yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

矢田次男弁護士が日馬富士起訴の行方の鍵を握っている!?

スポンサーリンク

東京都豊洲市場に関わる一連の問題で
証人喚問として質疑を受けた石原慎太郎
元都知事。

脳梗塞を患いながらも出席した氏を背後
から補助されていたのが矢田次男弁護士でした。

その矢田次男弁護士が今度は相撲協会の
大きな事件において元横綱日馬富士の弁護を
受け持っておられます。

矢田次男弁護士と日馬富士


f:id:gx2nkxug426:20171221201234j:plain
引用元https://www.nozomisogo.gr.jp/]

芸能界、また政界など多々ある
スキャンダル、またその名誉棄損問題。

それらにおいて才能をいかんなく発揮
されてこられた矢田次男弁護士。

芸能界の守護神とも呼ばれる矢田次男
弁護士が今回、元横綱日馬富士関の弁護士
を受け持っておられます。

その矢田次男弁護士と日馬富士関が
繋がったわけですが

そこには

伊勢ヶ濱部屋の東京後援会会長である
佐藤俊一氏が関係していたといいます。

佐藤俊一は外務省OBでありながら
現在は一般財団法人「MarchingJ財団」の
代表理事を務められています。

この「MarchingJ財団」は2011年におきた
東日本大震災における復興支援プロジェクト
のひとつ。

ジャニーズ事務所が立ち上げその後も大きく
社会貢献されています。

佐藤俊一後援会長経歴など


12月6日の白熱ライブビビットでも
出演され日馬富士関の引退理由などに
ついて述べられた佐藤俊一氏



元ベルギー大使電通、豊田通商顧問、ダイキン顧問、
パイオニア取締役、ゼネコン監査役など



<スポンサーリンク> 


佐藤俊一氏が矢田次男弁護士を紹介


f:id:gx2nkxug426:20171217134004j:plain

またその財団の評議員に名を連ねていた
一人が、矢田次男弁護士だったのです。

そのような関係もあり、伊勢ケ浜部屋
後援会長佐藤俊一が矢田氏に日馬富士関の
弁護を依頼されたということです。

財団には調べてみるとこのような方々の
お名前がありました。


理事:近藤真彦                    
理事:黒柳徹子
理事:小杉理宇造
評議員:伊集院静
評議員:内館牧子
評議員:残間里江子

矢田 次男 経歴


現在 のぞみ総合法律事務所

1971年中央大学法学部卒業
1973年司法試験合格
1974年司法修習生(第28期)
1976年東京地方検察庁検事任官 

その後、仙台、千葉、釧路、東京、
大阪、東京の各地方検察庁勤務

1989年東京地方検察庁特捜部検事退官
1989年弁護士登録(第一東京弁護士会)

引用元 https://www.nozomisogo.gr.jp/

貴ノ岩関は示談しない


以前報じられたニュースの内容では
事件のあくる日に貴ノ岩関が
日馬富士関に直接謝罪され、仲直りした
との報道がありました。

しかしそれは彼の本意ではなく
彼の出身である鳥取城北高校の関係者
から促されたことによるものと分かり
ました。

協会の聞き取り調査などによりますと
貴ノ岩関は現在示談したくないという
考えを持っているようです。

なぜあんな酷い目に遭わなくては
ならなかったのか ・・・と

日馬富士起訴されるのか


これまでの状況では略式起訴による罰金刑に
処されるのが妥当な線の見通しと思われて
おりました。

貴ノ岩との間で示談が成立すれば起訴猶予
となる可能性もあり、そうなれば刑事処分は
避けられる事になります。

ただ先ほど述べたように現在、貴ノ岩関は
今回の事件において未だ納得しておらず

そうなると今後正式に起訴される可能性が
高くなってきたと言わざるを得ません。



<スポンサーリンク> 


まとめ


元横綱日馬富士が起訴される
可能性が高くなってきたと感じます。

敏腕弁護士と呼ぶにふさわしい矢田次男
弁護士の手腕が問われる状況となって
きました。

貴ノ岩関の今の気持ちは十分に分かりますし、
また貴乃花親方の気持ちも理解したいと
思います。

また日馬富士も一応は引退という形で
責任は果たしたかと思います。

これ以上日馬富士に何を求めるのでしょう?

貴ノ岩関の心の傷が金銭で埋められるもの
でもないと思いますが・・・・

今後の行方を見守りましょう。