yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

三笠宮崇仁(たかひと)殿下 聖路加国際病院での病状の経過と死因。100歳で薨去されました。


スポンサーリンク

昭和天皇の弟にあたり
平成天皇今上天皇の叔父に
あたる、三笠宮崇仁(たかひと)
さまが本日朝に薨去されました。

三笠宮さまは昨年の12月には
100歳を迎えられ、明治以降の
皇族の方としては初めての事で
あり


天皇皇后両陛下や皇族方を宮邸に
招くなどしてお祝いをされておられ
たところでした。

本日、激動の100年の生涯を終えられた
殿下に対し、本当に心からお悔やみ申
し上げる次第であります。

聖路加国際病院での病状経過



宮内庁の発表によりますと
三笠宮さまはすでに今年の5月には
急性肺炎を患い

東京都中央区明石町にある
聖路加国際病院に入院されておりま
した。

入院当初は心臓の機能が低下するな
ど、体調が不安定な時期があったと
言われておりますが

ここ最近では手足を動かす運動を
なさるなど、かなり体調を持ち直し
ておられたと言われております。

ですので病状もよくなりかけて
いたと思われます。

ところが今日27日の当日の事です。

本日もも普段通りに起床されていた
ようですが容体が急に悪化しお亡くなり
になられたという事です。

死因は高齢からくる「心不全」と
発表されています。


因みに平成27年の厚生労働省の
調べによりますと、100歳以上男子
の死因は多い順に、

① 老衰
② 肺炎
③ 心疾患
④ 脳血管疾患

となっております。


<スポンサーリンク> 


聖路加国際病院と皇族


f:id:gx2nkxug426:20161030151540j:plain

引用元 http:://www.sankei.com/


一般的には宮内庁病院を
使われることが多い皇族の方々です。

しかしこの聖路加国際病院とも
縁が深いとも言われております。

古くは皇后美智子さまが婚約中に
健康診断を受けられたこともあり
その美智子さまの実家正田家に
とってもかかりつけの病院であ
ると言われております。

そういう事から美智子さまの母、
冨美さんも同病院でお亡くなりにな
られているようです。

そして三笠宮さまの妻である
百合子さまも過去には大腸がんの
手術や、心臓の手術を受けられて
おります。

また百合子さまは昨日より
聖路加国際病院にて検査入院され
ていた関係もあり

殿下の最後のお姿を
看取られたということです。

三笠宮崇仁 薨去


天皇陛下の崩御など
皇族の方がお亡くなりになられた
場合その言い回しが独得の表現に
なっております。

元皇族の竹田恒泰氏によりますと
皇族の方が亡くなられた場合、
一般的に『薨去』(こうきょ)と
表現するのが正しいと解説されて
おります。


 
 ① 崩御 (ほうぎょ)
 
   天皇、皇后、皇太后、太皇太后が
   お亡くなりになられた場合

 ② 薨御 (こうぎょ)

   皇太子、大臣がお亡くなりに
   なられた場合

 ③ 薨去

   皇太子妃、 親王、親王妃がお亡く
   なりになられた場合


  三笠宮崇仁親王の場合 ③の薨去
  を使用するのが正しいという事です。

  
  ▼三笠宮崇仁親王  
  (みかさのみや たかひとしんのう)

   配偶者 親王妃百合子

   父 大正天皇
   母 貞明皇后

まとめ


  三笠宮崇仁親王殿下の薨去により
  天皇皇后両陛下は7日間、喪に服す
  ことが発表されております。

  そのためフィリピン大統領
  ドゥテルテ大統領との会見も
  中止になり、

  また国民も注目する秋の園遊会も
  とりやめとなっております。


関連記事はこちら

三笠宮殿下 斂葬(れんそう)の儀の日程と場所。一般参拝はいつになる?
三笠宮殿下薨去 記帳の場所は赤坂御用地へ。愛知県は県庁本庁正面玄関にて!