読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

東京オリンピック 予算はなぜ3兆円に膨らんだ?東京都政改革本部が動き出した!


スポンサーリンク

ふり返りますと
当初の東京オリンピック予算は
7300億円と言われておりました。

その後、大会を運営している
東京オリンピックパラリンピック
組織委員会会長の森善朗氏はこう
述べられましたのです。


『当初より3倍の2兆円は超えるだろう』

この言葉にみられるように
現在異常な予算の膨張が露呈しました。

そのことにより東京都はいよいよ
この東京オリンピック運営の
主導権を握る方向で動くようです。

で、この予算3兆円をどこから
どのように支払うのかと言い
ますと、

2兆5000億円を
東京都や国から(税金)
残り5000億円を
大会組織委員会が支払う
ことになるのではと言われています。


f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
「いったいいくらかかるのか誰も
計算していない。内訳なども全く情報
開示されず、積み上げもどれだけされ
ているか、よく分からない」
(東京都特別顧問 上山信一 慶応大学教授)
引用http:://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2879813.htm

東京オリンピック 予算なぜ



なぜオリンピック費用が膨らんだのか?

それはただ単に当初からの
見積もりのあまさがあったと
言うことに他なりません。

例えば森氏代表の大会組織委員会は
会場整備においての仮設施設の費用
について全額支払う予定になって
おりましたが

見積もりのあまさから現在
仮設会場の整備費予算は大きく
ふくれあがってしまっているよう
です。

そのような事から大会組織委員会
では今後抱えきれなくなってしまう
可能性が出てきたようです。

その状況を見かねた東京都は
仮設施設の「有明体操競技場」
他6施設なども都が支払う方向に
きりかえることを表明したのです。
(以前の舛添前知事の提案です。)

五輪施設の当初からの負担分担の
流れはこうなります。

 

 ① 国    新国立競技場 
  
 ② 東京都  恒久施設 有明アリーナなど

 ③ 組織委員会 仮設施設 有明体育競技場など6施設


 途中でこうなりました。

    f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50


 ① 国    新国立競技場の4分の3

 ② 東京都  恒久施設 有明アリーナなど
        新国立競技場の4分の1 

 ③ 組織委員会 仮設施設 有明体育競技場など6施設


 現在の提案です。

    f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50


 ① 国   新国立競技場の4分の3

 ② 東京都 有明アリーナ 恒久施設
       仮設施設 有明体育競技場など6施設
       新国立競技場の4分の1を負担

       有明体育競技場など6施設が増えた
       ことで1000億円から1500億円の
       負担増


 ③組織委員会 仮設施設 テントやプレハブ


<スポンサーリンク> 


予算3兆円とは


では現在言われています。
東京オリンピック予算3兆円とは
どのようなものなのでしょうか

 

 ① 大会施設整備費 7640億円

 ② 大会コスト 最大1兆6000億円
   選手の輸送 警備セキュリティー 
   大会の運営 選手の育成 その他

 ③ その他  数千億 

        暑さ対策など
       
        実際に大会近くにならないと
        分らない部分の費用も?
 
 合計で約3兆円

このように膨張した五輪予算に
対して組織委員会の森氏は今どの
ように思われているのでしょう・・・

小池東京都知事の言葉を
皮肉って『1兆、2兆、3兆だ』
と豆腐屋ではあるまいしと
なんて言われていましたが

元々の問題ってどこにあったの?

ザハ・ハディド氏デザインの
新国立競技場計画問題、佐野市
五輪エンブレムの「パクリ疑惑」

社会を混乱させた責任が
どこかにあるはずですが
「組織をまとめあげるまでが
私の役割。あと3年はちゃんとやる」
と当時コメントされました。

現在大会組織委員会は多くの
大手メディアとスポンサー契約
を結んでいます。

そうなると当然ながら
森氏を批判するような声も
なかなか上がってきませんし

大会組織委員会をチェックする
機能が全く働かなくなって
しまいますよね。


今回のように当初予算が
3倍も4倍も膨れあがった
にも拘わらず

当然のような口ぶりで
『国民による税金で賄う可能性』が
出てきていると言っておられます。

東京都政改革本部の動きとまとめ


オリンピック憲章により
ますと

五輪大会組織委員会は
開催国と開催都市の委員会
の下部組織に位置することと
決められているようです。

五輪大会組織委員会に対し
東京都は58億5000万円を出資
JOCは1億5000万円を出資
しています。

ただ現在の五輪大会組織委員会は
下部組織とはならないようです。

それは何故かと言うと
今の組織委員会は管理団体では
なくて報告団体になっているから
のようです。

「報告団体」は自主的な運営が
許される団体のようなので

森善朗氏が本当にそれを知っていた
として考えたとしたら

「内閣府で任命された組織委員会
だから東京都知事に命令でああせ
いこうせいとできる団体ではない」

この言葉も通用するの
かも知れません が・・・・・


f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain

そしてこの資料では、五輪組織委員会を
監理団体としなかったのは、IOCからの
強い関与があることなどから「適用除
外規定」にあたると判断したためとさ
れています。

つまり政治的判断で、特例が適用され
たというわけです。しかもその設立時
期は2014年2月と、これまた東京都の
リーダーである知事が不在の時期・政
治的空白期にあたります。

引用http:://otokitashun.com/blog/daily/12883/


こちらの記事も読まれています

有明アリーナはいらない!レガシーは横浜アリーナでも残せるのでは?
海の森水上競技場はゼネコンの大成建設が落札業者!異常な落札率に小池都知事もびっくりした!