yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

忖度問題で籠池氏追及も潰されるのは与党側か!

スポンサーリンク

一連の森友学園問題において『忖度』が
あったのか注目されていますが

良い忖度なのか悪い忖度なのかまず
それをしっかり把握しないといけない

大阪府知事松井氏はそう述べられました。

23日の証人喚問でもその忖度があった
と思うのか?と追及された籠池氏

証人喚問で潰しにかかった与党でありま
したが逆に与党が潰されてしまうのでは
ないか

そんな状況になってきました。

忖度問題 100万円の寄付金の追及


f:id:gx2nkxug426:20170326145754j:plain:w450


100万円の寄付の受け渡しについて
それがあったのかなかったのか

そしてまたそれが園長室で二人きりで行
われたのは本当なのか嘘なのか

現在、籠池氏側と昭恵夫人側とで真向に
証言が分かれています。

その真偽については分かりませんが・・・。


園長室で二人きりになったことはない
と言い切る昭恵夫人側、当時昭恵夫人に
は夫人付(秘書のような役割)が二人お
りその内の一人は

昭恵夫人がどういう会話をしたかメモを
起こす役割を担っているといいます。

ですのでその立場上、その場を外すことは
まず起こりえない!籠池氏と昭恵夫人が二
人きりになるわけがない!というのが今の
官邸側の主張なのです。

谷夫人付とそしてもう一人の方がその
立場だったようですが3年間仕えていた
中で“席を外してくれ“と言われたことは一
度もない、と証言したといいます。

しかし100万円の寄付金を匿名で寄付
するとなれば席を外してもらわないと

そのやりとりの会話がメモされることに
なるかも知れませんし それが

昭恵夫人にとっては後々やっかいな事に
繋がる可能性も否定はできません。

またこの寄付金に関しては「記憶にない」
という言葉を使った夫人に違和感を覚える
人も多く

この言葉により籠池氏の証言のほうが
信憑性が高まったと感じました。

昭恵夫人が「ひとりでさせてすみません」
と言ったか言わないか

それも実際の話、分かりませんが
昭恵夫人が籠池氏の気持ちを忖度して
100万円の寄付金を渡していたとしても
何ら不思議ないと思いますが・・・。



<スポンサーリンク> 


忖度問題で籠池氏の刑事責任は


窮地に追い込まれている籠池氏は証人喚問
で昭恵夫人並びに多くの政治家の協力があり
忖度という力のもとで

『神風が吹いた』

そのようなストーリーを作ろうとしていると
見る方も少なからずおられるようです。

しかしそれは必ずしもストーリーだけでは
ないと感じてきました。

籠池氏の言葉
「8億円も大幅に値引きされたことにはび
っくりした」「国有地取得について政治的
関与があったのだろうと認識している」

まず寄付金100万円に関して言えば
与党と野党の潰しあいの中での話であり
今後籠池氏や昭恵夫人が刑事責任に問わ
れることはありません。

安倍政権を追い込みたい野党と安倍首相に
「しつこい」とある意味裏切られた籠池氏

よってこれまでの真実を話したいと思う籠
池氏の思惑がひとつになってのこと。

また籠池氏はこれまで多くの政治家に陳情
に行っておりますが、その時に金銭の享受
はなかったと証言されています。

ですので政治家が口利きだけをしたという
のが事実のようで、刑事事件にはならない
のです。

今回『神風』が森友学園に吹いたことで8億円
もの値引きになったのですが

そこにはやはり影響力のある大物政治家が関係
していると見るのが普通でしょう

市議会議員より府議会議員に
府議会議員よりも国会議員に

どうせ陳情するならそのように思うのは誰しも
同じでしょう。


▼籠池氏が相談を持ちかけた政治家


①自民党の鴻池祥肇参院議員

袋の中身はコンニャクではなく箱に
入った商品券だったと籠池氏の証言


②日本維新の会の東徹参院議員

大阪府議のころに籠池氏と代理人2人と
府庁で陳情の面会。


③自民党の柳本卓治参院議員、

森友学園の入園式か卒園式に出席。
平成27年の5月籠池氏から電話を受ける。
近畿財務局長をご紹介した。


③北川一成元国交副大臣


<スポンサーリンク> 


松井府知事忖度の説明


f:id:gx2nkxug426:20170317212218j:plain:w450


このように陳情することにより忖度という
力がどこかで働きますが

それが悪いというのならば陳情することを
取り締まる法律を作らなくてはいけません。

そして松井大阪府知事は会見で
こう述べられました。

安倍総理は忖度を認めるべき。今回の問題で
火に油を注いでいるのは総理自身だと言及

そしてそれを認めた上で『いい忖度と悪い忖
度』をはっきりさせなくてはいけない

政治家がやってはいけない忖度とは
法律を犯して一部の人達だけがお金を
もらったりいい思いをすること

しかし一般の皆さんの声を聞いてその声に
そぐう政策をやる

それが本来、政治家がやるべく忖度であると
述べられました。

まとめ


また知っての通りすでに昭恵夫人と籠池氏
の妻諄子氏のメールのやりとりが新聞などで
明らかになっていますが

実はメディアはその中に存在していた民進
党の辻本清美さんとのやりとりのメールは
公表していなかったのです。

という事はそこにもメディアによる民進党
への忖度があったということになりますよね。

この忖度は日本だけの文化ではないと思い
ますが・・・

  f:id:gx2nkxug426:20160918153401p:plain:w50

f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain
特に、その中央集権システムを、安倍晋三の
ような強権的人物が握った場合には、「忖度
文化」の長所はかき消え、短所のみが露骨に
現れる。
我々が、注意すべきは、“和や空気”を共通に
感じる文化、延いては「忖度文化」は、
グローバルな国際社会システムとは異なるし、
中央政府の資質で置いて、強権的人物が政権
を握れば、ほぼ、自動的に作動してしまう、
危険な中途半端な文化やシステムの中で生き
ていると云うことだ。つまり、報道の自由が、
安倍のような強権政治家が権力を握ってしま
えば、「忖度文化」が必要以上に、その効果
を発揮し、政府の都合の悪い情報を矮小化し
たり、聞かなかったことにした理、頼まれも
しないのに、準備を整え、良く思われたい心
が働き出す。
引用 http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/7f9045b0058ff9fd9e8652778ff124c7