yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

角居勝彦調教師 天理教が理由で引退!残された3年で完全燃焼を!

スポンサーリンク

中央競馬会、関西の名調教師
角居勝彦調教師が引退を決意され

残り3年で厩舎を解散すると発表があり
ました。

その理由は天理教に関係しているようですね。
調教師として成功されているだけに
もったいないと感じるのは私だけでは
ないと思います。

私なりにその真相に迫ってみました。

角居勝彦調教師プロフィール


f:id:gx2nkxug426:20180106133504j:plain

角居勝彦 (読み)すみいかつひこ

1964年3月28日生まれ

年齢 53歳

地元の高校を卒業後は
北海道のグランド牧場で3年間従事。


北海道日高郡新ひだか町静内
古川町1丁目6−1

その後 中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎
の調教助手を経て

2000年に見事調教師試験に合格

デルタブルースで初のg1を制覇
その後は名牝ウオッカやダートの王者
カネヒキリを育てる。

世界の角居を印象付けたのが
ヴィクトワールピサでの
ドバイワールドC制覇でした。

角居勝彦調教師 天理教が理由


角居勝彦調教師は1964年3月28日
石川県の金沢市でお生まれになられました。

そして現在はまだ53歳という若さ
なので、

当然ながら氏の母もご健在のようですが

ご高齢になるに連れ、信仰する天理教の
教会に通えなくなってきていると言うのです。

はっきりとは分かりませんが天理教には
朝夕の『おつとめ』的なお祈りがあると
聞きます。

また状況によっては毎日集まるような
事もあるようなのです。

しかし年齢からくる衰えには誰しも
勝てやしないのです。

その母が体調を崩されたため、角居勝彦が
その後を継いでいくと決心されたようなのです。


皆さんも知っての通り天理教は奈良県の
天理市にありますが

後にも先にも宗教団体の名前が市の名前に
なっているのはここしかありません。

また全国には約200~300万人もの信者の
方がおられるといいます。

それだけに「信仰に篤い」ことの裏付けでも
あるのかなと思いました。

なので角居調教師の気持ちがちょっぴり
分かるような気がしました。


<スポンサーリンク> 


角居勝彦調教師 引退で厩舎どうなる!


騎手で成功し、調教師でも成功する人。
騎手経験なしでも調教師でも成功する人。

どちらがどうとも言えませんが
なんとなく頭を軟らかくして柔軟に対応
できそうなのが後者のような気がします。

常にチームワークを大切にして厩舎一丸
でレースに挑むスタイルを貫いてこられた
角居厩舎。

この馬は俺が担当しているが、その馬は
担当していないから全く関係ない ・・・

そんな昔気質のスタイルを変えてこられた
のが角居勝彦調教師でした。

またそのようにチームワークを大切にする
上で厩務員、調教助手などの意見を受け
入れ

コントロールしていくのが調教師の度量だと
も仰られています。

このように角居スタイルで競走馬に携わられて
きた厩務員、調教助手さんらは解散により
今後どこかの厩舎に配属される事となります。

その厩舎その厩舎のスタイルに馴染める
のか、転厩後はやや神経質になるかも知れません。



<スポンサーリンク> 


まとめ


このようにチームワークを大切にされて
こられた角居勝彦調教師

引退の決断も断腸の思いだったであろうと
推測します。


残されたあと3年の僅かな期間で
角居厩舎は完全燃焼するのではないで
しょうか ・・・

今後の更なるご活躍を見守っていきたいです。