読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

皇太子さま愛子さまとの誕生日お写真2017年に心配の声が・・・


スポンサーリンク

皇太子さまが2017年2月23日を
持ちまして57歳の誕生日を迎えられ
ました。

この誕生日に先立ち先日の21日には
東の宮御所にて記者会見が行われて
おります。

また皇太子ご一家のお写真なども同時に
公開されております。


ようやく体調が安定してこられた雅子さま
ですが、最近では愛子さまが、かなりお痩
せになられておりまして

国民の心配事のひとつでもありますが
それ以上に皇太子さまもかなりご苦労を
されておられるのではないでしょうか。

皇太子さま愛子さまお写真


 

 f:id:gx2nkxug426:20170223185147j:plain:w450

 引用元 宮内庁
 http://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/02/h29-0223-ph.html

 f:id:gx2nkxug426:20170223185201j:plain:w450

 引用元 宮内庁
 http://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/02/h28-0223-ph.html

 f:id:gx2nkxug426:20170224002350j:plain:w450



1年前の皇太子さま誕生日でのお写真と
比較すればその違いはもちろん大きいの
ですが

皇太子さまの横でほほ笑む愛子さまに
本当に心配になるところですね。


愛子さまは現在学習院女子中等科にご在籍
になられており、まだ15歳ですが、現在
身長は163センチ~165センチあるの
ではと思われています。

ですので通常ですと体重は50キロ~
55キロくらいと考えてもいいのかなと
思いますが、

画像を見ても分かるようにこれだけ痩せら
れているので

現在では40キロあればいい方なのかなと
思ってしまいます。

本当に心配になりますよね・・・

キャサリン妃も激やせ



また昨年にはイギリス王室のキャサリン妃
も激やせされ別人のようになったと
噂されていました。

推定体重は41キロ~45キロとも言われ
ていましたが

キャサリン妃は身長が175センチもある
ので愛子さまよりもっと痩せて見える事に
なります。

またその理由は愛子さまと同じ拒食症
とも言われていますが、その根本的な
理由も同じなのでしょうかね。



<スポンサーリンク> 


皇太子さま誕生日2017


57歳の誕生日をお迎えになられた
皇太子さまは、今後天皇陛下の生前退位
も念頭におかれた上で

慎重にそして丁寧に次期皇位継承者として
の立場を踏まえてお言葉を述べられていま
す。


その一部はこちらになります。

象徴天皇については,陛下が繰り返し述べ
られていますように,また,私自身もこれ
まで何度かお話ししたように,過去の天皇
が歩んでこられた道と,そしてまた,天皇
は日本国,そして日本国民統合の象徴であ
るという憲法の規定に思いを致して,国民
と苦楽を共にしながら,国民の幸せを願い
,象徴とはどうあるべきか,
その望ましい在り方を求め続けるというこ
とが大切であると思います。

引用 http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/9


現天皇陛下である平成天皇は55歳にはす
でに天皇に即位されておられました。

55歳の年齢で即位し、なおかつ28年も
の間、天皇として在位されております。

例えば江戸時代以降の19人の天皇陛下に
限っての話になりますが

天皇陛下に即位した年齢が最も大きいの
がその平成天皇になるのです。

ついで33歳で即位した大正天皇の場合
在位は14年でした。

続いて25歳で即位し63年在位したのが
昭和天皇

その次はといいますと後桜町天皇の22歳
での即位、在位9年となるのです。

で19人中15人は10歳代ですでに即位し
ており、その後譲位するなどしております。

高年齢で即位するのがどれだけ大変なの
かは本人でしか分かりませんが

皇太子さまも今年でもう57歳です。
過去のことから考えても生前退位により
天皇に即位するのが望ましいと考えるのが普
通かなと思いますが ・・・

もちろん人間の寿命などもこの100年で
がらっと変わってきていますので

何とも言えないところではあります。

で現在の日本の寿命ですが
男性80.21歳、女性86.61歳

しかし今から100年前では44歳だったと
言われております。



<スポンサーリンク> 


まとめ


皇太子さまご一家の今後に期待する
一方で心配な面も残る現在ではありますが

今後、天皇陛下として、皇后として
日本の象徴としての務めを果たされ
ていく皇太子ご一家のお姿を、

私は、遠くからではありますが大切にして
いきたいと思うところであります。