yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

トランプ大統領の北朝鮮対策はどうなる?今後 核シェアリングもあるのか!?

スポンサーリンク

北朝鮮の怪しい動きが日に日に高まって
いますが。今日15日早朝も北のミサイル
が北海道の太平洋側に着弾。

日本の北朝鮮対策もそうですがトランプ
大統領の北朝鮮対策は今後どうなって
いくのでしょうか.

現在、日本の核シェアリングも噂される
極めて危険な局面を迎えているのかも
知れません。

トランプ大統領の北朝鮮対策は


f:id:gx2nkxug426:20170915091236j:plain
引用元http://www.bbc.com/


トランプ大統領は相変わらず強気の
姿勢を崩しておらずその対策として

この9月には北朝鮮と経済的取引をする
すべての国との貿易を停止すると警告して
いました。

そして


先ごろ行われた国連安全保障理事会におい
てアメリカ側は北朝鮮に対してのかなり
強い経済制裁を提案しました。

しかし北朝鮮はもちろんの事、中国ロシア
がそれに反発したためその提案は調整後決議
されることとなりました。

アメリカが当初考えていた案がこれ

北朝鮮への石油輸出の全面禁止、そして
金正恩・朝鮮労働党委員長の資産凍結も含む
という厳しい内容。

最終決議案がこれ

石炭や鉛、海産物の輸出禁止そして
また北朝鮮の核開発の資金源に重要と
なっている繊維製品の輸出禁止を盛り込みました。


しかしこれらの対策では今後も北朝鮮の
核・ミサイルの開発は進むであろうと思われます。



<スポンサーリンク> 


今後の日米の北朝鮮対策はどうなる


北朝鮮の核、ミサイル開発は今後も進む
であろうと思われますが

そんな中今アメリカ国内では「北朝鮮核
保有容認論」が少しずつ広まってきている
ようです。

また韓国内でもある調べによると国民の
約60%が核保有に賛成の意見を
持っているとさえ言われています。

韓国の康京和外相のコメント
「国内世論を綿密に見守っている」

日本国内において国民はどう思っているのか
それは全く分かりませんが

このまま今の状況(北のミサイル実験)が続く
となればその脅威は図り知れません。


トランプ大統領と安倍首相は電話会談にて
今後の北朝鮮対策についても話されました。

「北朝鮮情勢を受けて、この1週間で
トランプ大統領と3度、電話首脳会談
を行いました。今日の電話首脳会談に
おいては、最新の情勢の分析、そして
、それへの対応について改めて協議を
行いました。

 北朝鮮が挑発行動を一方的にエス
カレートさせている中において、韓国
を含めた日米韓の緊密な連携が求めら
れています。今後、日米韓、しっかり
と連携しながら、さらには国際社会と
ともに、緊密に協力して北朝鮮に対す
る圧力を高め、北朝鮮の政策を変えさ
せていかなければならない、その点で
完全に一致したところであります。

 様々な情報に接しているわけであり
ますが、我々は冷静にしっかりと分析
をしながら、対応策を各国と連携して
協議し、そして、国民の命、財産を守
るために万全を期していきたいと思い
ます。」
引用元http://www.kantei.go.jp/

トランプ大統領はこの11月にアジア太平
洋経済協力会議(APEC)首脳会議に
出席するためアジアを訪れますが

その期間に合わせて大統領として初めて
日本を訪問され北朝鮮問題対策などを協
議する見込みです。


<スポンサーリンク> 


日本の核シェアリング


トランプ大統領の過去の発言、米国は
「世界の警察官はできない」と発言していましたが

この春にはシリア、そして現在では北朝
鮮への経済圧力など米国は世界の警察官
へと戻りつつ?あるようです。

しかし「アメリカファースト」を掲げ
大統領選を勝ち抜いたトランプ大統領です
から

これらが国力の衰退に繋がるようですと
状況が変わってくる可能性も否定できません。

今後は日本、韓国が核シェアリングし北への
抑止力を強化することもあり得る話となって
きました。

最近話題となっています
ニュークリア・シェアリングですが
非核三原則の第三項を見直し、米国の
核を持ち込み国内に配備するというものです。

提唱する自民党石破茂氏のコメント

かつて日本の首相がソ連の中距離核ミ
サイルSS20を知らず、世界を驚か
せたのは40年近くも前のことですが
、「持たず、作らず、持ち込ませず」
の非核三原則に加えて「議論もせず」
の四原則を、周辺情勢が激変した今も
いまだに堅持することで平和が保たれ
ると信じておられる方の多いことに改
めて驚愕しています。
いつまでもこんな思考不徹底の言論空
間を続けている余裕など今の我が国に
はないはずです。
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/

まとめ


今後も北朝鮮の動きはエスカレート
していくのでしょうか。

ニュークリア・シェアリング自体は
現実的ではないと私は思いますが

アメリカあっての日本ですので今後の
トランプ大統領の動向も気なりますね

11月に行われる予定のの日米首脳会談
に注目したいです。