yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

愛子さまの現在 2016年の激やせは佳子さまへの憧れからか?!真相を考えてみた


スポンサーリンク

皇太子ご夫妻の長女である
愛子さまが ご病気のため
現在学習院女子中等科を欠席
されていると宮内庁より発表
がありました。

9月26日から欠席されて
いるということで もうすぐ
1か月にもなります。


現在の病状が心配される所
ですが愛子さまは2016年に入って
からかなりの激やせぶりで

その様子にも心配される声が
あがっていたほどです。

病気と激やせ そのふたつに
関係はあるのでしょうか ・・・

愛子さまの現在の病気



宮内庁の小田野展丈東宮大夫
による愛子さまの病状ですが

特に熱はないが胃腸が弱って
いる。 また体がふらつくことが
あると言われております。

一般的に胃腸が弱る原因は
様々ですが生活習慣やストレスに
よるところが大きく影響すると
思われます。

また生まれながらにして
胃腸の弱い人っていますので

体が疲れた場合その人の
一番弱いところに出てくる
ようです。

『体がふらつくこと』
皆さんは経験されていますか?

体がふらつく事って
実は私も今それが多いんです。

夏の疲れが今出てきたから
かも知れませんが

とにかく『クラーッ』となって
座った時にもなるくらいです。

平衡感覚がとれなくなること
が1日に数回あるんです。

なのでこれはもしかして私の場合
更年期障害からくるものなのかも
知れません。(笑)

がしかし愛子さまはまだ10代、

原因はもっと他にあると思われます。
夏休みあけの宿題やまた運動会の
練習などの疲れから

寝不足やストレスをためられたのかも
知れませんね。

そこから自律神経のバランスを
失ってしまいそのような症状が
出たのかも知れません。



<スポンサーリンク> 


愛子さま2016年の激やせ


愛子さまは以前よりかなり
痩せられたと話題になった
のが今年の8月でした。

皇太子さまご一家で
8月11日の「山の日」
長野県の上高地で開かれた

第1回「山の日」記念全国大会の
式典に出席されたのです。

その時の愛子さまの
痩せられた姿が

依然とくらべてかなりの
激やせと話題になったのです。

この時の愛子さまには

皇后美智子さまの
血を受け継いでいる事を
象徴するような

『凛とした女性らしさ』
を感じたところでした。

激やせと病気との関係


この激やせぶりが話題となった
のが8月11日のこと

それから約2か月後の今
ご病気で学校に登校できなく
なるとは思いもしませんでしたが


今から振り返ると
この激やせぶりは今の病気と
因果関係があったのではないかと
思ったりするところです。

で愛子さまはどうのような
状況で痩せられたのかが
肝心なところになると思います。

 

 ①愛子さまは普通に食べながら
  痩せてきたのか

 ②それとも食べられなくて
  痩せられたのか

 ③もしくはダイエットされて
  痩せられたのか

それらの理由の違いにより
病気との関係も変わってくると
思います。

まとめ


愛子さまは何故 痩せられたと
思いますか ・・・?

愛子さまは2014年ころ
学習院での不登校問題が
メディアにより大きくとり
あげられてしまいました。

またその不登校は発達障害に
よるものではないかそんな噂も
ありました。

母、雅子さまもそんな愛子さま
の為にした事が批判されたりも
したのです。

しかし愛子さまも今では
不登校もなくなり有意義な学校生活
を送られているのです。

で、その要因のひとつに
秋篠宮佳子さまの存在があったこと
を忘れてはなりません。

ルックスもそうですが、
佳子さまの持つ人柄や
その生きる様、魅力に

愛子さまは憧れを抱いたと
聞いております。

それからと言うもの
愛子さまは不登校もなくなり
現在に至っているのです。

愛子さまは佳子さまの
ようになりたい ・・・

そういうお気持ちを今でも
持っておられると思います。

また愛子さまのみならず
小さい子供さんを持つ
親御さんは

子供の目標となるような
スポーツや人物との出会いの

『きっかけを与えてあげる事』が
非常に大切な所なのかなと思った
次第です。

この世の中
人は人を変えられないと言われて
いるのが常でありますが

『人は人を変えられる』
それもどこかに存在しているのは
事実なのです。

またそういう気持ちを持ちながら
日々人と接していくことが

私たちにとっては
『大切なもののひとつ』
なのではないでしょうか。


こちらの記事も読まれています

愛子さま痩せすぎもかわいいと評判!15歳のお誕生日を迎えられました!
三笠宮崇仁(たかひと)さま聖路加国際病院での病状の経過と死因。100歳で薨去されました。