yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

下村博文元文科相スキャンダルこれ!加計学園が口利き依頼で安倍内閣ジエンドか?!


スポンサーリンク

明日発売の週刊文春にて、加計学園が学部新設
を巡り文科省に対応するよう

下村博文元文科相に口利きを依頼していた
新事実が発覚しました。

第1次安倍内閣時に官房副長官だった下村
氏はその後 第二次安倍内閣で悲願の文科
大臣に就任。

首相と同じ派閥でありまた同い年という事も
あり安倍首相は次から次へと下村氏の
ポストを用意してきました。

そんな近しいお友達大臣が加計学園と事前に
交渉していたのではないかの疑いが出てきました。

このスキャンダルは今治市の獣医学部設置
問題において

加計学園ありきで進んできたひとつの
有力な証拠となるかも知れません。


下村博文元文科相のスキャンダル


f:id:gx2nkxug426:20170628182212j:plain:w450

引用元 https://www.jnpc.or.jp/


今回の加計学園の今治市における獣医学部
の新設においては

加計学園ありきで話が進められてきたのでは
ないかというその疑い

本当の焦点はそこになると思います。

公正なルールの元において結果的に

安倍首相の腹心の友、加計孝太郎氏が
理事長の「加計学園」に決まったというのなら
何も問題はないのです。

だったら私も認めますよ。。。

しかし予め官邸側からの指示により加計
学園ありきで話が進めらていたとしたら
これは大きな問題です。

安倍首相や菅官房長官、また萩生田官房福
長官は真向に否定していますが

今回の下村博文元文科相のスキャンダルが
明るみになった事で

加計学園問題はより一層核心の部分に切り
込んでいけるのかなと思うのです。

その下村博文元文科相のスキャンダルと
されるのは

当時の下村氏の秘書官であった
榮友里子文科大臣秘書官の日報からそれが
発覚しました。

2014年4月21日 (月) 榮友里子

9:00 日程調整、各関係者への連絡、入力等

◇ 加計学園 山中室長

  大臣にお繋ぎして頂いた山本順三先生と
  23日に会食することとなりました。
  もし宜しければ、是非大臣もご参加ください。

  →せっかくのお話ですが、生憎(あいにく)
  他の予定がありますが、大臣にはその旨
  お伝えしておきます。


榮友里子文科大臣秘書官は下村元元文科相
から、日々必ず日報を提出することを
義務付けされておられたようです。

毎日夜にメールで送ることを求められており
またそれは榮友里子秘書だけでなく
アルバイトの方でもそれをしなくては
ならないようでした。

そしてそれを怠ると下村氏からすぐに
『届いていない。すぐにくれ』のメールが
届くというのです。

凄い徹底ぶりですが、特に氏が気にし
ておられたのがパーティー券の売れ行き
だったといいます。

支援者からの売れ行きが前年比を下回る
ようだと榮友里子秘書官は厳しく迫られて
いたというのです。

それだけの厳しい中においてのこの文書。
そして榮友里子氏は以前から加計学園に
対しては常に迅速に対応されていたことが
日報から判明しております。

要するに特別な関係ということです。

因みに下村博文元文科相夫人今日子氏は
今から10年以上前から加計学園孝太郎氏
とすでに親交がありました。

また第一次安倍内閣のミャンマー訪問や
日米首脳会談においては

安倍昭恵夫人や下村今日子夫人そして
加計孝太郎氏らは

安倍首相や下村当時官房副長官に同行して
いるのです。

ここであえて、言っておきますがこれは
『印象操作』ではありませんので。




<スポンサーリンク> 


下村博文元文科相のスキャンダル政治献金

 
下村博文元文科相は安倍首相とも近しい
仲であることはすでに分かっておりますが

そのような関係にあれば
首相の腹心の友加計孝太郎氏とも近い
仲になっていくのは当然の成り行きとも言えます。

当時元文科相だったころの下村氏の後援会
「博友会」は2013年に加計学園から
200万円の政治献金を受けましたが

法律で定められている政治資金収支報告書
への記載がされていないことが判明しました。


政治資金規正法では、20万円を超える
パーティー券購入を受けた場合、
政治資金収支報告書に記載しなくて
はならないと規定されているが、
博友会の収支報告書には、加計学園から
の寄付は記載されていなかった。
引用元 http://bunshun.jp/articles/-/3118


この政治資金問題については2015
年にも下村氏が代表を務める政党支部が
任意団体博友会から会費として寄付金
を受けていたのではという疑惑から

氏を支援する博友会が政治資金規正法
違反で告訴されておりました。

結局、東京地検特捜部はこれを不起訴処分
としましたが

その理由については明らかにされて
おりません。

その博友会について下村氏は当時
「政治目的を持った組織ではなく任意団体
であり、(収支)報告の義務はない」と
述べたようです。

法の抜け穴を付いた手法だったから
不起訴処分で終わったのかのかも
知れませんが

このような手法がまかり通るようなら
今後その法律の改正も考えていく事が
必要ではないでしょうか。

また東京地検特捜部が不起訴の理由を
明らかにしていないと聞きますが

それが本当ならば
この問題の最も恐ろしい部分だと思います。

誰かに忖度したとかそんなレベルでは
なく、私たちの知らない裏の部分で権力が
暗躍しているのかも知れません。

考えすぎかも知れませんが
最近の読売新聞の忖度報道を見ると思わずに
はいられません。

政治からはじまり、国そのものを
私物化している人物の存在自体が問題化
しているのかも知れません。

また、もちろんそのような今の政治の構造に
なってしまった経緯など、どうしようもない
部分もあるのは事実ですが・・・

下村博文元文科相 加計学園領収書


今回の博友会パーティー入金問題について
下村博文元文科相は、週刊文春が明らかに
したこの文書


10月10日 学校 山中一郎 加計学園 
1,000,000円


これらを肯定した上で

その1,000,000円をはじめとした
加計学園からの合計200万円の入金は

実は計11の個人、または企業によるもの
の合計であって

加計学園のみで集めた200万円で
なかったと主張されております。

「11の個人・企業がそれぞれ20万円以下で
購入したものだった。加計学園が購入した
ものではない」と言いきっています。

要するにそれぞれからは20万円以下で受け
とっていたので政治資金収支報告書
に記載する必要はなかったと主張されて
います。

では何故、そのように様々な方から
受けったパーティー券による収入を
一括して加計学園と明記したのでしょうか?

その説明をして頂かなくてはいけませんよね。

はっきり言って領収書で操作するなんて
普通に出来てしまうでしょうし。

まとめ


最近の安倍首相への忖度政治には呆れるばかり
ですが

しかしそんな政治がまかり通るように
なってしまった今の日本の政治自体に

大きな問題が起きているのかも知れません。

そして我々国民もこれには声を大にして
いかなくてはなりません。

岩盤規制の突破だとか何だとか、耳障り
がいいように聞こえますが、

本当にそれっていい事なのでしょうか・・・

安倍首相は最近ではとうとう 
「獣医学部を他の地域でも新設してもいい」
とか言い出しました。

何だか本当に主義主張がおかしいと感じますが・・

そしてまた国会においての答弁ではないですが
すぐに焦点をはぐらかしてしまう安倍首相の
御発言。

今回の下村氏のスキャンダルで
また新たな文書が明らかになりましたが

この文書について
菅官房長官は何と答えるのでしょうか

楽しみになってきましたね ・・・・・

下村博文元文科相 経歴など


1954年5月23日。群馬県生まれ
9歳の頃父親が交通事故で死去。母子家庭
で育つ

妻 下村今日子

学歴

あしなが育英会の高校奨学生1期生。
県立高崎高校に進学
早大教育学部卒

経歴

1989年より 東京都議を2期
1996年   衆院初当選