yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

バーベキュー 焼き鳥の仕込み砂肝(ずり)は超簡単で旨い!おすすめはこれ!

スポンサーリンク

バーベキューというと昔からですが
どうしても焼肉がメインになっていますよね。

そしてその準メイン?となるのが
焼き鳥なのかなと思います。

また最近ではそれらに飽きてきている
のも事実で、本来のバーベキューの意味とは
ちょっと違うものが求められています。

しかししかし、まだまだ焼肉や焼き鳥って
楽しみ方次第で美味しくまた楽しい
バーベキューのシーンが演出できると思います。

回りくどくなりましたがここでは
焼き鳥の砂肝(ずり)の仕込みについて
説明していきます。

あくまで素人の私がやっていますので完璧
ではありませんが

そういった部分も含めて楽しいのが
バーベキューだと思います。


焼き鳥の仕込み砂肝(ずり)仕込み


f:id:gx2nkxug426:20170710232828j:plain


バーベキューで焼き鳥と言うと普通なら
モモ肉や、またネギまあたりになろうかと
思いますが

そこに砂肝(すなずり)を加える事で
また楽しいバーベキューになりますよ。

本当に これ美味しいですから おすすめです!
まず食材はスーパーで買ってきます。
これを包丁でさばいて仕込んでいきます。

この砂肝を串刺ししていきますが
串はなるべく長いものにしておいた方が
後々便利です。

網焼きする場合串が長い方が持ち手の部分を
なるべく火から遠ざけることができます
からね。

なので私はいつも15センチの串を使っています。

さて砂肝をパックから取り出して
このようにまな板にのせます。


f:id:gx2nkxug426:20170702185125j:plain:w450


でこの画像の線のように4分割に切ります。


f:id:gx2nkxug426:20170702185043j:plain:w450


そうするとこうなりました。


f:id:gx2nkxug426:20170702185239j:plain:w450


あとは砂肝の固いとされている部分
白いところですが※銀皮といいます。

白い部分を下に向け包丁を入れると簡単に
切れてしまいます。


f:id:gx2nkxug426:20170702185709j:plain:w450

f:id:gx2nkxug426:20170702185352j:plain:w450


その部分をこのように包丁で切り落とします。


f:id:gx2nkxug426:20170702185419j:plain:w450


そのようにしてから続いては串刺しになり
ますが

端っこの部分がビラビラしていますので
その部分からまず串を差し


f:id:gx2nkxug426:20170702185536j:plain:w450


その後、砂肝の本体に差し込みます。


f:id:gx2nkxug426:20170710232940j:plain


差す時は 回すように刺していくのがコツ
になります。

1本の串に3個から4個くらい刺して
出来上がりになります。


f:id:gx2nkxug426:20170710232906j:plain

バーベキュー 最近の傾向ってどう


バーべキューで焼き鳥と言いますと
最近では冷凍の焼鳥が重宝されています。

もちろんそれでも問題ありませんし
手軽に楽しむのならそれが一番だと思います。

でも最近のバーべキューって何だか
難しいメニューを求められているように
感じます。

もっと面白くて盛り上がって美味しくて

当たり前でないバーベキューが求められて
いると思います。

例えばアヒージョとか巨大パエリアとかです。
オシャレにかつ素敵にですか

それはそれで良いと思いますが




<スポンサーリンク> 


バーベキュー 焼き鳥の仕込み


しかしバーベキューで焼肉、焼き鳥と言って
も一言ではかたずけられない部分もあります。

要するにもともと 旨くて高価な肉を使う
場合とそうでない場合があると思うからです。

安い肉ばかり扱わず中にはブランド牛を
使ったりすると、それはそれで
また面白い部分もあると思いますから

楽しみ方って工夫すると色々とあると
思いますよ

まとめ


とりあえず今日は 焼き鳥の砂肝(ずり)の仕込み
について書いてみました。

簡単に誰にでもできますので是非
バーべキューの食材として扱って欲しいと思います。

では