yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

天皇陛下の沖縄訪問2018 日程や宿泊先のまとめ

スポンサーリンク

天皇皇后両陛下が2018年3月下旬に
沖縄県をご訪問される事が決まりました。

両陛下が沖縄を訪れるのはこれで
11回目になりますがその日程や訪問先、
また宿泊先ついての情報もまとめました。

天皇陛下の沖縄訪問2018 日程


第1日 3月27日

  皇居(乾門)御出門
  東京国際空港御発 特別機
  那覇空港御着
  沖縄平和祈念堂
  国立沖縄戦没者墓苑
  お泊所 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 第2日 3月28日

  那覇空港御発 特別機
  与那国空港御着
  東牧場
  与那国町複合型公共施設
  与那国町立久部良小学校
  与那国町漁業協同組合
  西崎
  与那国空港御発 特別機
  お泊所 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 第3日 3月29日

  沖縄空手会館
  那覇空港御発 特別機
  東京国際空港御着
  還幸啓

引用元 官報

天皇陛下の糸満市予定

- 3月27日火曜日
沖縄平和祈念堂
国立沖縄戦没者墓苑へ

沖縄戦と言えば太平洋戦争末期に起きた
戦争でした。もちろん戦後生まれの私
など到底知る由もないのですが、

ある日過去の映像を見るに至り、その戦闘
の激しさを初めて知った所です。

そしてまた、その映像からは
『むなしさとか悲しみ』とか、そんな感情しか
生まれてきませんでした。

無念にも命を落とされた18万人余りの
方々の遺骨が納められているのが

この国立沖縄戦没者墓苑になります。

国立沖縄戦没者墓苑概要

所 在 地    沖縄県糸満市字摩文仁
建立年月日   昭和54年2月25日
敷地面積    8,528 平方メートル
建築面積    210.77 平方メートル
参 拝 所    110 平方メートル
納 骨 堂    100,77 平方メートル
納 骨 数    18万余柱
管理団体    厚生労働省 社会・援護局
引用元http: //heiwa-irei-okinawa.jp/

天皇皇后両陛下は2014年の6月26日に
訪問された際には、白菊の花を献花され
深く一礼をされております。



<スポンサーリンク> 


天皇陛下の与那国島予定

  • 3月28日水曜日

天皇、皇后両陛下は過去から続く離島の旅
の一環として与那国島を訪問される予定と
なっています。

1993年には奥尻島、1994年に小笠原諸島、
2003、2006年の三宅島
また最近では鹿児島県の屋久島、与論島、
沖永良部島などなど

すでに50にものぼる離島訪問を経験
されている両陛下の強い思いとは ・・・

「昨年8月に陛下が発表されたビデオメッセージでも“日本の各地、
とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、
大切なものと感じてきました”と話されています。
 遠く離れたところで暮らす人々にも、心を配られているのでしょ
うね」(前出・皇室ジャーナリスト)引用元http: //www.jprime.jp/

両陛下はその与那国島で与那国町の
天然記念物に指定されている与那国馬を
ご覧になられます。

この与那国馬は日本在来種の馬で
馬にしては体が小さくポニーに分類されます。

また世界最大級のガと言われる
「ヨナグニサン」や

300年の歴史を持つ伝統芸能
「棒踊り」もご覧になられる予定です。

天皇陛下 沖縄空手会館予定

  • 3月29日木曜日

両陛下は最終日になる29日には、
豊見城市の「沖縄空手会館」で空手の
演武を見学の見通しです。

沖縄は空手の発祥地と言われ、海外から
多くの修行者たちが訪れています。

また2016年に、2020年の東京オリンピック
の正式種目として決まっており、今後

ますます注目を集める事になりそうです。

2017年に「沖縄空手会館」が落成しています。

天皇陛下ご宿泊先は


今のところ定かではありませんが
ANAクラウンプラザホテル沖縄
ハーバービューになるのかなと思って
います。

昭和そして平成と2代に渡り
利用されている伝統と格式を備えた
素晴らしいホテルになります。

ANAクラウンプラザホテル - 沖縄ハーバービュー

※3月26日
不適切な表現があり、指摘頂きましたので
文章を代えさせてもらいました。

※追記
ANAクラウンプラザホテル沖縄と
正式に発表がありました。


<スポンサーリンク> 


まとめ


以上、天皇皇后両陛下による
最後の沖縄県訪問の日程や宿泊先に
についてでした。

両陛下最後の訪問と言うことで
地元の方々も心待ちにされている
のではないでしょうか。

以下、翁長知事のコメントです。

「広く県民とのふれあいを
深めていただき、思い出深いものとなり
ますよう、心からお待ち申し上げます」