yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

衆議院議員選挙2017年の日程はいつ?安倍首相の本当の狙いとは!

スポンサーリンク

森友学園問題に端を発し加計学園
問題にまで発展した2017年の政府
いわゆる安倍首相に関わる忖度政治
でしたが

その問題が日々大きくなるにつれ
衆議院議員の解散総選挙が6月、7月に
あるのではないかと早くから囁かれて
おりました。

そして今、対座する野党が分裂している
その隙を狙って

ついに衆議院議員選挙2017年が開かれる
見込みとなってきました。

さて その日程はいつなのか・・・

衆議院議員選挙2017年の日程


Embed from Getty Images


現在の情報によりますと9月28日に
行われる臨時国会の冒頭で衆議院を
解散してしまおうというのが安倍首相
の考えのようです。

NHKの取材によれば安倍首相は
ニューヨークから帰国後の9月22日
以降に具体的な解散時期などを示すとの
ことです。

すでに安倍首相から公明党山口代表に
その方針を示唆しているとの事。


追記

9月28日、臨時国会において正式に
衆議院は解散しました。

衆議院議員選挙2017年の日程

  • 10月10日公示 22日投開票



<スポンサーリンク> 


安倍晋三首相 9月25日記者会見で


f:id:gx2nkxug426:20170920194721j:plain
引用元http://biz-journal.jp/

安倍晋三首相は9月25日の夕方
首相官邸において記者会見を行います。

その会見では28日に行われる予定の臨時
国会内で解散をするその意向の表明

そしてまた

来年秋の消費税増税によるその使途を
一部変更する考えを示す予定です。

何故今首相は、使途変更を名言するのか?


来秋の増税以降、一部変更されるその
消費税の使い道ですが

3歳から5歳児における幼稚園や保育所
の費用無償化、また低所得層限定の子供に
関わる高等教育無償化などを考えている
ようです。

「全世代型の社会保障制度への改革」と
謳っておられ、聞こえがいいですが

実際には2020年における基礎的財政
収支(プライマリーバランス=PB)の
黒字化が無理と判断した上での事。

PBの黒字化の先送りの理由として
教育の無償化を打ち出していると一部では
報道されています。

単純に言えば 
アベノミクスの失敗?

安倍首相が解散総選挙に踏み切る訳


安倍首相は、混迷寸前の野党の隙
ついたのか ・・・

大儀なき解散と言われても当然の
この解散総選挙は安倍政権しいては
自身の保守のため?

民進党は山尾議員のスキャンダルに
端を発し、前原代表就任後の離党ドミノ
でその後も混迷を極めそう。

また北朝鮮の不穏な行動など、こと
最近は森友、加計問題が風化してきそう
です。

安倍首相はそんな今の情勢を見極めた上で
解散総選挙に踏み切り勝利しようと
考えているようです。

また小池東京都知事に近い人物として
知られている若狭勝衆院議員がおられ
ますが

若狭議員は現在それに向け野党としての
新党結成の動きを見せています。

がしかし

この安倍首相の奇襲的な解散総選挙では
それに間に合わない可能性があります。

安倍首相の英断が自民党を勝利に導くのか



<スポンサーリンク> 


衆議院議員選挙で自民党が勝利しても


今回の選挙でたとえ自民党が勝利
したとしても

本当の意味での信頼回復には繋がらない
と思うのは私だけではないでしょう。

今後も悪い意味での忖度政治が
まかり通るような事があってはなりません。


また今回の解散総選挙において安倍首相
の本当の狙いは別にあるとの怪情報も
ありますが ・・・

「余命わずか」の安倍晋三首相は9月28日、臨時国会召集冒頭、
衆院を解散する。10月10日公示・22日投開票となる。内閣支
持率回復・民進党の離党ドミノなど絶好のチャンスを「勝機」と捉
えて、大勝負に打って出る。しかし、これは、「表向きの理由」に
すぎず、「真の理由」は、違う。このため、総選挙後、「総理総裁
を辞任」し、安倍晋三首相の母・洋子さんに信頼されて、家族付き
合いをしており、安倍家の家族会議にも呼ばれている加藤勝信厚生
労働相(拉致問題担当相、働き方改革担当相、岡山5区選出、当選
5回、額賀派)を後任に据えるという。「真の理由」は、主に3つある。
引用元http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken

まとめ


これまで責任は私にあるといいながら
その責任を形としてとった事がない・・・

安倍首相は今後も日本の総理大臣として
君臨されたいのだと私は思いますが。

解散後の衆議院議員選挙で勝利する事に
より確固たる自信を回復したいのでしょう。