読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

忖度(そんたく)とは?その意味は政治家の安倍総理がよく知っているはず!


スポンサーリンク

大阪府豊中市の瑞穂の国小学院の認可
問題において忖度(そんたく)があったの
ではないか?と野党より安倍総理が問わ
れております。

この政治家に関係した問題において
忖度(そんたく)というあまり聞きなれない
言葉が出てきておりますが

その意味について調てみますと関係する
官僚においてそのような事は普通にあると
いう事が分かりました。

忖度(そんたく)とは


f:id:gx2nkxug426:20170317212218j:plain


ではこのあまり聞きなれない言葉
忖度(そんたく)を調べてみますと
こうでした。

 
 他人の気持ちを推し量ること。

 推察。 「相手の心中を-する」

 https://kotobank.jp/


この言葉のニュアンスでなんとなく
分かったような気がしますが

では、『推し量る』というのはどう
いう意味なんでしょうね。

『相手の心の中を察する』という意味か
なと思いましたが、調べてみますと


 
 ある事柄をもとにして他の事柄の見当をつける。

 推測する。推量する。「相手の胸中を-・る」 。

 http://www.weblio.jp/

となっておりました。

忖度(そんたく)安倍昭恵夫人、総理


今回の私学の森友学園瑞穂の国小学院認
可問題において安倍昭恵夫人が名誉会長
に就任していた事により

その忖度というものが働いていたのでは
ないかと言われているのです。

民進党の福山哲郎参院議員は国会でこう
述べました。

『安倍昭恵夫人が名誉会長に就任して
いる小学校を手続きが出来ないから
と言って

先送りなんかして開校を延長したら
もし学校の認可を先送りにしたら
そら 昭恵夫人に恥をかかしたのかと
安倍総理に恥をかかしたのかと

近畿財務局だって財務省だって忖度する
でしょ!』


忖度が起こるような状況を作ってしまった
事自体に問題がある

事の重大さやまた、このような事が原因
で不透明な手続きが起こりやすくなって
いると言及されました。



<スポンサーリンク> 



これに対して安倍総理は

『名誉校長に安倍昭恵という名前があれ
ばですね 印籠みたいに恐れ入りました
となるはずがないんですよ

忖度した事実がないのに、まるで事実が
あるかとの、ことを言うっていうのは、
これを典型的な印象操作なんですよ』

忖度とは先ほど言ったように
『他人の気持ちを推し量ること』
他人の気持ちを推測、推量することなのです。

ですので今回の場合
近畿財務局や財務省の担当の方でないと
昭恵夫人の気持ちを推測したかどうかは
分からないことになりませんかね

なので安倍総理にこれを聞くのは筋ではな
いようにも思いますが ・・・

忖度 政治家


日本の政治において忖度は絶対ないのか?
安倍総理は今回の問題においては
忖度はないと言い切りましたが・・・

元経産官僚岸博幸さんに言わせると官僚に
は当然出世したいという人が数多くおり
そのような事から政治家や上司に褒められ
たいという気持ちが働くといいます。

要するにこれがまず忖度の要因のひとつ
になっているようです。

彼は現役時代は多くの忖度があった事を包
みかくさず語られました。

ただ『物事』は忖度だけでは動かないと言
われました。

例えばある案件で前例がない場合は理屈が
たつように考えるようです。

理屈が立ってはじめて忖度することになる
ようです。

現在の安倍総理側と財務省の関係性から
忖度が働いたとしてもおかしくないと
疑われております。



<スポンサーリンク> 


安倍昭恵 関係団体


そもそも安倍昭恵夫人が学校の名誉会長に
なっていたこと自体に問題があったという
のがひとつの結論かなと思います。

必ずしもその行為が悪いのではないと思い
ますが総理夫人の影響力は我々では推し量
れません。

夫人は多くの団体に関係していますが
その理由は

「総理夫人という立場だからこそ、私に
会ってうれしいと言ってくださる方がた
くさんいらっしゃる」

少しでも力になってあげたいという
良心の下に行動されておられました。

まとめ


政治家など権力を持つ方に対して忖度が
働くのは当然の成り行きなのでしょうか

しかし『それががない』世の中ってまず
考えられないと思いませんかね。

私のような一般社会でもどこかで
それはあると思います。

しかし今回のように国の税金などが関わる
忖度となるとやはり大きな問題になってく
るようです。



安倍総理大臣がやけに『むき』になって
答弁されていたのが印象的ですが・・・

さてこの問題どのような決着を迎える事
になるのか・・・