yellow card

yellow cardは 福井県の話題を中心にお伝えしています。

新天皇陛下の祝賀パレードの日程やルートについて案内します!

スポンサーリンク

新天皇陛下即位による
即位礼正殿の儀が
2019年の10月に行われる事が
決まりました。


またそれに伴い祝賀パレードが
催されます。


新天皇、皇后両陛下のお姿を
一目見たいと思う方も多いと思います。


ここではその祝賀パレードの日程
そしてルート、また使用される車に
ついて現在の情報をまとめてみました。

新天皇陛下即位によるパレード日程


Embed from Getty Images

 2019年10月22日 火曜日

  • 午前 「即位礼正殿の儀」
  • 午後  「祝賀御列の儀」

      国民の祝福を受けるパレード

  • 夜  「饗宴の儀」


大体このような流れに
なるのではないかと思われます。


正式に発表になれば追記、訂正
していきたいと思います。


さて来る2019年10月22日火曜日


今上陛下(現、皇太子さま)の
即位礼である即位礼正殿の儀が
皇居宮殿・正殿松の間でとり行われます。


Embed from Getty Images


以前は京都御所の紫宸殿で
行われていましたが、前回の
即位礼から皇居に変更になりました。


ではここで
平成の天皇陛下(明仁天皇)の
即位礼正殿の儀までの流れを
振り返ってみましょう。


昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御
され、剣璽等承継の儀で
三種の神器を受け継ぎ即位されました。


そしてその翌日の8日に
平成の元号が発表になります。


9日には即位後長剣の儀において
美智子さまが新皇后になられました。


Embed from Getty Images


その後三権の長を引見されます。


そしてようやく即位礼正殿の儀が
行われたのですが、


昭和天皇崩御から
約1年と9か月も経った
平成2年11月12日でありました。


当日天皇陛下は
黄櫨染御袍(こうろぜんのごぼう)
を召され、高御座(たかみくら)に
昇られ勅語をお読みになられています。


この時、国内外から約2000人もの
賓客が皇居を訪問されていました。


またその日のパレードですが
午後からご成婚時と同じように
オープンカーで行われています。


今回の新天皇の即位は
生前退位によるもので


即位から約5か月後に行われる
こととなります。



<スポンサーリンク> 


新天皇陛下の祝賀パレードのルートや所要時間


f:id:gx2nkxug426:20190228202228j:plain
引用元 朝日新聞


新天皇皇后両陛下の祝賀パレード
のルートがこのように決まりました。


前回1990年に行われた
平成の天皇陛下御即位に伴う
祝賀パレードのルートを踏襲
する事に決まりました。


前回は沿道に約11万7000人もの
方がお見えになられたようですが


今回はもっと多くの方が
つめかけるのではないかと
予想します。


ではざっくりとルートを説明


皇居・正門

警視庁本部を左に
国会議事堂方面へ


国会議事堂正門を右折


青山通りに入り
赤坂御用地を仰ぐ。

青山一丁目の交差点を右折

東宮御所に到着。

  • 距離    約4.7km
  • 所要時間  約30分


正直あの当時を思い出すと


昭和天皇の崩御、そして新元号
の発表と新天皇の即位


新たな時代の幕開けに
気持ちも高揚していたと
思います。


しかしそれから約2年後に
行われた祝賀パレードに
ついては


ほとんど記憶がありません。


平成の時代の幕開けは
自分の中では平穏と希望に
満ちていた


そんな感じがしていますが


今、当時のニュースを
振り返ってみると
そうでもかなったようです。


1990年11月12日


大東京の雰囲気は
緊迫感で一杯になっていました。


パレードが行われる沿道には
警官や警備員など約3万7千人も
動員されていたのです。


それもそのはず


この11月12日にまでに
全国各地では即位の礼や大嘗祭
などに反対するデモやゲリラが
相ついでいたからです。


また当日も大事に至らなかったものの
都内で34件のゲリラが発生したのです。


そのように当日に至っても
様々な出来事があった中で


無事 天皇皇后両陛下の
祝賀パレードを終えることができ
たのは


ひとえに警視庁のご尽力が
あってのことだと思います。


そして


この過去の祝賀パレード
の成功や教訓を生かすためにも
前回のルートを今回も踏襲したの
ではと思われます。



<スポンサーリンク> 


新天皇陛下の祝賀パレードの車の値段


f:id:gx2nkxug426:20190228211802j:plain


安倍晋三首相が委員長の
皇位継承式典委員会の第3回会合にて


2019年10月22日に行われる
祝賀パレードで使用するクルマを
「トヨタセンチュリー」に決定しました。


今回センチュリーが選ばれた
その理由ですが

  • 安全性
  • 環境性能
  • 両陛下が見えやすい(沿道より)
  • 隊列を組む車の中でより大きい


このような理由で
選ばれたという事です。


またこのセンチュリーは
内閣府の所有になる見通し。


来年開催される東京五輪や
パラリンピックに使用されるようです。


さて


あなたはトヨタセンチュリーに
乗ったことってありますか?


トヨタクラウンなら結構多いと
思いますが、センチュリーって
なかなかいないのではと思います。


実を言うと私 
以前トヨタの営業マンだったんです。


その関係でこのセンチュリーに
乗ったことがあるんです。


ちょこっとですけどね(笑)
ほんのちょこっと ・・・


もう30年も前の話なんですけども


そのハンドルを握った
感じって今でも忘れていません。


例えば言葉にすると


『威厳、厳格、重厚感』


そんなイメージがした
のを思い出します!


ほんとに素晴らしい
世界に誇れるトヨタの高級車だと
思いましたし、今でも思っています。


当時この車が新車でなんぼだったか
忘れてしまいましたが


現在この車を買うと
ざっと2000万円はするようですよ。


でそれをオープンカーに
改造したりすると


経費も入れて
8000万になるそうです!



<スポンサーリンク> 


まとめ


以上現段階における
新天皇陛下の祝賀パレードの日程や
ルートについてでした。


宮内庁より詳しい情報が
入りましたら随時追記していき
たいと思います。


今年の10月22日は


その新しい時代の幕開けを
新天皇陛下のパレードとともに
お祝いしたいですね!


では。