yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

小室圭さんの父親の死因が週刊新潮で明らかになったが・・・!


スポンサーリンク

眞子内親王殿下の婚約者である小室圭さん
現在は神奈川県横浜市在住ですが

その小室圭さんの父親が早くに
お亡くなりになっていたらしいのですが

その死因など経緯が週刊新潮により明らか
にされたようです。

小室圭さんの父親の死因


f:id:gx2nkxug426:20170525233111j:plain:w450
 
引用https://www.daily.co.jp/

小室圭さんの母親についてや、またこれ
までの圭さんの経歴などについてはかなり
の情報が出ていました。

そんな中で小室さんの父親については
早くに亡くなられたというのみの情報で
その死因などについては明らかにされて
いませんでした。

私のみならず、そのあたりを気になさって
いた国民の方も多くおられたと思います。

その死因を隠さなければいけない理由って
あるとすれば

あまり良い亡くなられ方では、なかったの
ではという推測が出来ます。

また当然、どんな亡くなられ方であっても
小室圭さんや彼の母などに考慮されて
死因などの情報は隠されたとしても
「おかしくはない」とも思いますが。

実は小室さんの父親は横浜市役所に勤めて
いた

1988年ごろ体調を崩され、圭さんが
10歳のころに河川敷で亡くなられていた
ようなのです。

その頃の父親は会社を欠勤がちで精神的に
病んでおられたようなのです。

そのような状態が改善される事なく
結果的に悪い方向に動いてしまわれたのです。

父親は実家で静養された後に自宅に戻られた
ようですが、その休養も病状改善とまでは
いかなかったのです。

小室圭さん父親など 週刊新潮


小室圭さんの父親の死因について書かれた
週刊新潮記事ですが

祝砲の不協和音/「お母さんは僕が守る」
10歳の圭君を強くした父の悲劇 の題名で
掲載されたようです。

その他にも眞子さまや皇室関係の記事が
多く掲載されるようです。

そして不協和音という意味深なワードを
使って見出しになっているので
非常に気になるところではあります。


ここまで
小室圭さんと眞子さまの仲睦まじい
エピソードはテレビなどの表向きの
メディアでは多くとりあげられますが、

ちょっとスキャンダル的なネタについては
なかなかテレビで報じられるものでも
ありません。

なのでテレビなどでは実際の部分って
本当に分らない所って色々あると思います。



<スポンサーリンク> 




しかし小室圭さんや彼の家族のみならず
私たちの周囲でも、様々な家庭の状況って
あると思います。

私の身近な知り合いでも3人ほど小室さんの
父のように命を失くされています。

しかしその残されたご家族の方は深い悲しみ
を背負いつつも日々懸命に生きておられると
感じます。

小室圭さんも10歳の時に父を失くされて
おります。

10歳の若さでで父親を亡くすって
本当に耐えがたい深い悲しみを感じて
おられたことだと思います。

もし私がその立場だったとしたら
想像もできませんが、その後の人生に
なんらかの影響を与えてしまうような
出来事になっていたのではと思います。

小室さんはそれ以降、母を支えることを
決意されこれまで努力されてきておられる
と感じます。

また巷では「相応しくない」というような
コメントも見られるようですが、

じゃあ本当に相応しい人が他にいたとしても
幸せな結婚生活が送れる保証はどこにも
ありません。

皇室の方が結婚されるのだから
相応しい人って大事な事なのかも知れ
ませんが、

今後は結婚で皇室を離れることになる
眞子さまの、その後の生活が良い方向
に向かっていって欲しい

私としてはそう願う事しかできません。

まとめ


今秋に婚約される予定が前倒しで
今夏になると宮内庁山本長官から
発表がありました。

「婚約の準備が進ん でいることが一斉
に報道され、公知の事実となったため」

ただ具体的な日取りはまだ決まっていない
ようです。

眞子さまが皇族としての役割を終える日が
着々と進んでいると感じます。

なんだか日々寂しさも増してきていますが・・・