yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

衆議院議員選挙2017の当落予想 稲田 高木氏はどうなるの?

スポンサーリンク

昨年度からテレビなどメディアを
賑わしている私の地元福井県の代議士先生

稲田朋美元防衛相、そして高木毅元復興相

福井県を代表とするこれら政治家の
先生二人がメディアから集中砲火を浴びた
のは記憶に新しいところですが

そんな出来事もどこ吹く風

10月22日投開票の衆議院議員選挙2017
に出馬する予定となっております。

当選するのか落選するのか?どうなるの
でしょうか。私なりに探ってみました。

衆院選挙2017 稲田朋美


f:id:gx2nkxug426:20171006201007j:plain
引用元http://www.news-postseven.com/


私も実際にお目にかかった事のある
稲田朋美元防衛相。

日本で初めての女性総理大臣の誕生
かとも噂された稲田氏ですが

安倍首相に見る目がなかったのでしょうか?

南スーダンPKO日報隠蔽問題から選挙に
かかわる問題発言等々、とても総理大臣に
なり得る器でないことが判明しました。

もっと言うと彼女を大臣に任命した安倍首相
にもこの責任はあると思います。

しかし当初から人前で喋るのは苦手と
話されていた稲田朋美氏に

野党からの国会での追求は大変だった
だろうと思います。

さてそんな稲田朋美氏ですが、再出発として
衆議院議員選挙2017において福井県第1区
から出馬される見通しとなっています。

日本中で名前を知らない人はいないと言う
くらい有名になってしまった彼女ですが

福井県内でも否定的な意見をする方が
多いのは事実です。

某テレビ局が行った福井駅近くの街頭インタビュー
においても彼女に対して

「恥ずかしい」とか「まずは議員を辞めるべき」
とか厳しい言葉が多かったです。

今回の解散総選挙では自民党に逆風が吹いて
いるのは事実です。

ですので稲田朋美氏も相当苦しい戦いに
なる可能性もありますが・・さて

前回の衆議院議員選挙の結果がこちらです。


第47回衆議院議員選挙 2014年福井県第1区

稲田朋美 自由民主党 116855票
鈴木宏治 維新の党   47802票
金本幸枝 日本共産党  15561票


今回行われる衆院選挙 ↓

第48回衆議院議員選挙 福井県第1区候補者予定

稲田朋美 自由民主党 
鈴木宏治 希望の党  
金本幸枝 日本共産党


前回同様の顔ぶれとなり鈴木宏治氏が
小池百合子氏の力を得てどこまで頑張れる
かがカギとなっています。



<スポンサーリンク> 


衆院選挙2017 高木毅


これまで衆議院議員を6期つとめた
自民党の高木毅元復興相

昨年暮れには過去にあったパンツ事件が
表ざたになり、かなりのイメージダウンに
なってしまいました。

過去この事件に関係して言いますと

高木氏の父である元敦賀市長が出馬した
1995年の敦賀市長選挙で落選したという
出来事がありました。

そのように過去の過ちから氏や氏の父も
これまで苦しんできた中で

衆議院議員を6期も務めてきたというのは
周囲の方々のご厚志があったのは他ならない
と思います。

そんな中において何で今更過去の過ちが
また明らかになったのか?

調べてみますとそこには自民党福井県
連会長の山本拓衆院議員が関係していたようです。

今回行われる衆議院議員選挙を早くから睨み
高木氏が出馬する予定の福井県の選挙区
第2区において自身が出馬したいが為にそう
したのではないかと言われております。

元々福井県は3区あったのですが0増5減の
区割り変更により前回から2区になって
しまいました。

そのような事もあり前回から山本拓氏は比例
代表に回る事になってしまったのです。

前々回に行われた2009年の第45回衆議院議員
総選挙においてはこのように3区で当選者が
出ております。

1区 稲田朋美、2区 山本拓、3区 高木毅


前回の選挙2014年の福井県第2区結果がこちら

第47回衆議院議員選挙 2014年福井県第2区

高木 毅 自由民主党 83086票
辻 一憲 民主党   42032票
宇野邦弘 日本共産党  9941票


今回の選挙がこちら↓

第48回衆議院議員選挙 福井県第2区 予定候補者

高木 毅 自由民主党
斉木武志 希望の党
猿橋 巧 共産党



<スポンサーリンク> 


衆議院議員選挙2017の当落予想


福井県は全国47都道府県の中でも
最も自民党が強いと言われています。

それは稲田氏や高木氏のこれまでの選
挙結果を見ても明らかなことです。

2009年の衆院選挙で自民党に逆風
が吹いたのは記憶に新しいところです。

その第45回総選挙においても下馬評を覆し

自民党の 稲田朋美氏、山本拓氏、高木
毅氏ら福井県3区全てにおいて自民党
候補者が勝ち抜きました。

そして

今回の選挙においても、2009年同様に
安倍自民党に逆風が吹いており、また稲田
、高木両氏にも逆風が吹いています。

なのでこの選挙を勝ち抜くのは容易では
ないと考えるのが妥当な所なのですが

希望の党小池代表が政策として非原発を
打ち出しているので

原発銀座と言われる福井県に住む県民の
方々が希望の党の候補者に一票を投じる
というのもなかなか想像しにくい所です。

特に福井県第二区においてはそうだろうと
私は思います。

なのでなんだかんだで稲田朋美氏と高木毅は
当選するだろうと言うのが私の見解です。

まとめ


世間の期待を裏切り?稲田、高木両氏は
保守系自民党が強い福井県の地域性を活か
し当選するだろうと思います。

福井県ではとにかく原発が動くか止まるか
死活問題に関わってきますから。


またこのまま原発が増設されないと
2050年には日本の原発は0になるらしいです。

なので希望の党がわざわざ原発0を政策に
盛り込まなくてもいい様な気もします。

不必要な物って、いつしか自然淘汰?されていく
ものではないでしょうか。

福井県に原発が無くなる日もそう遠くは
ないと思っています。