yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

空海・映画はレンタルdvdか動画配信で!口コミもこちらでどうぞ!

スポンサーリンク

平安時代の僧侶 空海が
中国長安を舞台に繰り広げる
圧倒的なストーリー

空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎

レンタルdvdの開始9月5日を
前に早くも動画配信が始まり
まっていますが

現在その動画が配信されている
サイトはどこなのか紹介したいと
思います。

連れてネタバレや感想など
口コミなども紹介いたします。

空海・映画はレンタルdvdと動画配信


f:id:gx2nkxug426:20180829190617j:plain
画像はイメージ


空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎
2018年9月5日のレンタル発売を前に
すでに動画配信が始まっています。


その配信サイトは
dTVとTSUTAYA TV/DISCASの二つです。


もちろんSUTAYAでも9月5日より
空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎の
宅配レンタルがはじまりますが


それを前に動画配信サービスも
始めています。


価格は1本700円。


またその動きにdTVも早く対応して
いて、すでに動画配信が始まりました。


こちらも1本700円です。


どうしてもレンタルが待ちきれない方は
TSUTAYA TV/DISCASかdTVを利用されて
みてはいかがでしょう。

TSUTAYA TV/DISCAS


初登録から30日間無料 
月額2,417円がお試し無料になります。


無料期間中に付与ポイント 
1080ポイントがもれなくもらえます!


その1080ポイントを
使うことで1本700円の有料動画
『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』
が実質無料になっちゃいます♬




dTV


映画から音楽まで総配信数
約12万作品


月額たったの500円で見放題作品が利用可能です。


初回31日間の無料おためし期間あり
期間中退会しても問題なしです。


その場合当然利用料金はかかりません。


超簡単 dtvの退会方法はこちらから! 


【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!



映画「空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎」ネタバレと結末


遣唐使として804年に唐に渡った
僧侶の空海は、長編叙事詩「長恨歌」を
執筆中の詩人である白楽天と出会います。


その頃唐の首都として栄えていた長安では
権力者ばかりをターゲットにした
連続殺人事件が発生していました。


ふたりは力を合わせて、現在の怪事件と
30年前に失踪したふたりの少年との間に
ある奇妙な繋がりを突き止めていきます。


30年前、父親によって幻術を仕込まれた
白龍と丹龍は楊貴妃の誕生日の宴で
舞を披露して以来、


美しい王妃のためにその生涯を捧げる
ことを誓い合いました。


楊貴妃が何者かに暗殺された時には、
白龍は自らの生命と引き換えに彼女の
体内を蝕んでいく毒を引き受けました。


白龍は楊貴妃の肉体の再生と復讐の
ために、彼女が愛していた猫に乗り移って


長安の都で犯行を重ねる
ようになっていきます。


その一方では丹龍は楊貴妃と白龍の
遺体を湖から引き揚げた後、


芸人へと姿を変えて
世界中をさまよっていました。


30年ぶりに廃墟と化した楊貴妃の
棺の前で対峙した白龍と丹龍は、


空海と白楽天が見守るなかで決着を
つけるべくぶつかり合います。


丹龍の必死の訴えによって楊貴妃の
蘇生を諦めた白龍は、
永遠の眠りにつきました。


白楽天は丹龍の想いを込めて、
「長恨歌」を完成させて後世に伝えます。


1度は帰国した空海は再び唐を訪れた
時に、立派な僧侶へと成長した丹龍に
教えを乞うのでした。

映画「空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎」の感想と評価



f:id:gx2nkxug426:20180824083525p:plain男性 30代
僧侶と詩人という一見すると
相容れないふたりの青年。


その二人が古代中国の唐の時代に
隠されている歴史の謎解きを通して
心を通わせていく姿が凄く感動的でした。


空海は自分自身の意志によって
遥々海を渡ってきたわけではなく、


白楽天も当時はまだ社会的な成功を
収めることが出来ずに燻っている様子が
伝わってきました。


モラトリアム気味な若者たちが、犯人
探しよりも大切なことに気付き始めていく
瞬間を上手く捉えていました。


玄宗皇帝と楊貴妃の華やかな恋愛模様や、
豪華絢爛な王宮内部での生活ぶりには
圧倒的な迫力がありました。


一方では王妃にほのかな想いを
寄せている少年・白龍の眼差しには、大人
たちの世界を覆っている偽りの美しさを
貫き通すような鋭い光を感じました。


1966年から毛沢東によって巻き起こって
いた文化大革命の一時的な熱狂の虜に
なってしまった、


若き日のチェン監督自身のほろ苦い記憶と
後悔が込められているような気がしました。


「PROMISE プロミス」を始めとする
ファンタジードラマだけではなく、


「子供たちの王様」などチェン・カイコーの
過去の作品に慣れ親しんだ世代には
かなりお勧めかと思います。


評価★★★★☆4

その他口コミ