yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

橋本達也市長は相手女性から示談金5000万円を要求されていた!

スポンサーリンク

福井県あわら市の橋本達也市長が
関係した女性問題について

あわら市議会では市長に対し辞職を要求。

市長は自身の今後の身の振り方について
検討する事になったようです。

また相手女性側から示談金5000万円を
要求されていたことが判明しました。

橋本達也市長 相手女性に示談金


f:id:gx2nkxug426:20171213212541j:plain

相手女性とどのような関係であったか
それはそれとして、公務中に市長室でその
ような行為に至った事は認められるもので
はありません。

ただ現在の情報では今年の夏ころに相手
女性から示談を持ちかけられ、そのお金と
して5000万円を要求されていたことが分か
りました。

今回の問題が このまま一政治家の

単なる?スキャンダル
として終わるものだと思っていましたが

その話がなんだか怪しい方向に進んできました。

相手女性の旦那さんや弁護士から示談金と
して5000万円が要求されていたのです。

私も今までいろんなケースで示談という言葉を
耳にしてきました。

示談で済む場合多くても100万円をこえる
ような示談金で聞いたことがありません
※あくまで私の知る範囲で

また私は交通事故を起こし相手に怪我をさ
せてしまった事がありますが相手の3人に
対し各30万円ずつ払って示談した事があり
ました。

さて不倫により相手の女性の旦那さんから
示談を前提にした慰謝料を要求された場合

どれくらいの金額が相場なのでしょうか?


今回の橋本市長のように相手女性の旦那さん
から慰謝料を請求された場合ですが


こちらのサイトを参照させてもらいますが
https://示談弁護士.com/chapter7/minjijiken1.html


浮気相手の配偶者(第三者)から慰謝料を
請求されたケース(たとえば、夫がいる女性と
性交渉した場合の女性の夫からの慰謝料請
求)に該当します。

そしてそのようなケースではこれくらいの
相場になるだろうと説明されています。

不倫についてだけの慰謝であれば、10万円から80万円
ぐらいでしょう。なお、不倫の一番の原因は、誘いを断ら
ないで配偶者を裏切ってしまった他の配偶者にあります。
そのため、慰謝料の請求額は、通常、配偶者に対して請求
する慰謝料金額よりも低くなります。

他方、不倫という事実だけでなく、夫婦関係が破壊された
(離婚)という事実が問題となる慰謝料であれば、80万
円程度から150万円程度でしょう。なお、ここでも、前
述のように、通常、配偶者へ請求する慰謝料よりも低くな
る傾向があります。
引用元示談弁護士.com/


<スポンサーリンク> 


橋本達也市長は示談金は払っていない


妥当な金額による慰謝料請求ならば今回の
問題は『あわら橋本市長のスキャンダル事件』
としてで片づいてしまいますが

法外な慰謝料の請求に世間でも別の方向での
の事件性を疑う声が聞こえます。

相手女性の旦那さんの心の傷は大きいもの
である事は疑いようはありません。

それは認めたうえでの世間の声です。

橋本達也氏は公人。あわら市の市長です。
言い方は悪いかもしれませんがそのような
立場を逆に利用して

この事実をばらされたくなければ慰謝料の
5000万円を支払うようにと要求された
との情報もあります。


橋本達也市長 示談金など経緯

2013年

40代後半の相手女性と不適切な関係がある。

2016年1月

市長は相手女性に対し「詫び状」を書く

これで一件落着したと思ったが

2017年の5月

相手側から
『セクハラされたことを奥さんと子どもに話す』
などと呼び出される。市長は奥さんとともに
お詫びに出向く。

2017年の8月

相手の弁護士同伴の下で示談金として
5000万円要求される。

とても払えないと断る市長夫婦に

後日3000万円の示談書が用意されたという。

ネタりか参照

橋本達也市長評判は


これまでの橋本市長の評判って悪くないようです。

というのも私の従姉が今あわら市で生活して
いるんですが今日たまたま会う機会あり

あわらの新幹線駅の話をきっかけに市長の話
になったんです。

本当に人柄のいい方で従姉も気さくに
声をかけてもらった事があると言っていました。

なんでこんな事になったんだろうと
その残念な気持ちを聞かせてもらった所
なんです。



<スポンサーリンク> 


まとめ


あわら市長の年収は約1350万円に
なると言われており

橋本達也市長が3000万円の慰謝料が
払えないわけではありませんが

その金額が妥当な金額とは到底思えません。