yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

藤井聡太四段の中学校名は中学高校一貫の名古屋大学教育学部付属!


スポンサーリンク

神武以来の天才の再来と呼ばれる
中学生棋士藤井聡太くん

その天才棋士の代名詞である先輩
加藤一二三九段の引退の花道を自身
タイ記録の28連勝で飾ったのです!

その藤井聡太四段の現在の中学校名や
またそれに至るまでの彼のエピソードを
ふり返ってみたいと思います。


藤井聡太四段の中学校名は


f:id:gx2nkxug426:20170621203934j:plain:w400
画像引用http://www.hochi.co.jp/


藤井聡太四段が現在通われている
中学校は愛知県名古屋市千種区不老
町にある

『名古屋大学教育学部付属中学校』
に通われています。

この中学校は中学高校の一貫校になって
おり、藤井聡太君はエスカレーター式に
来年には高校へ上れると言われています。

調べてみますとよほどのことが
ない限り藤井四段は高校へ進学できる
ようです。

で、「中高一貫校」と聞きますとそのように
エスカレーター式と考えますが

ただ実際の問題として成績がもし悪くても
高校へ上れたとして

今度は卒業できるのかどうかという問題
が出てきます。

偏差値の高い中高一貫校に入学しても
その後は、入学したことによる安心

そしてまた多感な思春期ですので
その後全く勉強しなくなることもあるのです。

そうなると中高一貫校の中学にいたとしても
別の高校を受験しなくてはならなくなる
そういう場合もあると思います。

しかし藤井聡太君の場合、授業においては
先生が次に何を教えてくれるのかまでが
すぐに把握できてしまうとさえ聞きます。

そんな彼は学校から帰ってもほとんど将棋の
勉強しかしていないようで

彼の母も高校進学については少し心配して
いるようですが

すでに将棋のプロ棋士として自立できている
彼に学歴は必要がないと私は思いますが・・・



<スポンサーリンク> 


藤井聡太四段 小学校や中学のエピソードは


では何故、藤井聡太四段が中高一貫校の
名古屋大学教育学部付属中学校を受験
されたのでしょうか

その時の思いを彼はこのように語っています。


「中学受験をするかどうか考えていたん
ですけど、知人が同じ学校に通っていて
、『いいんじゃない』
と。塾に行かないといけないような問題
形式ではなかったのが良かったです。」

中学受験を、特にしたい訳ではない。
そしてまたその学校は塾に行かないと
いけないような問題形式ではない。

その頃から藤井聡太四段は将棋の勉強
をする時間をなるべく多く取りたいと
思っていたのだと思います。

なので、高校受験のない中高一貫校を
選んだ、そしてまた塾に通わなくても
いいとされる中学を選んだのだと私は
思います。

寝ても覚めても将棋一筋の藤井聡太くん
の思いがそこにあったのでしょう。

藤井聡太四段の小学校時代


彼は2012年9月に杉本昌隆七段門下で
プロの卵とされる奨励会に入りましたが

その2年後の2014年には小学生11歳にして
で初段に昇格しました。

昨日引退された天才棋士加藤一二三九段
でも12歳でしか達成できなかったその記録
を更新していたのです。

因みに羽生善治三冠は奨励会に入ったのは
小学6年生のときで、その時はまだ6級でした。

当時小学校4年ですでにプロ棋士としての
自覚が彼にありました。

彼のある作文の中の言葉がこれ!


ぼくは奨励会の初段になった。四段になれば
プロ棋士だ。
近いようにも聞こえるが、上に行くほど厳しく
なる世界だ。一つの負けで一気に昇段が遠のい
てしまうこともある

また面白いエピソードがこれです。
「もしも5億円あったら」どうする
という質問に彼は

『積み上げて天井にとどくか実験する』

彼が5億円を手にするのもそんなに
遠い日ではないと思います。

この藤井四段の凄まじいまでのスピード
昇段は当時からかなり注目されていました。

渡辺明永世竜王、棋王や豊島将之八段の
昇段ペースを上回っていた事から

その渡辺明棋士以来の中学生棋士誕生は
間違いないとされていたのです。



<スポンサーリンク> 


藤井聡太四段の学歴などプロフィール


f:id:gx2nkxug426:20170621202322j:plain


藤井聡太 2002年 7月19日生まれ
年齢   14歳
出身   愛知県瀬戸市
師匠   杉本昌隆七段

家族構成 父、母、兄の4人家族

愛知県瀬戸市立效範小学校
名古屋大学教育学部付属中学校

岡山県倉敷市にて開催された
「第10回全国小学生倉敷王将戦
(低学年の部)」において、見事
優勝の栄冠に輝いた藤井聡太くんが
、市長を表敬訪問しました。

 史上最年少名人になった谷川浩司
九段が好きな藤井くんは、「将来、
プロ棋士になりたい」と照れながら
抱負を語っていました。

市長は「将来の名人と握手ができた。
今から将来が楽しみです。」と激励し
ました。小学校3年生の藤井聡太くん
将棋の全国大会で優勝

引用元http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2011091600053/files/

まとめ


どこまで連勝記録が伸びるのでしょうか・・
そしてまた藤井四段は今後どこまで
大きく成長していくのでしょうか。

本当に楽しみな存在となってきましたね!