yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

民進党で合流できない人が意味不明な前原代表の行動に抗議勃発か?!

スポンサーリンク

政権時代の大敗からの影響、また
それ以前からにおいても組織的な基盤が
弱いと言われる民進党。

この衆院選挙において民進党が勝てない
ことを確実視した代表の前原氏は

小池百合子氏が代表に就任した希望の党と
合流する事を決意し、話し合いの元で正式
に決定したようです。

事実上の解党とも見れるこの動きに
前原氏は小池氏ばりに「アウフヘーベン」と
コメント

見方によれば意味不明ともとれるこの
合流に党内からは署名活動の動きも出てきました。

また前原代表は民進党公認候補全員を
希望の党に受けてもらう考えのようですが

希望の党小池百合子党首は全員を
受け入れるつもりはさらさらないと強調

そういうことから
どうやら合流できない人が多数出てくるようです。

民進党 合流できない人って誰


f:id:gx2nkxug426:20171001113155j:plain
引用元引用元https://www.jiji.com/


民進党から公認候補として受け入れる
その理由のひとつとして

希望の党の政策と一致した考えを持っている事

もっと言えば小池代表と同じ考えを持った
人が選ばれていくことになるようです。

現在は元民進党の細野氏がすでに調査を
すすめているといいます。

安保法制や憲法改正を掲げる希望の党の
考えに合致しているかどうか細野氏が
調べておられますが

その一人一人については過去の発言まで
調べているようです。

恐ろしい ・・・

そして最終的には小池代表が白か黒かを
決めると思われます。

で現在確実に合流できないと思われるのが
三権の長を歴任した方々になります。


野田佳彦元総理、
菅直人元総理など


また民進党内でも二つの派があって
保守派とリベラル派に分かれていますが

リベラル派は希望の党と考えが合致して
おらず、受け入れてもらう可能性は
極めて低くなっています。

さきごろ民進党で行われた代表選を見ても
わかります。

保守派   前原誠司氏
リベラル派 枝野幸男氏

なので枝野幸男氏も合流できない人の一人に
なりますよね、そしてまた枝野氏を推薦した
メンバー約30人も公認しない考えのよう。

ニュースによる小池百合子代表のコメントが
こちらになります。

「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」
と言い切った。その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった
根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」
と重ねて強調した。
http://www.sankei.com/politics/news/

合流できないと思われる方々

岡田克也
赤松広隆
長妻昭
安住淳
近藤昭一
辻元清美
阿部知子
篠原孝
初鹿明博
海江田万里
手塚仁雄
櫛渕万里

こような動きの中、辻本氏や阿部知子氏
は無所属で出馬する意向を示しました。


<スポンサーリンク> 


民進党 意味不明な前原代表の行動


民進党の代表に就任して以来
山尾氏のスキャンダル報道から始まり
また離党ドミノが起きるなど

取り巻く周囲の環境が非常に悪い中

突然の?

安倍首相の奇襲の解散総選挙でした。

この動きに前原代表のとった希望の党との
合流というまたまた、意表を突く行動。

前原氏の勘ピューターがそうさせたの
でしょうか?

その一連の行動に民進党内からは
「政党としての公認権の放棄だ」など反発が出て
くるのは当然のことです。

前原氏曰く「どうすればもう一度政権交代
を起こせるのか考えた。名を捨てて実を取る
決断を理解してほしい」

名を捨てて実を取るとはいい言葉ですが
党員の事を全く考えていないとも考えられる
この行動には疑問符?

今回の選挙において前原代表が示した3項目

1 衆院選での民進党の公認内定は取り消す
2 立候補予定者は離党したうえで希望の党に
  公認申請し、交渉は前原氏に一任
3 民進党は候補を擁立せず、希望の党を全力
  で支援する


<スポンサーリンク> 


民進党 合流できない人が抗議


希望の党に合流できないと思われる
人または合流したくない人もふくめて
「合流」撤回を求めています。

両院議員総会の再開催を求めて署名活動
を起こしています。

またこのような事から新しく政党を立ち
上げる動きも起こりはじめています。

まとめ


前原誠司民進党代表は今度の
衆議院議員選挙には無所属で出るようです。

それは自身が決めた項目である民進党からは
候補を擁立しないという所からになると
思いますが

前原氏は今も民進党の代表であることを
考えるといささかおかしい話ですよね。

そしてその前原代表の行動に大きな影響を受け
たのが

野田佳彦元総理や菅直人元総理や
リベラル派の方々たちでした。

9月26日には私も全力で取り組んできた
『原発ゼロ』を小池氏が公約に掲げたこと
は大歓迎で、大いに協力したい」

と語られた菅直人元総理でしたが ・・・