読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

皇嗣とは簡単に言うと皇位継承順位1位の意味!

皇室

スポンサーリンク

今上天皇陛下が生前退位されますと
現在の皇太子徳仁親王さまが即位される
こととなります。

そうなりますとその現在の皇太子さまの
役割を弟宮の秋篠宮殿下さまがお継になら
れ皇位継承順1位となられます。

しかし秋篠宮殿下は皇太子を名乗ることが
出来ないため秋篠宮皇嗣(こうし)殿下と
いう呼称に決まったようです。


皇嗣とは簡単に


f:id:gx2nkxug426:20170414195918j:plain:w200

引用元http://www.saiseikai.or.jp/


その皇嗣とは簡単に言うと皇位継承順位
1位の意味を持ちます。

要するに現在の天皇陛下が亡くなられた
場合その跡継ぎの方を意味する言葉にな
ります。

一般的には天皇陛下の長男にあたり
その方を皇太子と呼びます。

現在は今上天皇の長男になられる徳仁親
王がその皇太子になられます。

2017年の4月現在においてはこの
徳仁親王が皇太子でありまた皇嗣という
立場におられます。

皇嗣に秋篠宮殿下


今上天皇が生前退位されることにより
現在の皇太子さまは天皇陛下に

そして現在天皇継承順位2番目の
秋篠宮さまは継承順位1番目となり
その皇嗣というお立場になられます。

ところが皇室典範に習えると
秋篠宮殿下は「皇嗣たる皇子」ではない
ため皇太子を名乗ることができません。

皇室典範によりますと皇太子の定義は
こうです。


第八条 皇嗣たる皇子を皇太子という。
皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を
皇太孫という


現在では今上天皇陛下の長男浩宮殿下
(皇長子)が皇太子という呼号を使う
ことは当たり前ですが

今後、弟になる秋篠宮さまはこの称号を
名乗ることはおかしい事になりますよね。

ですので秋篠宮皇嗣殿下という称号を
名乗ることに決まったようですが

皇太子を名乗れないのだったらば現在の
秋篠宮殿下のままでも良いと思うのですが

調べてみますと、どうやら皇位継承順位を
『より明確にするため』にその称号に
決まったようですね。

また仮に皇太子浩宮殿下の長女愛子さま
が仮に男子だったとすれば皇位継承順に
したがい愛子さまが皇太子さまになられ
ていたという事になります。

また現在の状況ではこのように今上天皇
陛下の生前退位により皇太子がいなくな
るという事になりますが

歴史を振り返りますとそう珍しい事でも
ないようですね。



<スポンサーリンク> 


今後の秋篠宮皇嗣一家は


皇太子さまの東宮家と秋篠宮家では
年間使われるその内廷費や皇族費に
かなりの差がありました。

内廷費は天皇皇后両陛下や皇太子一家
に使われる生活費などのことを指し

皇族費はその他の宮家 秋篠宮さまを
筆頭に常陸宮、高松宮、三笠宮、桂宮
、高円宮に使われる生活費などになります。

名目は違いますが現在では皇太子さま
と秋篠宮さまに使われるその費用には
かなりの差があり、ある意味問題視する
所もあったと思います。

秋篠宮殿下また妃殿下の年間の多忙な
ご公務などを考えると皇太子一家と何故
それだけの開きがあるのか

ちょっと理不尽な面も多かったと私は思います。

しかし今回天皇の生前退位によりその
後は秋篠宮家も現在6000万円余りの
皇族費から

現在の皇太子さま並みの費用が充当される
事が決まったようです。

それはそれで本当に良かったというのが
正直な私の感想ですが

しかし今の皇太子さまが天皇になられると
現在まで行われていた皇太子さまのご公務と

そしてこれまた、今まで行われていた
秋篠宮さまのご公務

この二つがのすべてが秋篠宮皇嗣両殿下
の『負担となってはきやしないかと』懸
念するところではあります。

まとめ


皇室の方々は通常、私達一般市民の知ら
ないところで日々活動をされております。

その気苦労は私などには分からない
ほど大変な物であると思います。

政府及び宮内庁には、今後の秋篠宮皇嗣
両殿下の負担を、なるべく少しでも和ら
げるような処置を考えて頂きたいと思いました。