yellow card

地方の福井県の情報を中心に明日の日本を背負う東京都の話題まで

藤井聡太四段の棋譜速報!三枚堂達也四段との熱闘が凄すぎた!


スポンサーリンク

2017年7月21日 東京将棋会館で行われた
上州YAMADAチャレンジ杯において

藤井聡太四段と三枚堂達也四段の対局が
行われました。

熱闘の末、三枚堂達也四段が押し切りましたが
その好局の棋譜を速報で振り返りたいと思います。

藤井四段対三枚四段 棋譜速報


f:id:gx2nkxug426:20170712203930j:plain:w450


それでは藤井四段対三枚堂四段の棋譜速報です。
熱闘の棋譜を将棋盤で並べてみて下さい!

中盤以降は互いの攻防の一手の応酬が凄すぎました!


▲三枚堂達也四段  △藤井聡太四段


▲2六歩   △8四歩
▲7六歩   △3二金
▲7八金   △8五歩
▲7七角   △3四歩
▲6八銀   △7七角成

▲7七同銀  △2二銀
▲3八銀   △6二銀
▲4六歩   △4二玉
▲3六歩   △6四歩
▲4七銀   △6三銀

▲6八玉   △7四歩
▲3七桂   △7三桂
▲2九飛   △8一飛
▲4八金   △6二金
▲6六歩   △1四歩

▲1六歩   △3三銀
▲5六銀   △9四歩
▲9六歩   △5二玉
▲7九玉   △4二玉
▲2五歩   △5二玉

▲8八玉   △4二玉
▲6七銀   △5四銀
▲4五桂   △4四銀
▲2四歩   △同 歩
▲同 飛   △2三歩

50手

▲2九飛   △6五歩
▲同 歩   △7五歩
▲6六銀左  △9五歩
▲同 歩   △8六歩
▲同 歩   △同 飛

▲8七歩   △8一飛
▲7五銀   △5五角
▲6六角   △4六角
▲2二歩   △1三桂
▲4七歩   △5五角

▲同 角   △同銀左
▲5六歩   △6六歩
▲5五歩   △6七歩成
▲5三桂成  △同 金
▲6七金   △6五銀

▲5四銀   △5二金
▲6四角   △5三歩
▲7三角成  △5四歩
▲6四馬   △5三桂
▲5四歩   △4五角

▲5七金上  △5四銀
▲4六歩   △5六歩
▲4五歩   △5七歩成
▲同 金   △6三銀打
▲4六桂   △6四銀

100手


<スポンサーリンク> 




▲5四桂   △3一玉
▲6四銀   △8六歩
▲同 歩   △6八角
▲7五角   △2二玉
▲5三銀不成 △6五金

▲6七金   △7五金
▲6八金   △5三金
▲8七銀   △5五角
▲7七銀   △5四金
▲6三角   △6一飛

▲5四角成  △6八飛成
▲7八金   △7九銀
▲7九同飛  △同 龍
▲同 金   △5八飛
▲6八銀打  △7七角成

▲同 桂   △5四飛成
▲5五歩   △同 龍
▲6七桂   △5八龍
▲5五角   △3三銀
▲5一飛   △5六桂

▲7五歩   △3一金打
▲6九金打  △3八龍
▲3三角成  △同 玉
▲5六飛成  △4七銀
▲5三龍   △6六歩

150手
▲4四歩   △4二金上
▲4三歩成  △同金左
▲4四銀   △2四玉
▲6四龍   △6七歩成
▲4三銀不成 △7七と

▲同 玉   △3六龍
▲3七歩   △6六角
▲同 龍   △同 龍
▲同 玉   △4六飛
▲6七玉   △4三金

▲7八玉   △6五桂
▲5五角   △5六飛
▲1一角成  △6七歩
▲2九香   △2五桂打
▲6七銀   △7七銀

▲同 馬   △同桂成
▲同 玉   △5七飛成
▲6六銀打  △6七龍
▲同 玉   △4九角
▲7七玉   △6五歩

▲同 銀   △6六歩
▲7八銀   △4四角
▲8七玉   △6七歩成
▲4六飛   △7八と
▲同金右   △3八角成

200手
▲4一飛   △3六銀成
▲同 歩   △6五馬
▲7六金   △同 馬
▲同 玉   △6五銀
▲同 玉   △5四銀

▲7六玉   △9九角成
▲2六銀   △6五銀打
▲8七玉   △9五香
▲3五銀打  △同 歩
▲同 銀

まで219手にて三枚堂四段の勝ち

藤井聡太四段の今日の棋譜を動画で見てみる


今日の藤井四段の棋譜を将棋ソフトで振り返ってみました。


パート1

パート2


まとめと感想


早指し将棋なので、最善手を選ぶって
本当に難しいと思います。

中盤から終盤にかけて両者譲らぬ展開で
藤井四段が△6八角と打ち込んだ場面では

大局観的に優勢になったと思いましたが
三枚堂四段の三枚腰の粘りに屈して
しまいました。

あれよあれよという間に先手玉の守りが
強固になっていましたから・・

あの辺りで藤井四段に決め手があったので
はないかと思いますが ・・・

では藤井四段の対局後のコメントです。

「やはり長いねじりあいでしたが、こちらが先に
崩れて持っていかれてしまいましたした。
負けたことはもちろん残念ですが、今は力をつける
時期だと思っていますので、また頑張りたいと
思います」引用元 日本将棋連盟アプリ