yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

はれのひの被害者数は何人?被害総額は1億円にのぼる見込み!

スポンサーリンク

はれのひの社長篠崎洋一郎は一体どこに・・・

6億もの負債から とうとう会社経営に行き詰まった
篠崎氏は雲隠れしてしまいました。

そして今年成人式を迎える女性らが被害者となって
しまいました。

その被害者数は何人にのぼっているのでしょう。
また被害総額についても調べてみました。


はれのひの被害者数と被害総額は


f:id:gx2nkxug426:20180112220711j:plain

1月8日に成人式を迎えた新成人の方たち。
毎年この成人式には新成人の事件が起き
ニュースになることが多いですよね。

今年も新成人による事件がニュースになって
いたと思いますが、

そんな中で起きた今回の振袖詐欺事件は
正直驚きを隠せませんでした。

成人式当日の早朝、その振袖の着付けを
してもらうために振り袖販売レンタル着付け
業者『はれのひ』を訪れたのですが、すでに
『はれのひ』は営業を停止していたのです。


調べてみると「はれのひの店舗」の多い
神奈川県警を中心に、警視庁や茨城県警
などに被害者からの電話があったとされます。

その件数、現在で約380件。

仮に一人が1件電話を入れたとしたなら380人
もの被害者数になるという事です。

また調べによると大体一人あたま30~40
万円の被害金額とみられているため

被害総額は1億円以上に上るとみられています。

追記


1月11日のNHKのニュースによると
被害者数約1000人、被害総額1億7000万円
にのぼると報じらました。


<スポンサーリンク> 


はれのひの被害者の会はこちら


支払った高額の振袖料金は今後戻ってくる
のでしょうか・・・・

このような状況で簡単に泣き寝入りできる
はずもありません。


現在消費者センターは被害者に対し
「事業者とまったく連絡がつかない状況では
あるが、契約書を保管しておくよう伝えている」

との事です。

そして着物の業界誌を発行する
「きものと宝飾社」は業界への風評被害も考慮
され

「はれのひ株式会社被害者の会」をすでに
立ち上げられました。 ☟

status-marketing.com

はれのひの被害者にお金は戻るのか


はれのひと取引をしていた京都のある着物
販売会社によると2016年の10月ころから

すでに支払いの遅延が起きており現在は
もちろんすべての金額を回収できていない状況。

統計によると今回のはれのひ社長篠崎氏の
うように

会社が倒産しても後始末もしないのが約7割に
のぼるようです。

またそのような状況で例え破産手続きへと
話がすすんでも債務者へ返還される可能性は
5%もあれば上等のようです。

しかもその5%に入ったとしても債権の
1割を貰えることはほとんどないようで、
配当ゼロになるのが普通のようです。



<スポンサーリンク> 


まとめ


私は若いころから商売人としていろんな会社と
取引してきましたが

怪しい会社には極力モノを売らないようにと
社長から徹底されてきました。

特に遠方からきた業者には注意していた
事を思い出しました。

しかしまさかこの「はれのひ」がとんずら
するなんて誰しも思いもしません ・・・

私とて被害者の立場で考えてみても
多分私も騙されていたと思います。

被害者数300人を超える今回の事件ですが
今後社長が逮捕されても

=解決とは言えない部分があるので本当に
痛ましいかぎりです。