yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

豊田真由子 衆議院選挙当選の可能性は限りなく0に近いのに何故出馬!

スポンサーリンク

豊田真由子前衆院議員が
衆議院解散総選挙2017に出馬する
意向を示しています。

国会議員の品格を問われるような
また彼女の人格をも疑う一連の大きな
問題がこの7月にありました。

解散後の衆議院選挙に彼女は出馬すると言
うのですが

当選の可能性は限りなく0に近い事は
彼女自身も当然わかっているはずですが
何故出馬に踏み切ったのでしょうか?

豊田真由子 当選の可能性は


f:id:gx2nkxug426:20170919201435j:plain
引用元http://www.asahi.com/


自民党豊田真由子議員の暴言から
また民主党の山尾志桜里議員の
不倫スキャンダル

そしてまたすでに出馬を断念したと
言われる上西小百合議員らは

今回の衆議院解散総選挙2017において
出馬したとしても当選の可能性が限りなく
0に近いと言われています。

彼女たちはここまで大きなスキャンダル
を起こしました。国民を裏切るような
その行動に、私たちは信用を失いました。

そんな現在の民意はさておき、出馬すると
宣言する その度胸だけは認めたとしても

自分が置かれている立場を
またその状況をしっかりと把握できていない
からこそ出来る行動と思われてもおかしくありません。

罪の意識が浅すぎるのでは?

議員としての責任を形としてしっかりと
とった上で出馬するのならともかく

世間はまだまだ彼女たちを許していません。




<スポンサーリンク> 


豊田真由子 衆議院選挙活動


9月18日には埼玉県新座市内において
謝罪会見を行った豊田真由子氏

しかしその会見に集まった支援者からは
当然のように厳しい言葉がありました。

日本中を巻き込んだ前代未聞の
恥ずべく事件を引き起こしながらも

まだこれから議員として
活動していきたいと述べる彼女に

「それは自由だが、周りが付いていくか」
「有権者の票を得て当選しているわけだから、
有権者に説明するのが当然。3カ月も
何もしないのはおかしい」

 
「これまで何もしていないことは責任放棄
であり、今取り沙汰されている解散総選挙
があっても(豊田氏に)投票はしないと思う」

など

また最近ではテレビで地元での街頭演説が
放送されていましたよね。

その彼女は罵声を浴びせられながらも
集まる人々に対し深々と頭を下げながら
お詫びの挨拶をしていました。

それが彼女の本心だと私は思いたいのですが

しかし18日に行われた謝罪会見において
週刊新潮との質疑応答を見ていると

まだまだ彼女が心の奥底から反省している
とは私は思えませんでした。

週刊新潮の報道が正しいか正しくないか
は別として、自身が置かれている今の
立場を考えれば、反省の意をこめて
丁寧に答えて欲しかったと思います。

気持ちは分かりますが、あのような返答を
しているようでは上●議員と何ら変わり
ませんよね。

そして

無所属でも出馬する、可能性が0と分かって
いながらも出馬する彼女

そこには豊田真由子のプライドの高さが
垣間見れたような気がしました。

完璧主義でエリート意識の強さがこういった
ところに表れているような気がしました。



<スポンサーリンク> 


豊田真由子 支援者達は


前回の選挙では所属する自民党、公明党
をはじめ多くの関係者の方々により支えら
れ当選されました。

しかし今回の選挙は無所属での出馬となり
様々な面で窮地に立たされています。

元厚労省であった関係で医師団体から
全面的にサポートを受けてきた前回とは
違い、今回は票獲得にも影響が出てきています。

また地元の支援者も一つになっておらず
選挙で用意しなくてはならない

ポスター制作や印刷から選挙カーの
手配までその準備がすすんでいないようです。

まとめ


豊田真由子氏、山尾志桜里氏、
上西小百合氏らに共通すること

それは誰よりもプライドが高く、また誰
よりも自分自身が本当に好きなので
はないでしょうか。

私はそんな風に感じました。

自分に自信を持ち、誰よりも自分を愛す
自信過剰とまでは言いませんが

そのような気持ちを持つことは
非常に大切なことだとは思います。

ただし自身が置かれている今の立場
とかを加味して行動していくことも
大切な事のひとつだと私は思います。

国会議員が背負う責任の重さは想像以上の
物でなければいけませんから。