yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

安倍晋三内閣加計学園で総辞職!疑獄事件その証拠とは!

スポンサーリンク

安倍晋三内閣が加計学園問題で
総辞職に追い込まれるのか!?

小沢一郎代表が加計学園や森友学園
に関わる内閣の疑獄問題を最重要視

安倍晋三首相を内閣総辞職に追い込む
と意気込んでおります。

加計学園に関わる一連の問題は現在
疑獄と捉えられていますが、
その行末は一体どうなるのでしょうか。

安倍晋三内閣と加計学園疑獄


f:id:gx2nkxug426:20170520151414p:plain:w450

今回疑獄と言われているこの今治市に
おける加計学園獣医学部の大きな問題ですが

で、何が一番問題なのか簡単に言うと

「事前に加計学園ありきで話が進むでいたのでは?」

という事になります。


その一連の流れについてはこちらの記事の
中段の部分を読んでください。
加計学園問題で疑惑を報道しないのはなぜだ?


愛媛県今治を国家戦略特区として
獣医学部を設置する上で加計学園ありきで
話をすすめていた可能性があると言うもの
です。

安倍晋三首相と加計学園加計孝太郎氏が
友達だったことが問題なのでしょうか・・

もちろん それが一つの原因だったのかも
知れません。

また安倍昭恵夫人が加計学園の名誉園長
になっておられるようですが

それが要因となって忖度が働いた場合も
否定はできませんが

もしそうであったとしてもそれで内閣を
総辞職に追い込むことも出来ないでしょう。

加計学園の資料から証拠が出るのか


前川前文科省事務次官による衝撃の発言
「総理のご意向」とされる文書について
前川氏は本物だと証言されたのです。

その証言の中で氏が問題視されているのは
加計学園ありきで話がすすめられていた事
でした。

それをこういう言葉で表現されていました。

「行政が歪められた」


2016年9~10月の記録とされる「文書」の中
では、内閣府側が今治市に言及するこんな
文言がある。

「今治市の区域指定時より『最短距離で規制
改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状
況で、これは総理のご意向だと聞いている」

「平成30年4月にこの学部を開学するのを大
前提に、逆算して最短のスケジュールを作成
し、共有いただきたい。成田市ほどは時間は
かけられない。これは官邸の最高レベルが言
っていること」
引用https://headlines.yahoo.co.jp/



<スポンサーリンク> 


加計学園問題 文科省再調査


総理のご意向文書は官邸側によると『怪文書』
と言われており、当初は無視する予定だった
と思われます。 しかしながら

いよいよ無視することが出来なくなった状況に
陥った官邸側は文科省に再調査を命じたようです。
※しかし第三者介在せず。

下村大臣によりますと国会開会中の18日まで
にそれをすると言いますが

もしそれがあったとしても
正しいかどうかはその先の話と萩生田光一官房
副長官は言っているというので

この疑獄問題をうやむやにしてしまおうと言う
算段かも知れません。


また今回の調査においては共有ファイルから
個人ファイルまで調査をするといいますが・・・

しかし第三者がいない調査ってどう思いますか?

そして今回は文科省において再調査が行われます
がその指示を出したと思われる

官邸側についても調査しなくてはならないのでは
ないかと羽鳥モーニングショーの玉川徹氏の
発言です。

今治市が開示した7840ページの資料


また愛媛県今治市が開示したと言われる
7840ページの資料の中において

「加計学園ありき」で進んだか否か
判断できそうな資料が見つかっていますが

その資料において重要な部分においてはすべて
黒塗りされておりました。

獣医学部新設においては4つの条件が必要と
されております。


① 既存の獣医師養成でない構想
② ライフサイエンスなど新たに対応
  すべき分野での需要
③ 既存の大学、学部では対応が困難
④ 近年の獣医師の需要動向も考慮

これら4つの重要な部分においての
資料がすべて黒塗りになっていたのです。

この黒塗り部分についての理由として
今治市はこう述べておられます。


国家戦略特区の事務を進める上での支障
関係機関との信頼関係を損なわないため

また沢山の資料の中で内閣府からの疑惑の
メールが届いていることが確認されています。

2016年の8月3日に今治市の職員
充てに届いたものですが


その内容は

このような状況を改善すべく各者で
スケジュールの共有を図り当事務局
からも、そのスケジュールに
合わせ進捗を確認できる体制をつく
るべく、北九州市の別添データを参
考に、今治市のスケジュール表を
作成願います。

そしてその翌日にそのスケジュール表が
早くも完成していたのが驚きなのですが

もっと驚いたのがそのスケジュール表に
平成30年4月開学予定と書かれていた
事なのです。

もちろんこのようなスケジュール表を
京都産業大学も作っていたなら話は
別ですが

加計学園ありきで話が進んでいた事を
差し示している一つの証拠と考えられると
思います。

今治市の職員によれば内閣府の主導のもと
でこのようなスケジュール表を作ったと
証言されています。

ですのでメールを貰った翌日にスケジュール表
を完成できたというのが事実のようですが・・・

因みに山本内閣府特命担当大臣によると
「平成30年4月開学予定」
この件については事前に申し上げていないと
述べているのです。


また加計学園は今治市に決定する前の
昨年10月に建設現場においてすでに
ボーリング調査も始めていたと聞きます。

この疑獄問題もう加計ありきとしか思え
ませんよね。

安倍晋三内閣 総辞職


国家戦略特区の獣医学部設置において
加計学園か京都産業大学になるのか

まだ決定していない時期に、すでに加計学園
ありきで話が進んでいると思われる資料が
どんどん出てきています。

これらの事実において、もし百歩譲ったとして
『行政が歪められた』とは言わないまでも
行政が歪んでいない とは言えないでしょう。

特定秘密保護から安保法、共謀罪法案まで
閣議決定、強行採決と
安倍内閣のやりたい放題したい放題では

今後も行政が歪められていく可能性は
限りなく高いと思います。

首相は本来の『リーダーシップの意味』を
間違われているのではないでしょうか。

「国民に共感してもらえる目的を、
    しっかり明示すること」
そう述べておられますが

現実では政治を私物化、もしくは国を私物化
してしまっているとしか思えませんから

共感なんて一体どこにあるんでしょうか・・・


蓮舫代表会見「総理の友人、総理夫人の友人、
近しいひとに特例の措置が講じられてないか
明らかにすべき。国民でなく総理や内閣を見
て仕事をしてるのなら管理の問題もあるので
内閣総辞職に値する。最終的な責任は総理に
ある。責任の取り方はたったひとつ」
引用http://健康法.jp/archives/


こちらの記事も読まれています
内部告発と守秘義務違反 前川喜平前事務次官はがんばれるのか!?
豊田三郎元文部科学省の経歴とは!?クロ現で仲良しクラブが明るみに!