yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

籠池泰典理事長の息子や夫人など家族構成は?佳茂氏が語る母とは・・・


スポンサーリンク

大阪市学校法人「森友学園」の不正や
疑惑がどんどん明らかになっています。

幼稚園の経営が困難になった事から
大阪豊中市瑞穂の國記念小學院設立に
向けて必死になっていたのでしょうか・・・


何故そのような事態になったのか
籠池泰典理事長の息子さんのコメントか
ら夫人である諄子氏の性格がかなり影響
していたという事が分かりました。

籠池泰典理事長の息子など家族構成


籠池泰典理事長には今、職歴や学歴詐称
が疑われております。

関西大学法学部卒業といいながら
実は商学部卒業という学歴だったのです。

そのような籠池氏ですが奈良県庁職員だっ
たその当時に森友学園の創設者である森友
寛の長女、森友真美氏と結婚されました。

その森友真美氏は現在の塚本幼稚園の副理
事長である籠池諄子氏になります。

結婚当時は籠池真美だったのかなと
思いますが、その後改名したのか通名なの
か定かではないですが、籠池諄子を名乗っ
ています。

籠池泰典氏と諄子夫人の間には
5人の子供さんがおられるようです。

3男2女になるようですが
その5人の子供さんのうち娘さん二人は
幼稚園で働いておられるようです。

また長男は森友佳茂氏になりますが
週刊文春の取材から様々な状況が
明らかになっています。

追記

佳茂氏、照明氏、町波氏、まゆみ氏
三男の方は死去

籠池泰典理事長夫人とは


 

 f:id:gx2nkxug426:20170309191155j:plain:w450

 画像はオバハンが泣きながらコンニャクをという
 鴻池議員 夫人の性格が浮き彫りになる

 引用 https://dot.asahi.com/


今回の森友学園問題の根本にある
のはどういった事なのでしょうか?

籠池泰典理事長が重んじる戦前の
ような教育が問題なのでしょうか・・

それともまた近畿財務局などが多額の
値引きで国有地を売却した事が問題
なのでしょうか。

もちろんこれらも問題ですが

このような事態が起きた原因のひとつ
として籠池泰典理事長夫人諄子氏の
性格が原因になっているような気がします。

過去には逮捕された経験を持つこの
籠池泰典理事長夫人諄子氏。

その夫人の性格というか思想?
というのは独得なものだったようです。

諄子氏の考えは基本的に籠池泰典氏を
支えたいという思いの下にあったのでは
ないかと長男の佳茂が言われております。

『母には思想がない』・・と


妻としての立場で夫を支えたい
そんな気持ちが強かったのでは
ないかと佳茂氏は言われております。

そのひとつとして例えば塚本幼稚園で
安倍昭恵夫人など著名な方が講演に来ら
れた場合、保護者には絶対参加を促して
いたようです。

授業参観と講演会をセットで行うのです
が必ず講演会に参加させるよう、帰れな
いよう立ちはだかることがあったようで
す。


またそのような事が続くと保護者は
何らかの理由をつけて休もうとします
が、それに対しての追及も酷かったよう
です。

怒鳴ったりなどはまだましな方で
怪我に至るまでになったこともしばしば
だったようです。



<スポンサーリンク> 


息子佳茂氏と母


また息子の佳茂氏はそのような母の
強烈な性格の中で教育されていったと
語られています。

またその母の諄子氏も今は亡き森友寛氏に
厳しく育てられていたのではと語って
おられます。

実際にそれを見た訳ではない佳茂氏ですの
で母との会話の中でそう感じたのではない
でしょうか。

幼いころの彼は母の行動をよく把握してい
たようです。

母の朝早くからの掃除、洗濯などを見てい
たのです。そしてそのような実直な母から
は『勉強しなさい!』『しっかり食べなさ
い!』といつも怒られていたといいます。

叱られると怒られるは違うと思いますが
息子佳茂氏は怒られると感じていたようで
す。

教育や親子という枠を飛び越えたかのよう
な激情に違和感を覚えられたようです。

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
「母は特に思想がなく、父を支えようとし
ているだけです。『お父さんは日本一』と
よく口にしています。私も歴史教育を学ぶ
合宿に行かされた程度で、特定の思想を強
要されたことはありません。
父は改憲論者で、中曽根康弘首相が誕生し
た時、うれしそうにしていた記憶がありま
す。安倍首相は久々の改憲派なので、喜び
もひとしおでした」

引用週刊文春

まとめ


長男の佳茂氏は高校時代ラグビーで全国
大会に出た経験を持っているようです。

母の強烈な教育がいい方に影響したのか?
もちろん自分を貫きそのような結果を残
した佳茂氏は本当に素晴らしいと思います。

そして母諄子氏は彼がプレーするときは
ポリープが出来るほどの声援を送り続け
ていたようです。

また社会人になってからも
『お父さんががんばってるんやから、あん
たもがんばり』と手紙を送ってくれていた
ようです。