yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

女性宮家の問題点 愛子さまと眞子さまで考えてみた!その結果・・・


スポンサーリンク

女性宮家創設にはいくつかの問題点が
あります。

次期天皇陛下になられる皇太子さまには
長女愛子さまがいらっしゃいますが

現行の皇室典範第1条に照らし合わせると
愛子さまが天皇陛下になることは出来ません。

「皇位は、皇統に属する男系の男子が、
         これを継承する。」

また将来的に考えますと
秋篠宮悠仁さまが天皇陛下になられますが
、その後の皇位継承にもまだまだ問題が
起こる可能性があります。

女性宮家の問題点とは


f:id:gx2nkxug426:20170602204141j:plain:w450
引用元https://www.news-postseven.com/


民主党 野田政権時代に
すでに議論されていた「女性宮家」

その宮家創設の問題点とは何なのか
なのですが

答えは実に簡単でありまして
『女系天皇を認めるか否か』その1点に
つきると思います。

要するに現在の皇室典範では
男系の男子のみが天皇になれるわけですが

その女性宮家を創設してしまいますと
婿に一搬の国民の方が入られる事になり
ます。

そうなると血の流れは男系ではなく
女系という事になります。

例えばその女性宮家に生まれた親王(男子)、
内親王(女子)いずれかが

その後、もしもですが

天皇になったとした場合、性別に関係なく
女系天皇が誕生するという事になる訳です。


即位した天皇が男女の性別関係なく

男系天皇 ⇒ 父が皇室の血をひいている

女系天皇 ⇒ 母が皇室の血をひいている

女性宮家の問題点 愛子さま


先ほど述べたように現皇室典範では
女性が天皇陛下になることは出来ません。

ですので現行では愛子さまが天皇になる
ことは今後まずないのですが

過去を振り返りますと
秋篠宮悠仁さまが誕生されるまでの間は
女性天皇を容認すべきではないかと
かなりの問題になっていました。

それらの理由はこれです。


f:id:gx2nkxug426:20160327213011j:plain

「皇位継承権をもつ方はどんどん減って
いて、今では1位から順に皇太子さま、
秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さま、
三笠宮さまのたった5人です。しかも、
そのうち常陸宮さまは今年で79歳、
三笠宮さまは99歳になられます。天皇は
男子に限る、などと言っている余裕は、
現実的に考えてありません」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39874?page=3

※現在では
三笠宮さま100歳没
三笠宮さま現在81歳

次期天皇陛下になられる皇太子さまの
長女愛子さまの女性天皇を認めるべきでは
ないかと ・・・

また歴史上、明治以前には10人の男系の
女性天皇がいました。

なので愛子さまが男系の女性天皇に
なっても問題がないような気がします。

しかしその後、愛子さまが婿をもらって
子供が生まれた場合

その子供が皇位を継承した場合
その子の男女性別に関わらず
女系天皇が誕生することになる訳なの
です。

これまで万世一系と言われ、男系の子孫
が天皇になり天神地祇を祀ることが
天皇家の役割とされています。

その原則原理を破ることになるのです。

そういった問題も想定した上で女性天皇
、女性宮家を認めるわけにはいかないと
言うのが現在の状況になるのです。


過去の女性天皇はあくまで次の男系男子
天皇への繋ぎとしての役割を担っており
ました。そして、生涯独身で子も産まな
い女性天皇もおられたのです。



<スポンサーリンク> 


女性宮家の問題点 眞子さま


また現在、皇族数の減少の影響による
皇位継承の問題もさることながら、

今後、皇室の公務の継続にも支障を
きたす恐れがあることから

婚約が決まり、皇室離脱が予定される
眞子さまの女性宮家創設についても
議論される事となってきました。

眞子さまが婚約者の小室圭さんを婿と
して迎え入れ女性宮家を創設するという
案が浮上しているのです。

ただこの案についても
先ほどの愛子さま同様に生まれてきた
子供は女系皇族となるわけです。

もしかこの先、眞子さまを含めて
もし女性皇族の方が次々に女性宮家を
作られたと考えた場合

その中には当然、何人か男の子が生ま
れてくる事でしょう。

そういった時に必ず、皇位継承において
「天皇陛下はこの男の人でいいのでは」
という話になっていく可能性が高く
なるわけです。

そうなるとやはりここでも女系天皇の
問題に行きついてしまうのです。


皇族方の宮中祭祀やご公務などの遂行
において今後問題点も浮上してくる
のかも知れませんが

それを女性宮家創設により対応させる
事は後々の皇位継承問題において
物議を醸すことに繋っていくと思われます。

また小室圭さんを一般国民から夫として
皇室に迎えいれる事になるのですが

過去に遡ってもそのような例がないため
その夫を皇族として認めて良いのか、
どうかについても議論される事になって
くると思います。

まとめ


要するに女系天皇さえ認めてしまえば
皇位継承については今後、そんなに
大きな問題にはならないと言う事です。

ですので女性宮家創設についても
そんなに大きな問題とはなりません。

しかしながら神武天皇以来二千六百
有余年続く万世一系の原理を破る事は
日本の根本をも覆すこととなりかねない
とも言われております。

天皇はその血統がすべてであり
その星の下に生まれてきた者しか
なり得ないもの。

確たる理由というよりも、歴史的な事実
に重きを置いている。

世界にも例をみないこの万世一系の
神話を神秘的と捉えますが

ただその裏では側室という制度があった
事を忘れてはいけません。

現在と過去では状況があまりにも違い
すぎているのです。

★現在の女性皇族

東宮家  愛子内親王 15歳

秋篠宮家 眞子内親王 25歳
     佳子内親王 22歳

三笠宮家 彬子女王  35歳
     瑤子女王  33歳

高円宮家 承子女王  31歳
     絢子女王  26歳