読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

ズブズブの関係とは? 意味や由来は森友学園問題そのものだった!


スポンサーリンク

先の国会において民進党福島伸享議員が
安倍昭恵首相夫人と財務省の関係を

「ズブズブの関係」と指摘しました。
それに対し安倍首相は品の悪い言葉を
使うのはやめたほうがいいと

余裕の答弁を返されましたがその心中や
いかに・・

ずぶずぶの関係と聞くと、切っても切れない
仲とかそんな関係性に思いますが

その本当の意味や由来などを調べてみました。

ズブズブの関係とは その意味


f:id:gx2nkxug426:20170512200633j:plain:w450
引用元 https://mainichi.jp/


ズブズブの関係の「ズブズブ」って
それなりに使う言葉ですが

一般的に私が思う所では

水や泥に沈んでゆく様子とか、
ひどくぬれてしまった物とか
そのような意味になると思います。

例えば「ずぶ濡れになった」はよく使う言葉
ですよね。

また単に「ズブズブ」という言葉の意味から
調てみますと、コトバンクによれば

水や泥に沈んでゆくさまや、正体なく酔ったさま。
ぐでんぐでんとかを意味しているといいます。

また形動詞では
切りたくても切れないような関係にあるさま
となっています。

実はこの言葉が今回の意味するところの答え
なのですが

でそのように「ズブズブ」にはすでに関係という
意味合いも込められているという訳ですが
それに更に関係という言葉をつけたのが

「ズブズブの関係」という言葉ですから

よっぽどの関係だと言いたいのでしょう。


またウェビオによりますと
堕落・腐敗した関係。職業倫理にもとる
交際相手を持つことを意味するようです。

またその類義語では政治に関係する所で
黒い交際、黒い関係や権利関係の癒着、汚職など

金銭問題を思わせる言葉がずらり並んでいます。

ズブズブの関係とは? 由来


ズブズブの関係という言葉にも当然
ながら由来というものがあるでしょう。

その言葉が生まれる事になった経緯が
そこにあるはずです。

例えばスポーツ選手がよくする
「ガッツポーズ」がありますが、

それは元プロボクサーのガッツ石松選手が
勝利の際に両手を突き上げるポーズを
とったからという説があります。

それにより「ガッツ」と「ポーズ」という
全く別々の単語が一つの言葉になり
「ガッツポーズ」という言葉が生まれたと
いいます。

※ただしこれについてはそれ以前から
そのような言葉があったという説もあり
定かではありません。


まあ、そのように今普通に私たちが使って
いる言葉の中にはそのような言葉が非常に
多いです。

「ズブズブの関係」そのような言葉が使わ
れるようになったのにもその由来がどこかに
あると思います。

ただ調べてみるといつから使われだした
のか、また誰が最初に言い出したのかは
残念ながら分かりませんでした。

ただ思うにその言葉が生まれた由来は

ズブズブという言葉が本来持つ意味を
ある二人の人間の関係性になぞらえて
その言葉が生まれたのだと思います。

「泥のよう」とか「泥にはまって抜け出した
くても抜け出せない」という意味を持つ
ズブズブですが

それを「切りたくても切れない、そして
泥のように汚い関係性」と例えたのだと
私は思います。



<スポンサーリンク> 


ズブズブの関係とは? 森友や安倍は


民進党福島議員が昭恵夫人と財務省の関係
をズブズブの関係と言い放ちました。

ズブズブの関係というと「切りたくても切れない
仲」という事が分かったのですが

しかしそれが今回の森友学園問題のみの
仲ならば

そこまでの表現は安倍首相の言うように
品がないというのも正解かなと思います。

ただこの件に限らず、昭恵夫人の存在により
日本のどこかのある団体が、忖度という力の
下で何がしかの交付金を受けやすくなってい
のも少なからず事実だと思います。

そういう状況もひっくるめて昭恵夫人と
財務省の関係を民進党はズブズブの関係と
皮肉ったのではないかと思いますが・・・

まとめ


ズブズブの関係をあなたも目の当たりに
してきたことはありませんか?

私の場合、そこまでとは言えませんが
それに近いものは見てきました。

自治体と企業、また企業同士では、
お金が絡む事がほとんど、そのような
関係性が生まれやすくなっています。

現在では過去ほどではありませんが
まだまだそのような事は起きている事でしょう。