読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

東京都豊洲の第9回技術会議報告書で都が捏造した事実とは!!


スポンサーリンク

東京都の豊洲市場の
盛り土や地下空間に
関係する技術会議報告書。

豊洲市場建物の地下にある
現在問題となっている作業
空間なのですが、


都側からの話によると第9回の
技術会議でそのような空間を
確保する必要性を求めて
議論されたと言われております。

しかし実際はそのような事実は
一切なかったことがわかりました。

これにより東京都は
またまた窮地に立たされて
いまいました。

東京都豊洲の技術会議報告書



追い込まれた今の東京都は
嘘の上にまた嘘をつくという

恥の上塗りに
なっているのではないでしょうか?

今から約9年前の2008年の
12月25日に第9回技術会議が
行われましたが

その報告書の作成について
東京都側から技術会議委員に対し
提案があったのです。

『地下水中から環境基準を超える
汚染物質が検出された場合
には、汚染地下水の浄化が出来
るよう建物下に作業空間を
確保する必要がある。』

技術会議の委員らに対して
都側からそのような提案があった
といいます。

これらの事項は報告書をまと
める際に都側から提案された事項
なのでが

これらの事項は実は
一度も議論したことのない事項
だった事が分りました。

ですので
当時の技術会議委員や
現在の矢木座長をはじめ技術委員会は
反対されたのです。

なのでこの報告書案は
もちろんその後報告書の資料として
載ることはなかったのです。

ま、その時はそれはそれでよかっ
たのです。 が -


都は地下空間が自身からの
提案となると都合が悪いために
技術会議の中での提案によるもの
としたかったという事は当然のこ
とですが

この報告書案に対しては
地下空間の図面も資料も一切
なかった事もわかったのです。



<スポンサーリンク> 


東京都が技術会議報告書資料捏造


さてここからが
本当に酷い話になります。

現在この豊洲市場の盛り土や
地下空間問題が深刻化しこと
により

現在その責任の所在が
求めらることになっています。

そして窮地に
立たされた東京都は、

その責任逃れとも思える
行動に出ていたのです。

2008年に却下された
議論もされていない
地下空間の確保についての

あの文言をホームページに
勝手に載せているのです。

技術会議で提案されていたと
ありもしないことを掲載してい
るのです。

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
地下水中から環境基準を超える
汚染物質が検出された場合
には、汚染地下水の浄化が出来
るよう建物下に作業空間を確保
する必要がある。
引用 東京都HP

議論もされていない
また過去に都側から提案しながらも
認められなかった技術会議報告書案が

実際の第9回技術会議報告書の
参考資料としてホームページに
東京都は載せていたのです。

しかもこの問題が表沙汰になって
以降の2016年の9月16日から
ホームページに載せているのです
から

呆れてものも言えませんよね。

まとめ


どこまで東京都は嘘を
つくつもりなのでしょうか・・・

東京都は過去から専門会議も
技術会議の存在も完全に無視して
話をすすめていくつもりだった
のでしょうか。


築地市場の存在が本当に心配されます。