yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

シンゴジラ像が伊豆大島に!場所や料金などはどうなる?地元の反対をおしきるのか


スポンサーリンク

「ゴジラアイランド化計画」として
東京都大島町が進めているシンゴジラ
像の建設問題。

この建設をめぐっては人口
約7700人の小さな町の中で

現在2000人もの方が反対されて
いると言われております。


そんな中2016年度内に完成させる
方向で『16日の町議会』で決まった
ようです。

そのゴジラの場所や料金など
今後のことについて考えてみました。

シンゴジラ像の場所は



設置場所と大きさや重さ

現在の情報によりますとシンゴジラ像の
設置場所は火山博物館の敷地内
博物館の前に建てられるようです。

火山博物館の顔になるそのシンゴジラ像は
高さ12m、ビルの高さで3階立てになる
ようです。

またこのように大きな像ですから
フェリーの到着する元町港からもこの
シンゴジラ像が見えるようになるとの事。

またその重量ですが約24トンにも
なるようです。

▽伊豆大島火山博物館

住所 東京都大島町元町神田屋敷617番

シンゴジラ像の演出


映画ではモンスターのゴジラが歩くと
地面の土煙などが舞い上がりますが
その演出のためか足下から霧を
噴出させるようです。

そしてやはりゴジラの必殺技は
口から放たれる放射熱線になりますよね

そのシーンを彷彿させる様に
背びれが光り口からミスト噴射の
演出も行われます。

また夜間限定の演出もありゴジラの背中
からレーザー光線が放たれるようです。

そしてゴジラなどの怖さの演出として
音響効果は避けられませんよね・・・

このように数多くの演出効果などの
ために当初8000万円だった予算だけ
では足りなくなり

結果1億7000万円に建設費用が膨れ
あがったといいます。

また一番心配なのは完成後に
毎年かかる維持管理費が500万円以上
かかってくると考えられていることです。
※東宝に払う著作権料もかなりの額
のようです。

『負の遺産にならないように』
負担になる遺産にならない様に
してもらいたいと願うところです。



<スポンサーリンク> 


ゴジラ像は無料で見られる


f:id:gx2nkxug426:20161217213420j:plain


このシンゴジラ像は伊豆大島火山博物館
前に設置される予定のようですね。

このゴジラ見たさに訪問した
観光客が当然博物館にも入館
するという事になるのでしょう。

またその逆もあるのかも知れませんが
相乗効果もそれなりに見込めるのか
も知れません。


以下大島町のpdf資料によると

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
なお、地方創生加速化交付金の対象事業
(3月7日現在、東宝株式会社・国・東京都と
協議中)として「伊豆大島ゴジラアイランド
化計画」を検討中。大島に関係するゴジラの
国内観客動員数は約1億人、ハリウッド制作
も2作品あり、国内外に広く知れ渡っており、
2020年東京オリンピック開催に向けての外国
人観光客誘致の大きな魅力ともなるので、ゴ
ジラを活用した観光振興、地域づくり
を官民協働して推進する

引用元http:://www.town.oshima.tokyo.jp/

年々増え続ける日本への海外からの観光客
ですが、これからは観光客なくしては
語れない時代になってくると思います。

私は『ゴジラ』やウルトラマンで育った世代
の一人で、小学生の時の将来の夢として
特撮映画の監督になりたいと
(半分冗談ですが、)
大阪城のタイムカプセルに手紙を埋めた
という思い出があります。

そういった事もありゴジラに対しては
人一倍の思い入れがあり、今回この
ようにシンゴジラ像が出来ることは
非常に嬉しいことですし

今後旅行で大島町に行ってみたい、
また行く理由が一つ出来たって事は

私にとっても大島町にとっても
凄くいいことのような気がするからです。

ただシンゴジラ像の観光客はリピート
は見込めないとする声も多いのが事実
です。

『一過性のものにならないか ・・・』

長期的に物事を考えると一抹の不安も生じ
てきますよね 私が思うくらいですから

島民の方々はより一層の不安を抱え
てらっしゃるのではないかと思うのです。


また現在この火山博物館の入場料金ですが
一般の大人で500円、小中学生で
250円となっています。

島民の方の今後の生活の負担を考えると
この博物館もゴジラ像込みの新入場料金
にする必要も出てくるのではないでしょうか。
(すでに前提になっているかもですが?)

そのような何らかの 仕組みが大切に
なってくるのではないかと思います。



<スポンサーリンク> 


まとめ


基金を切り崩して総額1億7000万円かけて
作られる『シンゴジラ像』ですので
この金額が安いとは絶対言えないでしょう。

ただせっかく作るのであれば
中途半端なものを作るよりは立派な
ものにした方がいいと思います。

映画で見る大怪獣ゴジラのように
リアル感を精一杯近いものにして
欲しいと思います。

また「ゴジラアイランド化計画」として
その後、様々なイベントなども企画されて
いく事のようですし

魅力のあるイベント作りで観光客の
誘致に成功してもらいたいと思います。

ゴジラと三原山のエピソード

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
第16作『ゴジラ』の最後の場面で、ゴジラの
帰巣本能を利用して作られた誘導装置により、
三原山に誘導させられたゴジラが火口に突き
落とされる。続編の『ゴジラvsビオランテ』
では噴火する三原山をシルエットにゴジラが
出現する。ちなみに16作の公開年より2年後
の1986年に現実に三原山が噴火し「火口に突
き落とされたゴジラの呪いでは」と一部では
噂された。

引用元 http:://wikitravel.org/