yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

jアラートではミサイル落下時間に間に合わない?4分前の警報システムとは!

スポンサーリンク

今年に入り孤立を極める北朝鮮
その北朝鮮の怪しい動向が気になるところです。

そして2017年の8月29日、米韓の同時
軍事演習に反発し早朝の午前5時58分に
ミサイルを発射させました。

着弾したのは襟裳岬から東へ1180キロ。
これまで日本海沖に着弾することはありましたが

日本の上空を超えたことに警戒が強まります。

そしてそのような状況の下において
jアラートではミサイル落下時間に避難
するなどは到底間に合わないことが証明
されました。

jアラートと受信とミサイル落下時間の関係


2017年の8月29日襟裳岬から東沖に
ミサイルが落下しました。その
北朝鮮ミサイルを時系列で追いました

午前

5時58分 北朝鮮より発射される
6時 2分 政府がjアラート発信
6時 6分 北海道上空通過
6時 7分 北海道東側太平洋沖着弾

※その後の発表で正確には6:12
襟裳岬東方1,180kmの太平洋にて
3つに分離し着弾しました。

今回北朝鮮から発射されたミサイル
その発射時間と落下時間を見てみますと

発射されてから着弾までがわずか10分しか
なかったと言うことです。

そして日本政府が北朝鮮のミサイルの発射を
Jアラートで知らせることが出来たのが

発射されてから5分もかかったいたという事実

そしてJアラートが発信されても受信
された時間はそれからまた2分もかかっていました。

Jアラートを発信する場合とは


まずJアラートを発信する場合について
しっかり覚えておきましょう。

北朝鮮が発射するミサイルなど
いわゆる武力攻撃によるものについては

Jアラートで警報を鳴らすかどうかは
内閣官房が決めています。

BuzzFeed Newsによると
内閣官房の担当者はこう答えられています

「Jアラートは、ミサイルが我が国の領土・領海に飛来する可能性
があると判断した場合に送ることになっています」
引用元BuzzFeed News

なので内閣官房がJアラートを発令する
場合は以下の条件を満たした場合となります。

① ミサイルが日本の領土・領海に落ちると判断した場合

② ミサイルが日本の領土・領海を通過すると判断した場合

また菅官房長官によれば
事前通告なしに発射されると、どこに飛ぶか
事前に察知することは極めて難しい」

要するに事前に発射されることが分かって
いない場合、Jアラートすら発令する事は
困難であるということです。

また①②の判断をする場合そのミサイルが何
なのか※性能が違うと射程が違ってくる

「スカッドER」か「ノドン」か「ムスダン」
かなどの見極めも必要となるわけで

事前に分かっていない場合、対応するのは
極めて難しいということです。



<スポンサーリンク> 


何故Jアラートの発信、着信が遅いのか


また今回の件でも明らかになりましたが
Jアラートの警報音を聞いたとしても
落下時間まで数分しかなく、逃げるなどの
避難行動がとれるわけでもありません。

地下シェルターでもあれば話は別ですが

またこのJアラートの警報は基本的に着弾の
4分前に出すと政府は決めています。

「4分あれば備えが出来るということ?」

北朝鮮の発射に合わせてJアラートがすぐ
発信されるのではなくて、どこに着弾するのか
見極めてその着弾4分前に鳴らしているという
ことのようです。

またさきほどの菅官房長官の言葉のように
ある程度事前に分かっていて初めて
Jアラートを発令することができるので

Jアラートすら発令できない事も当然ありうる
という事になります。

まとめ


今回のミサイルでは北海道沖まで10数分
で到達しましたが、

例えば本州あたりなら到達時間はもっと
早いとも考えられます。

現時点においてJアラートはあくまで身を
守る為の補助的な役割でしかないと言えるでしょう。

その一方で現在Jアラートは2次災害を防ぐ
という意味合いにおいては

今後大切なものになる可能性もある

個人的にはそう思っていますが・・・。