読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

バーベキューの服装 山川と海別で失敗しない為の予備知識に!

ライフ ライフ-アウトドア

スポンサーリンク

春から秋までアウトドアの楽しみと言え
ばバーベキューですが

私はその時の服装にいつも気を配ってい
ます。

例えばその日の昼と夕の気温の変化が大
きいと、着ている服装によっては対応し
ずらくなり体調を崩す原因にもなります。

山川、海とシチュエーション別に経験も
踏まえた上で予備知識として覚えてもら
えたらと思います。

バーベキュー服装 山と川


f:id:gx2nkxug426:20170401000223j:plain:w450


まず『山や川でバーベキュー』する場合

その状況にもよりますが足下の悪い場合
も想定されますので、サンダルよりもス
ニーカーなどのほうがいいと思います。

例えばサンダルですと石にけつまずいたり
した場合指先が怪我をすることもあります。

そしてまた素足にサンダルですので何かの
虫に刺されることも考えらます。

山ですとダニに噛まれる場合もありますし
蚊やブヨ、アブなども想定されます。

そのような事からも怪我など避けるべく、
なるべく肌を出さない服装が基本になりま
す。

また通常バーベキューしていますと
火の粉が飛びますし、衣類で身を守る事が
大切になってきます。

季節にもよりますが長袖シャツに長ズボン
にスニーカーが基本スタイルと思っておい
たほうがいいです。

※ただし真夏になりますと昼間は半袖半ズ
ボン、サンダルでも仕方ないと思われます。

私の経験上で服装は

① 夕方の冷え込み

ここからは山川でバーベキューする場合の
服装を経験上から述べてみました。

例えば日中は晴れて気温が20度くらい
だったとしても、夕方になると急に冷え
込みます。

日中は半袖で居られても夕方にその服装
では無理になります。

ニット系などのジャンパーやパーカー
などを別に用意しておくことが大切です。

② 晩春や早秋の虫刺され


これは真夏にも言えることですが
初春や晩秋ではそう気にすることは
ないと思いますが

より夏に近い季節になりますと
夕方くらいから蚊などの虫が猛烈に襲って
きます。

夜にバーベキューする場合は長袖
長ズボンは当然のことですが

必ず靴下を履いておくことです。

 過去の失敗談

 私は数年前に裸足のままでバーベキュー
 したため ブヨ(私の住むところではブト)
 に噛まれて両足が赤い斑点だらけに
 なった苦い経験があります。


<スポンサーリンク> 


③春の紫外線


4月~5月にかけて思いの他紫外線がき
つくなります。どんよりとした天気でも
紫外線は意外ときついのです。

この季節、油断しやすいので日焼けには
くれぐれも注意して欲しいと思います。

日中は暑くとも薄手の長袖シャツを
着ておいたほうが無難かも知れませんね。

またテントを張らずに炎天下でバーベキュー
する場合もありますので

帽子も持参しておいたほうがいいと思います。

それとか例えば山川でも
ビーチパラソルを立てるのも方法です。
ビーチパラソルを立てる簡単な重りが
あります。(強風には弱いですが)

④ 川遊びでうっかりずぶ濡れ


川沿いでバーベキューしていますと
子供はもちろん大人でも川で遊んだりする
事になりやすいです。

そういう時にうっかりバランスを崩して
びしょ濡れになってしまう事があります

ですので必ず予め服装の着替えを用意して
おくといいと思います。



<スポンサーリンク> 


バーベキュー服装 海


f:id:gx2nkxug426:20170401000241j:plain:w450


海でバーベキューする場合初夏から初秋
にかけてが一番多くなるのかなと思います。

ですので半袖シャツに半ズボン、サンダ
ルというスタイルになりやすいのかなと
思います。

バーベキューは火を使うので基本
肌の露出は避けておきたいのですが

こと夏のバーベキューとなるとそうはい
きません。

長袖や長ズボンで汗だくになるのも
嫌ですからね

男子ならTシャツにバミューダパンツ
でもいいと私は思います。

何度となく海でバーベキューしてきました
が特にそのようなスタイルで問題になった
事はありません。

ただすることがバーベキューですので
炭が付着したり焼肉のタレが服についたり
することもありますので

なるべく汚れても構わない服装を選んで
おいた方が無難だと思います。

あと海沿いですので陽射しが海から照り返
され真横からも襲いかかります。

ですので、山川でバーベキューするよりも
肌がシミとかになりやすいと思われます。

気になる方は薄手の長袖シャツを着られた
ほうがいいと思いますよ。

もちろん日焼け止めクリームは必須です。
また日射病にかからない為にも帽子も
用意しておきましょう。

また初夏から初秋以外の時期の場合ですと
天気が良くても海上から冷たい風が吹く
場合が想定されますので

そういった時期にはもちろん
長袖シャツに長ズボンが基本になります。


 過去の失敗談

 私の友人が京都市から地元のバーベキュ
 ー大会にやってきましたが上着にシャツ
 1枚しか持ってきておらず

 海から吹き付ける冷たい風に最初から最
 後まで震えあがっておりました。

まとめ


では以上のことをまとめてみますと

 

 山川

 ① 長袖シャツに長ズボン

 ② 靴下にスニーカー

 ③ 上着にパーカーや薄手ジャンパー

 ④ できれば帽子も

 ⑤ 着替えも忘れずに

 ※ただし真夏は半袖半ズボン可

 

 ① 半袖 半ズボンでも大丈夫

 ② 素足にサンダルでも大丈夫

 ③ 帽子を忘れずに

 ④ 日焼けに特に注意

 ※ただし春秋は天候次第で長袖長ズボン

とにかく想定される幾つかのケースを
頭に入れておくことが大切だと思います。

せっかくの楽しいバーベキューが面白く
なくなってはホント残念ですからね♪