yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

舞鶴五老岳スカイタワーとカフェから見る火力発電所はまるで要塞のようだった!

スポンサーリンク

京都府は舞鶴市にある
標高301mの『五老岳』

その頂上にある展望台スカイタワー
から見る景色は360度大パノラマで

舞鶴港や若狭湾そして
舞鶴市などを見下ろすことが出来る
絶好の展望スポットになります。

舞鶴五老岳スカイタワー


この舞鶴五老岳スカイタワーは
今から約20年前に作られたタワーで
高さが50mになります。

その全体像の写真がこれですが
この高さで50mになります。

f:id:gx2nkxug426:20170103171319j:plain:w250

当サイトでも紹介している
福井県東尋坊タワーも50mなので
高さが一緒のようですが

一見東尋坊タワーの方が高いように
思えましたが、どうやら私の目の錯覚の
ようでした。

f:id:gx2nkxug426:20170103171416j:plain:w250

また東京スカイツリーもそうですが
現在日本にあるスカイと付く名の
タワーは高い順に

東京スカイツリー(東京都)634m

スカイタワー西東京(東京都)195m

東山スカイタワー(愛知県)134m

スカイワードあさひ(愛知県)99.95m

天王スカイタワー (秋田県)59m

オホーツク・スカイタワー(北海道)51.9m

五老岳スカイタワー(京都)50m

全国でわずか7つしかないようですね。
そしてその中でも一番低いのがこの
舞鶴五老岳スカイタワーになりますが

もともと五老岳の標高が301mもあります
のでかなりの眺望になります。

まあ、この五老岳でも結構高いと
感じましたが東京スカイツリーは
その倍近く高いと考えると

想像をはるかに超えてしまいました・・・



<スポンサーリンク> 


五老スカイタワーから見る景色


またこの日は天候は良かったのですが
雲がやや多かったため
デジカメではイマイチの画像しか
収められませんでした。
(性能的にも無理ですが)

ちょっと残念・・・

でももっと晴天ならばかなりの眺望に
なるのではと思いましたよ。


スカイタワーから見た若狭湾方面

f:id:gx2nkxug426:20170103171955j:plain:w450

舞鶴湾内の様子

f:id:gx2nkxug426:20170103172016j:plain:w450

西舞鶴市内方面 ギャル曽根ちゃんの母校もあります。

f:id:gx2nkxug426:20170103172100j:plain:w450

西舞鶴とれとれセンターの方角

f:id:gx2nkxug426:20170103172118j:plain:w450

展望台の中はこんな感じです。

f:id:gx2nkxug426:20170103172148j:plain:w450

f:id:gx2nkxug426:20170103172202j:plain:w450

展望台のわきにあるカフェとそのあたりから
見た景色の画像はこちらです。

f:id:gx2nkxug426:20170103172234j:plain:w450

火力発電とクレインブリッジ


舞鶴港や西舞鶴市内、そしてリアス式
海岸の景色もさることながら

関西電力が作った(お金を出した)
クレインブリッジや

その橋のすすむ先に完成した
関西電力の火力発電所が見えます。

その火力発電所ですが
なんだか軍事施設などの要塞の
ようにも見えてしまい

その迫力に目を奪われてしまいました。

f:id:gx2nkxug426:20170103172307j:plain:w450

f:id:gx2nkxug426:20170103175001j:plain:w450

五老岳スカイタワーみやげ


土産ものはスカイタワーの1階
エレベーター前にあります。

f:id:gx2nkxug426:20170103172344j:plain:w450


店舗情報 五老スカイタワー

▽住所 京都府舞鶴市上安237

▽☎  0773-66-2582

▽営業時間

 【4月~11月】

  平日 9:00~19:00 / 土日祝 9:00~21:00

 【12月~3月】

  9:00~17:00

  ※入館は閉館の30分前まで 

▽料金

  大人(高校生以上)200円
  小人(小・中学生)100円

(身体障害者手帳等をお持ちの方は、半額)


まとめ


f:id:gx2nkxug426:20170103173932j:plain:w450


五老岳からの見晴らしですが
山間部の多い舞鶴市になりますので
山、海がほとんどになります。

なのでここでは四季折々
景色を見ることを目的にすると
いいのかなと思います。

例えば、春はつつじや山桜、秋は紅葉
そして冬は雪化粧や初日の出といった
感じが一番いいと思いました。

自然から得られる癒しの空間の
ひとつとして

この五老岳スカイタワーを利用されて
みてはいかがでしょうか。