yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

鯖サミット小浜市でサバーグ丼や銚子の鯖寿司を食べてみた!


スポンサーリンク

地元福井県は小浜市で行われた
鯖サミット2016が無事終わりました。

あなたは日本各地から集まった
数々の鯖料理を堪能されましたか。

私は地元小浜のサバーグ丼や
千葉県の銚子で作られた鯖寿司を
食べてみました。

また島根県は太田市の鯖の水煮缶も
試食してみたところです。

小浜市でサバーグ丼


f:id:gx2nkxug426:20161031182728j:plain:w400

これまで福井新聞ニュースでも
とりあげられていたこのサバーグ丼

県内の地域おこし協力隊が創作された
というこの料理ですが、地元の特産品を
ふんだんに使い試行錯誤をしながら
完成に至ったといいます。

サバーグ丼の肝となる
ハンバーグは水煮サバ缶とおからなど
を混ぜて作られました。

またご飯には福井県産のコシヒカリを
使用しそれに福井梅を混ぜています。

またサバーグ丼には2種類あり
①坂井市の花らっきょうを入れたタルタルソース
②小浜市の谷田部ねぎを使ったねぎみそだれ

①か②か 好みによって分かれる所
ですが 私は②のサバーグ丼を食べてみ
ました。

まず肝となるサバーグですが
食べてみますと結構しっかりと
味がついていると言う印象ですね。
塩がよく効いています。

サバの味わいを全面に
出されたという事でしょうか。

谷田部ねぎを使ったねぎみそだれ
ですがこれも濃厚な味わいです。

うまい表現は出来ませんが
それぞれの完成度としては
悪くないのではと思いました。

ただなんというのでしょうか
お互いのいい所が喧嘩して
しまっている様な気がしました。

ご飯も梅が混ざっていますので
味がくどくなっている様な気が ・・・

白いご飯にサバーグ(タレなし)と
お味噌汁みたいな そんな感じの
ほうがこのサバーグの良さが
ひきたつような気がしました。

ただこういうイベントでは
地元の食材にこだわる必要性
が出てくるので作る側としては
大変難しい所ではありますよね・・・

※追記

鯖を使った丼と言いますと
2017年の1月に東京ドームで行われた
第8回どんぶり選手権において
青森県の鯖トロつけ丼が優勝しています。

小浜市もそのように試行錯誤を重ね
今後、未知の鯖料理を開拓して欲しいと
思います。

鯖と言ったら小浜! そうなって欲しいです。

東京ドーム どんぶり選手権の過去の結果などこちら!第8回は『滝の川』が地元福井県から出場!


<スポンサーリンク> 


銚子の鯖寿司


f:id:gx2nkxug426:20161031182840j:plain:w400


続いては千葉県は銚子の鯖寿司を
食べてみました。


銚子漁港(銚子市)はと言いますと
昨年の水揚げ量は21万9261トン
で水揚げ量5年連続1位に輝いて
います。

また昨年の12月には連日に
渡り鯖の水揚げが1千トンもあり
同月は約3万4千トンもの水揚げ量を
記録したとも言われております。

そんな銚子で水揚げされた鯖
どのように料理されているのか
興味が湧きます。

鯖寿司は3種類あって
このようなラインナップでした。

鯖寿司 鯖寿司ゆず 焼き鯖寿司


f:id:gx2nkxug426:20161031182939j:plain:w400


で私は鯖寿司でも焼き鯖寿司が
好きなので迷わず焼き鯖寿司を注文.

そうすると 「鯖寿司ですか?」

と聞き直されたので

『焼き鯖寿司です』

と私は返事、1000円払って
おつりに300円もらって

家に帰りさあ食べようと見てみると
普通の鯖寿司が ・・・・


f:id:gx2nkxug426:20161031183119j:plain:w400


ああ ・・

お店で受け取った時、ナイロン袋に入れて
受け取ってしまっていたので中味を確認す
ることを怠ってしまいました ・・・

まあでも気を取り直して鯖寿司を食べてみます。
焼き鯖でも鯖でも別にどちらでもいいのです。

どんな味がするかとか、
食べてみた時の印象とか
そんなものが知りたいのですからね。


f:id:gx2nkxug426:20161031183335j:plain:w400


で食べてみた第一印象は

鯖寿司の独得の臭みがない
なので嫌味がない感じ

でも逆に言うと味気ない、
頼りないといった印象です。

正直な話これならやはり鯖街道、
鯖寿司の元祖小浜に軍配があがる
と思いました。

そういうことから付属の醤油や
また生姜を挟んで食べたり
してみました。


f:id:gx2nkxug426:20161031183444j:plain:w400


するとどうでしょう
これでしっかりとした
味わいが出てきたと感じました。

その調味料らが鯖の旨さを
引き立たせていると言ったら
いいのでしょうか ・・・

まったく別の鯖寿司と
思わせるくらいの感覚になりました。

島根県は太田市の鯖の水煮缶


f:id:gx2nkxug426:20161031183539j:plain:w400


最後は島根県は太田市の
鯖の水煮缶の試食です。

私はこの水煮缶が売られていると
思っていたのですが

この鯖サミットでは試食のみ
だったようです。

試食後にアンケートをとり
それを今後の課題として取り上げ
更に研究されていくみたいです。

鯖缶って 私の子供の頃から
大変身近な存在だったと思います。

ですから今でも鯖缶は
食べたい食品のひとつなんです。

鯖の水煮缶
こういった商品って特別な物とか
特別な味でなくていいのだと
私は思います。

普通に美味しい ・・・
そう思える鯖缶なら問題はないと

ただその様にどこにでもある
鯖缶だとわざわざ島根県太田市の
『鯖の水煮缶』を買う必要もなく
なってくる訳ですよね。

近所のスーパーで
『まるは』の鯖の水煮缶を
買えばいいのですから

ではどうしても欲しくなる
鯖缶にするためには必要なもの
とは何なんでしょうか?

まとめ


以上鯖サミット小浜でのグルメ
レポートを終わりたいと思います。
あくまで個人的な意見で述べています。

料理が美味しいとかまずいとかは
好みもありますので一概には
言えません。

また来年もこの小浜で鯖サミットが
行われることを願います。

2017年バージョンの
サバーグ丼も期待しています。

地域おこし協力隊の皆様
また各関係者の皆様
本当にご苦労さまでした。
また、ありがとうございました。

また銚子など遠方から
はるばるこの小浜へ足を運んで
いただきありがとうございました。

2017年もまた会える事を
お祈りいたしまして ・・・


関連記事はこちら

養殖サバの刺身なら小浜市で!アニキサスがいないのは本当?