yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

石原慎太郎元都知事の3月3日の記者会見の内容は責任のがれだが・・・

スポンサーリンク

豊洲土壌汚染問題で今日3月3日に
石原慎太郎元都知事が記者会見を行いま
した。

屈辱を晴らしたいと述べていた
石原元都知事はその屈辱を晴らせるだ
けの言葉を用意されているのでしょうか?

石原元都知事の3月3日


f:id:gx2nkxug426:20160922231540j:plain:w450


はやくから記者会見を行うといいながら
も記者会見を開くことがなかった石原氏。

その会見に先駆けてその対応策を考えて
おられたのでしょうか?

今日の会見では開始数分後には
石原慎太郎氏に変わって別の方により
石原氏の言葉が述べられました。

しかしこの文章は綿密な打ち合わせの
もとに用意された文章のようにも
思われました。

その文章の内容は簡潔に言うと
専門的な見識がない以上、土壌汚染に
ついての問題についてはその専門家会議
や都のチームに任せる他なく、その報告
の上で承諾したということです。


また今回の記者会見については氏いわく
記者会見を開かないと毎日が近所
迷惑にもなり、またプライベートにも
及んでいることに考慮されたためのよう
です。

連日押しかける記者の行動にようやく
3月3日の今日、記者会見を開くことに
至りました。

この会見を見て私なりに気になった部分
をとりあげてみました。

石原元都知事の会見の内容


感想を一言で言えば「やはりか・・・」と
予想していたような責任逃れの言葉で終始し
た記者会見だったと私は思います。

すべてが石原慎太郎氏の責任ではないと誰し
も思っていると思います。ですから元最高責
任者としての立場を踏まえた言葉を期待して
いましたが
・・・

また会見の冒頭の部分で、氏は行政の責任は
ふたつあると言い

『作為にする責任と不作為にする責任がある』
と述べその不作為にする責任は

現小池東京都知事にあると述べられました。

安全と安心は違う。現在豊洲の安全は科学で
補償されているのだから早く豊洲に移転する
べきだと述べられたのです。

安全を保障できると言うその専門家の名前を
あげられた上で告発も辞さないという考えを
述べられました。

このように今日の会見において、小池都知事
をどうこう言う氏の姿勢自体にまず抵抗を感
じたところです。

今回の会見の場では現在がどうこうではなく
焦点は過去の部分にあるわけですから・・・

このような発言で氏に、一掃の批判の目がむ
けられる事にもなりかねないですし、何のプ
ラスにもならないと私は思うのですが。



<スポンサーリンク> 


2001年にベンゼンが1500倍検出


2001年のことですが豊洲土壌の調査結果が
このように報告されておりました。

当時はベンゼンが環境基準の1500倍、
シアンが490倍、水銀24倍、ヒ素49倍、
鉛9.3倍六価クロム1.4倍という、とて
も生鮮市場の築地市場を移すどころの話
ではないと思える数値を出していたので
す。

会見ではこのような数値が出たにも関わ
らず石原元都知事は何故豊洲移転を推し
進めたのか?質問を受けることになりま
した。

石原慎太郎元都知事は当時を振り返り
専門家会議など専門部局にに一任する他
なかったとし 土壌の汚染は大丈夫か?
と聞きただしその上で裁可したと答えて
おられます。

東京ガスの瑕疵担保の免責問題は


石原都知事もこの東京ガスに対しての瑕
疵担保の免責問題については最近の週刊
誌で変だと、おかしいと思ったというの
ですが、

その当時は浜渦副知事に全てを一任して
いたためそのような瑕疵担保免責までに
ついてはごく最近まで全く知ることがな
かったといいます。

要するに瑕疵担保についての報告も受け
ていないと述べられたのです。


しかしある新聞記者からは『おかしい』と
石原氏が思うのならば今すぐにでも浜渦氏
に連絡をとりその時の経緯や理由を問いた
だし

この場ではっきりさせなくてはいけないの
ではと追求されることになりました。

元東京都知事としての責任がそこにある
のではないかと ・・・

この言葉には石原氏も政治家であり元東京
都知事としてのプライドを感じたのか

今後はっきりさせると答えられました。


tagitagi.blog.so-net.ne.jp


<スポンサーリンク> 


多額の豊洲土壌汚染費用について


多額の豊洲土壌汚染費用がかかると
分っていながら何故東京都は豊洲に
こだわったのかについての質問が
ありましたが

石原慎太郎氏自体もそこは今後追求し
てもらいたいと述べらています。

石原元都知事が初めて都知事に就任した
時から豊洲移転は規定の路線になって
いたことも関係しているような気が
しますが

当時の東京の財政も関係していたのかも
知れません。豊洲移転による経済効果を
試算した上で東京都は豊洲に拘ってきた
のではないでしょうか。

ただこう言った質問に対して第三者的な
目線で答弁される石原氏に無責任さを
感じずにはいられません・・・

まとめ


石原慎太郎元都知事は責任逃れの答弁に
終始したと思いますが、

記者側の質問の質については知識に
かなり問題があるのではとtwitterでは
反応が多いです。

質問によっては聞いていない、知らない
と石原氏が言ってしまえば

それまでだろうと思えるような質問ばかり
だったと思います。

またそんな中ではありますが
かなり確信をついた質問もありました。

元東京都知事に対して質問と言うより
政治家石原慎太郎としてどうだったのか?

そこを問いただす事が本当に大切なのかも
知れません。


tagitagi.blog.so-net.ne.jp