yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

いちほまれの東京の販売店こちら!最大の特徴甘味を武器に新ブランド確立へ!

スポンサーリンク

来年度から本格的に生産を増やし
販売拡大予定の福井県のブランド米
「いちほまれ」

そのネーミングから「ほまれ繋がり」で
沢穂希さんに宣伝してもらう案も浮上し
ていたとか ・・・

その「いちほまれ」がこの秋から早くも
試験販売が開始されております。

福井県内をはじめ東京を中心とした首都圏
でも販売が開始されております。

その販売店などがこちら。

いちほまれ 東京周辺販売店一覧


f:id:gx2nkxug426:20170926184435j:plain
引用元ttps://thepage.jp/


今年度の試験販売においては
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
にある百貨店や高級スーパーを中心に
販売していきます。

数量に限りがあるので注意が必要です!

東京周辺百貨店


◎ 日本橋 三越本店

◎ 銀座三越店

◎ 伊勢丹

  新宿本店、立川店、府中店、
  相模原店、浦和店、松戸店

◎ 小田急 町田店

高級スーパー


◎クイーンズ伊勢丹各店
(ただし、一部店舗を除く)

◎東急ストア各店
(ただし、一部店舗を除く)

福井県アンテナショップ


◎青山店「ふくい南青山291」

◎銀座店「食の國 福井館」

米穀店


お近くの米穀店にお問い合わせください

福井県内においては


◎ 福井市のAコープやしろ店

◎ アピタ福井大和田店

これらを中心に県内の約150店舗で販売予定



<スポンサーリンク> 


いちほまれの特徴と由来は


コシヒカリにつぐ県内のブランドとなるか

新米ブランド「いちほまれ」その
ネーミングの由来は
「日本一美味しい誉れ高きお米」

素晴らしい言葉じゃないですか♪

ただ実際の話、正直このネーミング自体はあまり評判が
よくないらしいのです。
※一般公募の中で決まりました。


私も何となく違和感のあるネーミング
だなと思っていますが ・・(失礼)

しかしそのネーミングとはうって変わって

この4月に福井県農業試験場行われた
「いちほまれ」の試食体験イベントでは
大変好評でした。

試食された方々の感想ですが「甘い」また
「お菓子みたい」など「いちほまれ」独特
の甘味が特徴と分かりました。

それら体験イベントの評判をまとめて評すと
ホームページではこのように特徴をまとめて
おられます。

▽絹のような白さと艶(つや)
▽口に広がる優しい甘さ
▽粒感と粘りの最高の調和

またその評価から早くもコシヒカリを越えた
との声も上がっており魚沼産を抜くブランド
米を目指したいと西川福井県知事

道端アンジェリカさんも応援してくれてますね♪

いちほまれ 女性コンシェルジュ


お米を美味しく食べたいのなら
価格の高い電子ジャーを買うべき?

いくら美味しいブランド米だったとしても
その研ぎ方や炊き方がまずかったら

その旨さを100%引き出すことはできません。

最近私も電子ジャーを値段の高いものに
変えましたが、たったそれだけで 
お米を旨く食べる事ができました。

ということもあり?

東京などの百貨店においては現在
女性コンシェルジュを配置し

「いちほまれ」をいかにして旨く食べるか
その方法などを伝授されています。

例えば

「最初のすすぎや炊飯は軟水で」
「炊きあがったら素早く切り混ぜて余分な水分を
とばす」

いかにこのブランド米の特徴を引き出すか・・

研究員らの度重なる試食の上に導き出された
その結論から教えられる方法

一見の価値がありますね♪



<スポンサーリンク> 


まとめ


以上で福井県の新ブランド米
「いちほまれ」についてを終わります。

年内は東京都など首都圏にて600tの試験
販売、また県内でも試験販売されます。

その試験販売を経て来年度には更に
更に販路拡大していく模様!

福丼県の有名な丼たちにもこの「いちほまれ」
が使われることを期待します。

更に美味しい丼が
食べられる気がしてなりませんね!