yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

LS北見 スポンサー企業はどこ?地元の協力が本当に素晴らしかった!

スポンサーリンク

今から振り返る事8年前
2010年の8月の事でした。

五輪2大会連続出場の本橋麻里が
意を決してLS北見を結成したのです。

当時、選手もスポンサーもいない状態で
スタートを切った彼女ですが

彼女と関係者の方々の努力により、現在
20にのぼるスポンサーさんがおられます。

そのスポンサーとは一体どこなのでしょうか。

ls北見 スポンサー企業一覧


f:id:gx2nkxug426:20180304084832j:plain

本橋麻里選手の夢は正夢となりました。

しかしそれまでの道のりは決して
平坦なものではありませんでした。

メダルを獲得するまでの8年間
スポンサーを見つける事に相当な
苦労があったのです。

「どうすれば理解してもらえるのか」

選手の就職そして多額の遠征費などは
必要不可欠な要素がありました。

クラブチームの場合、地元の支援なしでは
成り立たない部分が相当数あるのです。

公益社団法人 日本カーリング協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 
岸記念体育会館

日本カーリング協会は地域貢献活動の一環
としてロコ・ソラーレ(LS北見)とスポンサー
契約をしました。

北海道カーリング協会

〒062-0905 札幌市豊平区豊平5条11-1-1
北海道立総合体育センター内

常呂カーリング倶楽部

北海道北見市常呂町字常呂373番地

東京の「株式会社アルゴグラフィックス」
と2012年にスポンサー契約を結ぶ。

NTTラーニングシステムズ株式会社

東京都港区南麻布1-6-15

チーム創設者である本橋麻里選手が
所属している企業です。

医療法人社団 美久会 國分皮膚科

北海道北見市栄町2丁目1?15

北見、網走、美幌に全4施設を運営する
医療法人で吉田夕梨花選手が所属しています。

株式会社アルゴグラフィックス

東京都 中央区 日本橋 箱崎町 5-14
アルゴ日本橋ビル

カーリング競技の発展ならびに北見市の
発展に貢献したいとの考えから
常呂カーリング倶楽部、ls北見と契約。

有限会社AKOジャパン

北海道北見市花園町607-1
化粧品販売などを手掛けています。

栄町調剤薬局

北海道北見市栄町2丁目2番地2

有限会社田中十字堂

北海道網走郡大空町
     女満別本通4丁目2-1

有限会社マスト

北海道北見市桜町5丁目20-3

ネッツトヨタ北見株式会社

北海道北見市東三輪3丁目22番地
吉田知那美選手が所属する企業

有限会社志賀甘栄堂

北海道北見市端野町三区2?4

ロコサージュ創設時のメンバー江田さん
がパテシエとして営業されています。

アーバンコンタクトレンズ UCL

北海道北見市公園町 113-3
          古川眼科ビル内

クラリーノ

株式会社クラレ
東京都千代田区大手町1-1-3  
           大手センタービル

株式会社テラス

北海道北見市北2条西3丁目14番地2

株式会社AIS北海道

北海道札幌市北区北7条西1丁目1番2号
            SE札幌ビル 4階

株式会社ヒューリンクス

東京都中央区日本橋箱崎町5-14

株式会社アルゴグラフィックスが
運営するヒューリンクスはソフト
ウェアを販売、サポートしています。

株式会社コンサルトジャパン

北海道北見市大町68-1
ロイヤルステージ1F

株式会社アドヴィックス

愛知県刈谷市昭和町2-1
自動車用ブレーキシステムおよび
そのシステムを構成する部品の
           開発・生産・販売

株式会社CAD SOLUTIONS

東京都中央区日本橋箱崎町4番3号 
国際箱崎ビル8F

日本カーリング界の未来を期待され
ロコサージュ北見と契約されました。

LS北見に寄付 ふるさと納税も増えた


LS北見は実業団チームではない事から
活動資金不足などが、ニュースなどで
報じられることになりました。

そしてそれを知った全国の一部のファンの
方々から、寄付金などの問い合わせがあった
ようです。

そしてまた北見市へのふるさと納税も
急増し、今後、市のスポーツ全般への支援
を行う事になりそうです。



<スポンサーリンク> 


LS北見の年間活動費はいくら


現在20ものスポンサーさんに
支えられて活動しているLS北見ですが

それでも資金面では苦労されているようです。

テレビ番組ミヤネ屋でも紹介されていました
が、一般的にカーリングの年間活動費は
約3000万円もかかると言われています。

その中には用具代、スタッフ費も含まれています。

LS北見創設時の活動資金はわずか
   400万円にすぎませんでした。

そして現在も、コーチ、マネジメント費は
ボランティアで賄っているといいます。

まとめ


以上LS北見 スポンサー企業はどこかに
ついてでした。

地元企業さんの力は本当に大きいもので
本当に有難いものでした。

ただ

銅メダルを獲得したと言うものの
LS北見を取り巻く環境は必ずしも

いいとは言えないようですね・・・。

ちょっと心配ではありますが ls北見が
今後も素晴らしいゲームを披露してくれると
信じて 最後の言葉とさせていただきます。

ありがとうございました。