yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

海の森水上競技場はゼネコンの大成建設が落札業者!異常な落札率に小池都知事もびっくりした!

スポンサーリンク

東京都における築地市場移転
に関わる豊洲土壌地下空洞問題。

今後の東京都を考える上でも
また日本の経済を考える上でも
大変重要な課題になってきている
と感じるところです。


そんな中、2020年の
東京オリンピック開催において

新しく建設される東京の3会場の
建設費の高騰化も問題に上がって
きています。

 
 その3施設とは

 ① 海の森水上競技場
 ② 有明アリーナ(バレーボール会場)
 ③ アクアティクスセンター(水泳競技場)

海の森水上競技場を大成建設が落札


豊洲市場の土壌汚染工事また
建設工事の入札において

大手ゼネコンによる異常な落札率が
確認されているのは周知の所です。

その真実の裏側に追及する
小池東京都知事ですが
今後手をゆるめることなく言及して
いくのだと思います。

まあ どこまでできる物なのか
それは誰にも分りませんし
本人もどこまで出来るものなのか
手探り状態であると思います。

でこの
海の森水上競技場の入札ですが
予定価格が約249億円だったのですが

入札したJV(共同企業体)は
大成建設のみで、ほぼ100%の
約249億円で落札されたようです。

その差額がなんとマイナス32万円

設計費や予備費などを含めると
総事業費は491億円で大成JVは
受注されたようです。


 ◇海の森水上競技場

 落札事業体 大成・東洋・水ing・日立造船JV

 落札額 249億円

 予定価格 249億円

舛添元東京都知事による工事の見直し


f:id:gx2nkxug426:20160929194845j:plain:w250
画像引用 http:://www.kensetsu-net.com



現在、東京都に新しく出来る
五輪3会場が焦点になっています。

例えば海の森水上競技場をとって
考えますと当初の計画では
総事業費69億円と見積もって
いましたが

その後他国と協議する中で
設備の拡充などで約1038億円
にも膨れ上がってしまったようです。

また当初はこの五輪3会場の他に

夢の島ユースプラザ・アリーナAとB
ウォーターポロアリーナ
若洲オリンピックマリーナ、
有明ベロドロームの5施設が建設
される予定でありまして

当初の計画では総額で1538億円と
見積もっていましたが
五輪招致が決定したあと改めて
試算したところ約4584億円にまで
膨れ上がってしまったのです。

そのような事情を踏まえて
当時の舛添東京都知事は
予定されていた5施設の建設予定を
中止し、既存の施設を利用する方針に
変更されていたのです。

これにより約4584億円
言われていた整備費用を2469億円
減らすことができたのです。

ゼネコンの落札率と都知事


今回のこの3大会場においては
このような大手ゼネコンによる
落札になりました。

 

①海の森水上競技場 総事業費 約491億円

  大成建設JV 落札額 約249億円

         予定価格 約249億円

②アクアティクスセンター 総事業費約 615億円

  大林建設JV 落札額 約470億円

         予定価格 約538億円

③有明アリーナ 総事業費 約403億円

  竹中建設JV 落札額 約360億円

         予定価格 約361億円


因みに

①の入札においては1企業のみ
②の入札においては3企業の競争入札
③の入札においては2企業の競争入札

現在小池東京都知事は建設が
予定されているこの3大会場の
建設を見直す方針で進んでいる
ようです。

「都政改革本部」を設置し
その調査チームがこれから検討を
すすめていくといいます。

レガシーや費用対効果などの観点から
建設の見直しを図っていくようです。

ただこの考えには
大会組織委員会の森喜朗会長氏は
大変なことになると懸念されて
いるようです。

すでにIOCの理事会や
総会で決まっていることを
開催地の東京側からひっくり
返すのは今後様々な問題が懸念
されるのではないかと
言われているのです。

実際の話として
森会長の言われる通り難しい
ことかも知れませんが
出来ないことではないと
私は思うところもあります。

東京五輪までまだ4年もあります。
ですからやり方次第では
経費削減や工期短縮も
十分ありえる話だと思います。

無駄に税金を使わなくても
できるのならそうして欲しい
ですよね。

どこか誰かの利権とか
既得権益とかそんなものに税金が
食われてしまうような体質とか

社会とかあって欲しくないし
早く改善して欲しいですよね。



<スポンサーリンク> 


まとめ


海の森水上競技場など
3大会場の見直しは
この先どうなるかは
分りません。

しかしそう言う事も含めて
東京都の腐敗した今の政治に
切り込んでいけるかどうか

そこが焦点になるのでは
ないでしょうか。

ある意味、小池東京都知事の
脅しとも思えるこの3大会場
見直し案ですが

その陰でおびえている
政治家もかなりいるのでは
ないでしょうかね。

こちらの記事も読まれています

有明アリーナはいらない!レガシーは横浜アリーナでも残せるのでは?
東京オリンピックのボート会場は長沼になる?復興五輪は小池都知事の思惑なのか・・・
豊洲市場の地下空間の大気に水銀はなぜ含まれていた?!市場周辺は本当に安全なのか?
海の森水上競技場 彩湖の見直しされるか!ブラックボックスに迫ってみた!