読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

森友学園に破産の危機!可能性はどうなのか?

近畿 近畿-ニュース

スポンサーリンク

森友学園が激安価格で豊中の国有地を
取得した問題から端を発し現在では
大物政治家までも巻き込む大きな
スキャンダルになっています。

またそのような事から森友学園籠池
理事長の補助金の不正取得問題まで噴出。


籠池理事長はその私立小学校の認可を取
り下げることになりましたが

そうなると今後は多額の負債を抱える見
込みとなっており、森友学園は破産の危
機に追い込まれるのではと噂されており
ます。

その可能性について調べてみました。

森友学園 破産の危機


f:id:gx2nkxug426:20170301202927j:plain:w450


森友学園籠池理事長は豊中での私立小学
校設立をあきらめました。
それにより今後、様々な方面より多額の
請求が求められる見込みとなっています。

例えば今回の国と森友学園の土地売買契
約において

2017年3月末までに小学校の敷地と
して使用しなかった場合、国は森友から
その土地を買い戻せるとしています。

これまで支払った2800万円は森友
側へ返却される事になります。


今後森友が請求されるであろう金額一覧


① 近畿財務局から 

  学園の撤去して更地と違約金1340万円

② 国交省から 

  補助金の返還 5600万円 木造建築向

③ 工事費用

  更地にして返すことになるため
  その解体費用など約1億円

  ただし籠池理事長は壊したくない
  との意向? 今後土地の再取得を
  目論んでいるのか ・・・

④ 建設会社に

  これまでかかった建設費用の約11億円の支払い

  
①~④まで総額12億6940万円


本来このような規模の工事では大手ゼネ
コンや中企業が元請けとなっているのが
通常のようですが

今回のこの建設工事ではそのような業者は
介在していないようです。

建設工事の費用を少しでも安くしたいと
いう籠池理事長の思惑もあったから
なのでしょうか ・・・

それに関わったある建設業者は今のままだと
2億円の赤字になると嘆いているようです。

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
工事を受注したのは、ここ数年急成長している
藤原工業、自己資本は1億48百万円(2016年
5月期)しかなく、
資金需要が旺盛であると見られ、15億円台の
工事代金を自己資本でまかなうことはできない
引用 http://n-seikei.jp/


<スポンサーリンク> 


森友学園 財務状況


そもそも何故森友学園が私立の小学校設
立に至ったのかという経緯もあると思い
ます。

それは幼稚園の経営が危機に陥っていた
ため、との情報も何処からか聞こえても
います。

森友学園の私立小学校の認可申請では
今から約2年前の2014年の12月に
府私立学校審議会が行われております。

その当時からこの森友学園の財務状況は
かなり問題視されておりました。

「借り入れが今持っているもの
よりオーバーしている」

またその当時に一番懸念されていたのが
入学する予定の児童数が定員の半数に満
たなかったことがあげられます。

少子高齢化のこの時代ですから
本当に生徒が集まるのかと ・・・

この様にお金以前の問題も大きく影響する
可能性も否定できず、開校してからの財務
状況の悪化を不安視されていました。

しかし何故かその翌年の1月に開かれた審
議会では大阪府の事務方より財務の改善や
収支の見込みの判断がなされ認可適当を認
められることになりました。

ここがよく分からないところです。


またその後の異例の国有地大幅値引きには
近畿財務局はもちろんの事、当時の理財
局長であった迫田英典氏が関係している
との噂が ・・・迫田氏は山口県下関市の
角島生まれで安倍総理の選挙区出身。

財務状況以前の問題は


またその財務状況は別としても
幼稚園の経営経験しかないこの学園
そしてそのような経験しかない先生が
ほとんどで

果たして小学児童の教育をちゃんと
していけるのかという事も問題視されて
いたようです。

『本当に何を考えているのか』
そういった強い口調で疑問に感じて
おられる委員の方もおられたようです。

こういった言葉に対しては
籠池泰典理事長は売り言葉に買い言葉
むしろ小学校での経験が少ない教員のほう
が望ましいと答えておられたようですが


国有地貸し付け経緯

2014年

10月31日 森友学園が大阪府私学審に
     新設認可申請

12月18日 大阪府私学審が、認可を保留

2015年

1月27日 大阪府私学審が臨時会合で
     「認可適当」答申

2月10日 国有財産近畿地方審議会が、
     国有地の10年間貸し付け決定

森友学園に破産の可能性は


森友学園は塚本幼稚園など総資産は
8億8000万円にものぼるとも言われて
おりますが。

今後請求されるであろう金額と差し引きま
すと足りていないのが現状です。

今後はその請求金額の支払いをどう
遅らしていけるか?破産の危機を回避
するにはそこらあたりが焦点になろうかと
思われます。

そうすれば塚本幼稚園など既存の
幼稚園を健全に運営していければ
破産の可能性は回避できるのではないかと
思います。

しかしこの問題が表面化して以来
この森友学園の教育方針やその姿勢、
そしてまた以前からの問題が今、表面化し
てしまいました。

そうなると今後の運営については
かなり困難になるのではと思うのです。

今日明日は大丈夫と思いますが
近い将来において破産の可能性が高くなっ
てきているのではないかと感じますが。

また

元々国有地の取得に関しては財務局とは
水面下で交渉されてきていたのではと思
います。

双方の交渉の記録などが一切残っていな
いのですから ・・

ですので今回の問題においては近畿財務
局など国側はもっと追求されるべきとこ
ろがあるのではないでしょうか。

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
財務省の佐川宣寿理財局長は13日午後の
参院予算委員会で、学校法人「森友学園」
(大阪市)に売却した国有地の返還を求め
ると学園側に通知したと明らかにした。
「(学園が)小学校の認可申請を取り下げ
たので、売買契約上の森友学園の義務が果
たせない見込みとなった」
と指摘。その上で「今後、国として土地の
返還を求める契約上の権利を行使すること
になると近畿財務局から学園に伝えた」と述べた。
引用http://www.nikkei.com/

まとめ


ここまで大きな問題になってくるとは
思いもしませんでしたが

今後のことも含めて追及するところは
しっかりと追求していくべきでしょう。