読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

豊洲問題 最新情報と今後について!小池都知事が明らかにしたスケジュールとは!


スポンサーリンク

東京都築地市場移転に関係した
豊洲市場の土壌汚染問題の最新
情報や今後についてまとめてみました。

豊洲問題 最新情報


f:id:gx2nkxug426:20160922231540j:plain:w400


豊洲新市場の建物の地下に
地下空間が存在したことが発覚した
事に端を発し

その地下空間には多量の水が溜まって
いることが発覚しました。

またその水は有害物質を含む地下水で
あったことが分り大きな問題となって
います。

このような地下水の上昇はかねてから
想定の範囲であり、それに対応すべく
この豊洲新市場の土壌には地下水位管理
システムが装備されております。

そのシステムは先月10月17日には
本格的に稼働しており今後3か月かけて
水位を基準地まで下げていく事に
なるようです。

しかし本格的に稼働した10月中旬から
1か月後の現在、水位がほとんど下がって
いないようです。

専門家会議によりますと
この地下水管理システムは、地下水位を
急速に下げる能力は備えていないと発表
されました。

ですので徐々に水位をさげていくしかな
いようです。

このような即効性のある機能を装備
していない管理システムならば尚更

当初の予定11月7日豊洲新市場開業
を考えて逆算すると

もっと早期に本格的に稼働させておく
必要がありました。

今日の最新ニュースでは都議会側は
この問題について、

「(豊洲の)工期を優先する余り、年月の
経過とともに地下水管理が甘くなった」

と謝罪されました。

またこのニュースでは豊洲における
主要建物建設工事は今年5月に大体が
終了していたことも明らかになって
います。

そしてその後は豊洲周辺の植栽工事が
行われましたがそれを優先するが故に
管理が甘くなったと言われています。

植栽工事と地下管理システムの
関係性はちょっと私には理解しにくい
ので、それで管理が甘くなったという
のは

一体どう言ったものなんでしょうかね ・・・



<スポンサーリンク> 


豊洲問題 今後


小池百合子都知事が述べられた
この豊洲新市場の問題の今後について
まとめてみたいと思います。

現在、豊洲新市場における問題は
まずはもちろん人の体に関わる
安全問題が第一であります。

環境アセスの対策が十分に行われ
またその安全性が確保された上で
考えますと

豊洲新市場の維持管理経費や
これまでの経緯から発生した
風評被害もひとつの問題になると思います。


 
f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
 環境アセスメント(環境影響評価)とは、
 大規模な開発事業などを実施する際に、
 あらかじめその事業が環境に与える影響
 を予測・評価し、その内容について、住
 民や関係自治体などの意見を聴くととも
 に専門的立場からその内容を審査するこ
 とにより、
 事業の実施において適正な環境配慮がな
 されるようにするための一連の手続きを
 いいます。
 引用http:://www.kankyo.metro.tokyo.jp/


また兼ねてから言われておりました
東京五輪に関係する 環状2号線の
整備問題。

会場と選手村をつなぐ主要道路となる
非常に大切なこの環状2号線です。


当初の計画では築地市場の地下に
トンネルを作りアクセスの利便性を図る
予定でしたが

工期の問題などからこの計画を破棄、
信号システムの改良を前提に

新たな道路を地上に作るか迂回する
ことを計画していくようです。

豊洲問題今後のスケジュール


11月18日の会見にて小池都知事は
今後のスケジュールを発表されました。


① 2017年1月

地下水のモニタリング最終結果

f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50

② 2017年4月

専門会議の審議終了

f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50

③ 2017年5月

都のプロジェクトチーム
審議終了

f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50

④ 2017年6月~7月

環境アセスメント審議

f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50


①アセス不要    

2018年の1月~5月くらいで移転の環境が整う 

②アセスやり直し

2019年の1月~5月くらいで移転の環境が整う

まとめ


小池都知事が豊洲移転について今後の
スケジュールを発表されたことに
より 関係者は一応の目途がたった
ことは事実です。

そのスケジュールに合わせて
今後どのように行動すべきか
考えやすくなったと思います。

しかしながら築地市場が
必ず豊洲へ移転すると決まったわけ
ではなくそのあたりでの困惑は
今後も続いていくのは必至のようです。

またこの移転延期問題にかかわる
業者への補填ですが一般会計ではなく
市場会計から支払われるという事です。

東京都にある全市場11から支払われ
集まった市場会計から支払うという
ことで批判も噴出することは必至のよ
うです。


 
f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
 東京都の築地市場(中央区)で営業
 する水産卸7業者のうち、6業者と冷
 蔵事業者らの豊洲市場(江東区)への
 移転延期による損失合計額が、移転予
 定日だった7日からの当初1カ月で約
 4億3500万円になる見通しである
 ことが17日、わかった。
 都水産物卸売業者協会(伊藤裕康会長)
 が推計した。

 引用http:://www.asahi.com/