yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

とれとれ市場(センター)舞鶴で海鮮丼なら「ととや」!祝20周年を丼で祝ってみた!


スポンサーリンク

京都府は舞鶴市にあるとれとれ市場(センター)
1997年今から20年前に開業したこの
市場が今年で20周年を迎えています。

20年前の舞鶴というと個人的にも
いろいろと思い出がありますが、

それと同時期に開業したこの市場が
もう二十歳になると思うと感慨深いものが
あります。

今回はその市場を久しぶりに訪れ「ととや」
さんで海鮮丼を食べてみました。

また当日はセンターの駐車場内で陶器の
販売も行われておりました。

とれとれ市場(センター)舞鶴


f:id:gx2nkxug426:20170528222103j:plain:w450


とれとれ市場は1997年の1月に
開業し、その後道の駅に登録され
道の駅舞鶴港とれとれセンターになりました。

開業初年度は82万人2年目は135万人
と好調しに推移しましたが、その後は
伸び悩み頭打ちになった事もありましたが

現在ではほぼ毎年80万人前後の来場者が
訪問されています。


とれとれ市場(センター)舞鶴

住所 京都府舞鶴市 下福井905番地

駐車場 普通車:75台(全体200台)
    大型車:8台
    身障者用:4台

f:id:gx2nkxug426:20170528222807j:plain:w450


海鮮丼を「ととや」で


f:id:gx2nkxug426:20170528220833j:plain:w450


当日私が食べた海鮮丼はこちら!
ネギトロいくら丼です。

最近いくらを食べていなかったので
思いっきり食べてみようと思いこの
ネギトロいくら丼に挑戦

価格は1600円!このイクラの量
ですから、それなりの値段になっても当然
でしょうね。
 
この丼、ネギトロの甘味とイクラの旨味が
混じりあい更に美味な味わいがありました!

すいすいと海鮮丼が喉を潤していくでは
ありませんかっ。

またこの海鮮丼には生姜が付いています。
これまで食べてきた海鮮丼には生姜が付いて
きたことはなかったので

ちょっとどうかな?という感じだったので
あまり食べれませんでしたが・・・

因みにネギトロの由来って知っておられますか?
実はこのネギトロというその言葉の意味する
ところですが、

職人がマグロの捨てる部分(中落ち)を削り
とった事から、そのような言葉が生まれたと
言われています。

その様子はまさに『ねぎとる』って感じだった
ようですよ。



<スポンサーリンク> 


とれとれ市場「ととや」混雑


f:id:gx2nkxug426:20170528221647j:plain:w450
画像は食事後のととや


そのとれとれセンター建物の向かって右側、
入口入って右側にあるのが「ととや」さんです。

観光シーズンの真っ只中、そして週末とも
なれば大勢の観光客の方が多くこられます
ので

お昼頃になりますと、当然大変混雑します。
私が行ったこの日もお昼すぎでしたが

お店の前に列ができていて、また店内を
見るとほとんどの席が埋まっていました。

ということで仕方なくセンター内を見学しな
がら混雑が解消するのを待っていたら

その後、うまい具合にお客さんの波が途切れ
座席に座ることが出来ました。

また「ととや」さんは座席数が少ない
のですが、商品を受け取った後 店外にて
食事することもできます。

とれとれセンター内や外に設置してある
テーブルや椅子を利用し、食事されたらと
思います。

※食後は食器を店内に戻してください。

「ととや」メニューや値段はこちら


f:id:gx2nkxug426:20170528221806j:plain:w450


主なメニューですが

丼類

① ウニ丼     1550円
② ウニいくら丼  1750円
③ ウニサーモン丼 1650円
④ ウニねぎトロ丼 1650円
⑤ ウニ明太子丼  1650円

麺類

① きつねうどん、そば  520円
② 山菜うどん、そば   520円
③ 天ぷらうどん、そば  570円
④ にしんうどん、そば  620円


「ととや」の海鮮丼の具の構成ですが
主にウニ、イクラ、ネギとろ、サーモン
明太子らでつくられています。

ブリやイカ、エビ、タイなどはないよう
ですね。

それらは主に刺身などで提供されているようです。

その他の海鮮料理屋は


とれとれ寿司がこちら!


f:id:gx2nkxug426:20170528222017j:plain

まとめ


当日は敷地内で陶器の販売もされており
駐車場は満車状態になっていました。

天気も良く行楽日和だったので
尚更だったのでしょうね。

また今年で20周年を迎えたとれとれ
センターではありますがすが

30周年40周年と、この先も地域の
活性化のために存続してもらいたいものです。