワイン)340円
 梅酒         340円
 ノンアルコールビール 355円
 ソフトドリンク    200円
(オレンジ サイダー コカ・コーラ 
 ピーチ カルピス メロンソーダ― 
 グレープフルーツ  ウーロン茶)

f:id:gx2nkxug426:20160914224429j:plain:w300


※値段に関しましては各店舗で
 多少の違いはあるかも知れません。
 よろしくお願いいたします。



<スポンサーリンク> 


秋吉焼き鳥おすすめ


f:id:gx2nkxug426:20160914224255j:plain:w300

私のおすすめは何と言っても
焼き鳥の王道?ねぎま塩焼きです。

タレも美味しいですがこの塩焼きは
あっさりとしていますし

ネギの香ばしさと炭火のこおばしさ
そしてジューシーな鶏肉が

口の中でひとつになると何とも言えない
充足感に満たされます。

またこのねぎまを普通に注文しますと
タレ味のねぎまが出てきます。

なので注文時には いつも
ねぎま塩でと注文しております。

好みに応じて味付けしてもらえますので
大変喜んでいます。

f:id:gx2nkxug426:20160914223901j:plain:w300

また秋吉の炭火焼きは近火で一気に表面
を焼いてうま味をとじこめてからその後
徐々に焼いていくようです。

この焼き方が美味しさをひきたてて
いるのでしょうね。

f:id:gx2nkxug426:20160914223955j:plain:w300

上の画像は『若皮』いわゆる鳥皮なんです
が秋吉の場合、皮だけでなく、もも肉も一緒
になった鳥皮なので本来嫌いな方でも
美味しく食べられると思いますよ。

外がカリッと焼けて
中がプリンとしている絶妙の焼き加減です。

また塩焼きの場合、焼いている時にその塩が
脂と一緒に落ちてしまう場合があるようです。

もし口にいれて、何となく頼りないと
感じた場合はテーブルに用意されている塩を
降り掛けましょう。