yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

ドクターx 続編6はなしなのか?打ち上げで話す米倉涼子さんの思いとは・・・

スポンサーリンク

ドクターxシーズン5が25・3%の
高視聴率をもって最終回を飾りました。

これまでのドクターxシリーズの人気ぶり
からも当然とも思える視聴率なんですが

視聴者が今一番気になる事と言うと
やはりドクターx 続編6はあるのか、

それともなしなのか?になると思います。

そんななか

打ち上げで米倉涼子さんがドラマに対して
の思いを告げられました。

ドクターx 続編6はなしなのか


Embed from Getty Images

ドクターx 続編6はなしなのか?

その問いかけに結論から先に言いますと
現時点では「はっきりしていない」という所です。

今回放送のシーズン5は全部で10話
ありましたがその平均視聴率は20・9%でした。

民放ドラマでは見事に2年連続年間
視聴率一位を確保する見通しとなって
いますが

そんなドクターxの続編6の行方は
はっきりしていないようなのです。

今回の最終回の終わり方も続編がある場合
と続編がなしの場合と

どちらにも対応できそうな結末で締めくくり
ました。

ドクターx 続編を確定できない訳は


これだけの高視聴率を誇る番組を
そうは簡単に制作できませんよね。

なので「大切な番組」であることはテレビ朝日
側も百も承知の上です。

しかしそれでも、現段階で続編6を作ると
約束できない事情があるというのです。


それは主役大門未知子を演じる米倉涼子さんの
体調に関係していると言われています。

今回の放送では病に侵されている大門
未知子を演じたわけですが

そのために食事制限やトレーニング等で
自分自身をかなり追い込んでおられたのです。

もちろんそれだけではありません。

ここまで人気となったドクターxシリーズ
視聴率を下げるわけにはいかないのです。

精神的にも肉体的にも自分で自分を追い込み
ながら、

そしてその中で迫真の演技を続ける米倉さんに
配慮されているのです。



<スポンサーリンク> 


ドクターx 続編は米倉涼子さん次第か


昨年2016年に放送されたドクターx
シーズン4は平均視聴率21・3パーセントを
記録していました。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』
全話の放送を終えた2016年12月中旬に

六本木のあるクラブにて関係者約300人に
より打ち上げが行われました。

名俳優の泉ピン子さんや西田敏行さんら
豪華キャストでフロアは賑やかに演出
されました。

昨年のその時点では2017年の続編
シーズン5がほぼ確定していました。

しかし今年は事情が違うのです。

元々米倉涼子さんは女優業をすすめていく
上において、彼女なりのひとつの物差しを
大切にしておられるのです。

ニュースによる彼女の言葉ですが

『一つの役だけに縛られることがないように』

ドクターX=米倉涼子となる事は決して
悪い事ではないと思いますが、女優米倉涼子
として考えると 『それはどうなのか?』

と真剣に考えておられるようなのです。

単に『女優』という言葉だけでは語れない
女優でしか分からない深い部分を大切にされて
いるのです。

テレビ朝日は彼女の体調は当然の事ですが
そのようなメンタルな部分にも配慮しておられる
ようなのです。

米倉涼子さん打ち上げで


世の中に 例えば大きく分けて
出来る人間、出来ない人間がいたとします。
そのどちらの人間も悩んでいると思います。

また例えば

プロ野球で言うと2割打者も悩んでいますが
実は3割打者のほうがもっと悩んでいると
私は思います。

3割打者となるとレギュラーになり
毎年3割をキープしなくてはならなくなっ
てくるからです。

なので

名女優米倉涼子さんだからこその
悩みというのがあるのだと思います。

視聴率を落とすことはできない
その使命感は半端ないのではないでしょうか

今年行われたドクターxの打ち上げで
彼女はこう発言されたようです。

『これでみんなと会えなくなると寂しいけど
……何となく、来年、会えたら嬉しいな』



<スポンサーリンク> 


まとめ


以上ドクターx 続編6はなしなのか?
それともあるのか?についてでした。

調べてみますと

すべては米倉涼子さんの体調次第、彼女の
気持ち次第のようです。

また来年も不敵の大門未知子に会えるよう
米倉さんを陰ながら応援していきましょう♬


ではまた!